« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/24

快癒祈願・縁結び

先日のツアーでYK先生にも言われましたが、

再度、黒船稲荷を訪ね、フラムドパシオンの快癒と出資馬の活躍、そして、応募馬との縁結びを祈ってきました
いろいろ考えて、116円・・・100円玉・10円玉・5円玉・1円玉
ちょっと願いが多すぎたでしょうか?
Pict0009
それと、気づいたのですが、先日は二礼二拍……本当は二礼二拍一礼が正解でした
一礼足りなかった分が、パシオンの屈腱炎でしょうか?
今回はきちんと二礼二拍一礼をして願ってきました

パパ!お狐様!先ずはパシオンの日本初の手術の成功と早期復活をよろしくお願いします

そして、その足で、先日ラーメンだけで素通りしてしまった富岡八幡宮にもお参りしてきました

早々ここは先日地元のミニコミ誌で掲載されていた場所
日本地図から第一歩を踏み出す伊能忠敬の像(芦毛?)
Pict0018

続いて目に入ったのが名大関の碑
解説を読むとどうやら大関止まりで横綱になれなかった力士の碑で
横綱の碑は奥のほうにあるとやら…
目指すはやはり横綱フラムドパシオン世界制覇!!
ここはパスしておくの神殿へと歩みを進めました

なにやら賽銭箱の前で思案げな女子二人(中学生か?高校生か?)
自然とあくまで自然と耳に入ってきたのが
『一礼?二拍手?二礼?一拍手?…』
どうやら正式なお参りの方法に悩んでいる様子
やがて、後続を見計らって社殿の柱の影に潜む彼女たち

(ふふっ、あくまで親切心で、先ごろ学んだ礼式を示してあげようではないか…)
ゆっくりと歩みを進め、ここでは100円玉を取り出し、賽銭箱へと投げ込む
そして、二礼二拍手して祈りを捧げ、最後に一礼して、その場を去る…

『二礼二拍手で最後に一礼してたよ』彼女たちの声
OK!若人たちに伝承することが出来ました!よかったよかった!!
それにしえも、あれほどまで真剣に何をお参りしたのでしょうか?
合格祈願には少々早すぎるような気もしますし…
まぁ、邪推はやめましょう

そして社殿の奥にありました!
Pict0019
横綱力士の碑
中央の本体には第四十四代と雷電為右衛門の名
増設された右の碑には第四十五代朝潮太郎や柏戸、大鵬から、貴乃花、若乃花が表面
裏に廻ると武蔵丸と朝青龍の二横綱
確かに次は、琴欧州か白鵬か?やっぱり裏面はワールドワイドとなっていくのでしょうか?
ちなみに左の碑は、まだ、真っ白
これら全てが埋まるのいつの日か?

そう言や今日の外題のひとつは角力場でした
下町、不思議なご縁があるものです

|

2006/06/21

定員オーバー!!後は運次第!?

17小雨18晴天と雨に濡れ、陽に焼けて来ました
ただいま脱皮中…

YK先生も相変わらずお元気そうで何より
そして、今回のツアーにはSK.Yさんも参加され、追分の前振りと歓迎夕食会のイベントでMCを務めていました
当日は小さなサンバイザー姿でTVで見る以上に(といっては失礼ですが)お綺麗な方でした
帰りの飛行機ではYK先生の介護までされていたようです
(そうそう、出資馬が決まってからがいいかな?先生にお手紙しなくてはネ)

そして、NGさんとKDさんとも再開(NGさんは同じバス)
そして、POGメンバーのMSくんも何故か大阪発で参加???
さらに、YK先生の仲介(?)で同じニート持ちの七里ガ浜だかなんだかの駅前の八百屋のAZさんともお知り合いになれました
是非、ハイエストブラッドの口取りで再開を果たしたいものです

さて、愛馬たちの状況はというと・・・

1.フラムドパシオン
勝己社長に訊いたところ、何やら通常の施術後、JRAが特許を取得している手法で再生を図っているとか
何でも、『自身の胸椎の細胞を採取し、それを培養して、屈腱に注入し強化する』といったようなことらしく、
現在、JRAの施設で培養中
今では欧米では当たり前のことだとか!
霞の向こうにではありますが、再び大きな炎が見えてきました
頑張れパシオン!!!
再び勇姿を見せてくれぇっ!!!!!
馬体は相変わらず、今レースに使っても勝てそうな体(492kg)してました

2.ハイエストブラッド
状態も大分良化
次の函館開催目指して順調な様子
昨年のツアーでもお逢いしたご老体(失礼)と
『もう走るしかないのだから、頑張るんだよ!』
『あんまりのんびりしていると、姿形を変えて売りに出されちゃうよ!』
と、脅迫声援してきました
きっと、10代になっても各地のスプリント戦で頑張ってくれることでしょう!

3.キャッスルトン
想像以上にいい状態
札幌でビューを目指して、毎日15秒を2本、週一で13秒で乗っているとか
武君を鞍上に新馬勝ちを願っています
そして、父の名声を高め、真のサンデーサイレンスの後継馬とすべく
ノーザンテーストが3度変わり、サンデーが晩年ノーザンテーストの肌でスピード馬を出したように
ダンスの牝馬、クラシック制覇と行って欲しいものです
桜を勝てば、樫は間違いなしでしょう!!

4.グリントインダンス
最後に問題児?と思い観に行ったのですが
飛節の状態もそれほどではなく
ただし、タヤスツヨシ産駒らしいぽってりとしたお腹
年内デビュー、は?も、まずまずの成長
まぁ、気長に待つことにしましょう

そして、果てさて、今年の応募馬

JRA
①リングレットの牡×ファルブラヴ 70万円 音無厩舎
②ホーネットピアスの牝×ナリタトップロード 30万円 池添厩舎
③サドーダンサーの牝×コマンダーインチーフ 35万円 堀厩舎
 ※70万円制限
6/21現在、リングレットの05は40口超の2番人気、以外やサドーダンサーの05は10口超

地方
①マルサンフラワーの牡×ワレンダー 40万円 船橋・川島厩舎
②ランニングヒロインの牝×タニノギムレット 35万円 大井・村上厩舎
 ※1頭制限

いずれも1位指名馬GETが望みですが、
これまでの過去3年間の出資額300万円はどの程度に位置しているのでしょうか?
もちろん個人馬主の方々の足下にも及ばないのでしょうが…
今年も、果報は寝て待てといったところでしょうか?

|

2006/06/11

1週間前です

だいぶ固まってきました

[地]は、
マルサンフラワーbyワレンダーの牡 船橋・川島厩舎 一口40万円
外れ候補は(などと考えている時点で弱気?)、ウインクキラーbyマリエンバードか、ランニングヒロインbyタニノギムレット

JRA馬は、
リングレットbyファルブラヴの牡 音無厩舎 70万円
以下は、ダイナアクトレスbyクロフネの牝 矢野進厩舎かサンシャインステラbyダンスインザダークの牝 池江泰郎厩舎 ともに一口40万 といったところでしょうか?

あとは現地で確認します

今週も土曜日は今一の天気だったようでが、来週も土曜日は怪しい
お願いだから好天の下、吟味したいものです

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »