« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/19

ヒヤシンスS快勝! いざドバイへ!

初めて訪れる東京競馬場新スタンド(まもなくもっと新スタンドができるようです)は、
まるでアミューズメントパーク…こ、ここは、どこ?
皮肉にも入場早々、今日は用のない総合案内所(せっかくだから指定席券交換所へのルートを聞いてみた)

ゴール板やや過ぎた辺りの5階スタンド
馬券は当たらず、時は進む
そして、7R終了、おっとり刀でパドックへと

意外と、人、多い!
8Rのパドックが終わったら人は減るもの、と思っていても…
一向にパドック最前列を離れる人は無し
えぇっ!?やっぱりGⅠですと?
あるいは目当てはフラムドパシオン?

そうこうしてパドックに佇んでいると携帯が鳴る♪
『公衆電話』の文字 ???
ひょっとしての、YK先生
『どこにいるの? 口取りの名簿に名前ないし…』
『先生の力で何とかならないのぉ?』
・・・(某団体が)何やら固いことを言うらしい
『西山牧場の横断幕正面あたりいます!』

やがてYK先生登場!
愚痴を交えながら、パシオンの様子を窺い、太鼓判
安心して『ベンチで横になる』と、パドック退場…すでに相当呑まされて(呑んで)いるらしい

やがて『止まぁ~れ』の声とともに隊列停止
いよいよ角居先生登場、武豊騎乗
Pict0066_4
先頭を歩いているものとばかり…確かに一番最初に出てきたはず
が、先導馬はパシオンの後ろ???
結局、一周多く(?)パドックを周回して馬道へと消えていく

その甲斐あって、席に戻った時点でパシオンはスタンド前を並脚
再びカメラを構えて、ゆったりとした返し馬を撮影
Pict0093_1 今日も軽やかに空を飛んで

そして、いよいよスタートのファンファーレ♪

ゲートが開き、絶好のスタート!!!

掛かり気味になるパシオンを長手綱で宥めつつ中段待機
四角周りいよいよ直線

!っ、前の4頭が壁に……
慌てず騒がず4頭の外に持ち出す(幸い外の赤い帽子に脚なし)
一瞬の脚で弾け出し、後は追い縋るマンオブパーサーを馬なりで引き離し
3馬身1/2でゴール!
Pict0098

圧勝完勝でした

Pict0109_1  悠々と引き上げ

Pict0115

次はドバイだ!

|

2006/02/18

先ずはヒヤシンスS

その前に本日正式にフェイスフォワード引退の通知が届きました
衝撃のデビュー戦から期待を感じさせる初の対古馬戦・・・骨折・帰厩・屈腱炎と
わずか半年ほどの歴史が綴られていました
思い起こせば2003年に入会して初めて出資した02年度産駒(彼は12月に出資を決めたのですが・・・)
それからデビューまでの期間はその3倍の1年半
どこかで皆に可愛がってもらえる余生を送ってもらえることを切に願っています

さて、明日はいよいよヒヤシンスS
フラムドパシオンの真価が問われる一戦です
パパの姿を彷彿させられるのか?
ドバイへの期待をさらに高めてくれるのか?

口取りに参加できないのは残念ですが、
しっかりとその走りを眼に焼き付けたいと思います

そして、ドバイのあとは5月6日のチャーチルダウンズ!
日程的にもゴールデンウィーク終盤の土曜日とエクセレント!!
絶対行くぞぉ!おぅっ!

あっ、それから、秋のJDD、JBC、東京大賞典を睨んで
地方競馬オーナーズの入会資料を申請しました
2006年度募集馬にいい仔がいればいいなぁ
タヤスツヨシ産駒ならベスト!
クロフネの仔はまさか地方には入らないよなぁ?

|

2006/02/17

口取り出走除外(哀)

9:30受付開始、電話が通じたのが9:43
すでに10名様ご予約済み(TT)
ということで競馬場には行きますが、ウィナーズサークルには入れません
これまで4戦全て見守ってきたというのに、
前走の勝ちっぷりの良さからか、はたまた、鞍上武豊からか…
幸い8Rには武豊の乗鞍がないので、じっくりパドックで観察撮影したいと思います
そして、できるだけゴール板近くの席をGETして、新スタンド5階から見守ります

ドバイもやっぱり行っちゃダメって言われたし・・・

|

2006/02/09

UAEダービー選出!

正式にUAEダービーに選出されたようです

ヒヤシンスSを武豊を背に軽くひと叩きで勝利の後に、との報ですが、
クラブサイドとしてはかなり積極的な様子

まぁ、ハットトリック、カネヒキリとで角居&ノーザンFトリオでの参戦ですから、またとないチャンス
他に確認できているところではハーツクライやアサクサデンエンも選出
こちらも社台FとノーザンFの生産馬ですね

社台軍団、日本馬軍団の大勢力でたくさんのカップを持ち帰って欲しいものです

世界が平和ならば、声援観戦に行くところなのですが…
グリーンチャンネルの前で叫びます!!!

先ずは、19日にひと月早い誕生日祝いの口取りの時に、エールを贈るつもりです

|

2006/02/08

フェイスフォワード引退…

左前、一向に回復の兆しなく
再検査の結果、屈腱炎が進行
競走馬としての復帰は不可能との判断で引退となってしまいました…

期待していただけに残念です

暮れの寒く慌しい時期に入厩
いきなりの坂路調教…

沖厩舎流とはいえ、もう少し何とかならなかったのでしょうか?
今更言っても結果論ですね

引退後はどこへ行くのでしょうか?
せめてどこかの乗馬クラブへでも、と願うばかりです

代わりに、というわけでもありませんが、
ハイエストブラッドの方はようやくピッチが上げられそうな状況

フラムドパシオンの次走、ヒヤシンスSの鞍上は武豊の予定とか
その後のUAEダービーへの出走も積極的に検討とか

2歳牝馬2頭もほぼ順調な様子

起こってしまったことを悔いても仕方なし
彼の分まで『前を向いて』行きましょう!

|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »