« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

あさってから秋のツアーです

そして、キャッスルトン未勝利勝ち戦!!
計画通りに新千歳空港から札幌競馬場へ直行の旨、クラブに連絡
結局1回札幌3日目の出動となります^^;

10頭立て、何やら1頭既に5戦も使っている逃げ馬がいるようですが、
直線できっちりと捕らえてくれるでしょう

そして、ハイエストの次走もどうやら10日(日)2札2 芝1200 と従前の情報通り
『AZさん!ウイナーズサークルで逢いましょうね!!!!!』

そして、フラムドパシオンもお変わりなく、厩舎内の曳き運動で516kg・・・ん?
再度、増えた?
まぁ、『馬肥ゆる秋』、仕方ないか

ツアーの方は、社台Fのどこかの厩舎、おそらく臼井か猿倉で合流
お昼の分まで祝杯を呑ませていただく予定です

お陰さまで、上々の天気予報
ランニングヒロインの05には申し訳ないですが、お馬ライフを堪能したいと思います

あっ!来週末も札幌!?
まさか、キャッスルの次走は札幌2歳S!?(気が早いっ!!)

| | コメント (1)

2006/08/30

ありゃりゃ、やっぱり土曜1R、おまけに・・・

愛娘キャッスルトン、『距離はもう少し合った方が良いかもしれませんが、前走と同じ条件で初勝利を狙うことになりました。』ってことで、今週末土曜日の1R芝12002歳未勝利となったようです

出資馬のレースとツアーが重なるのは2005年第2回ツアーの土曜函館・日曜福島以来

まぁ、今度は札幌!
計画通り、鼻からツアーを抜け出して、観光バス一団とは逆に札幌向かってまっしぐら
くれぐれも、『本日は到着が遅れましたこと深くお詫びします』なんて、アナウンスだけは勘弁して欲しいものです
って、いいんですよねぇ、こういう個人行動

札幌駅10:25着、タクシー飛ばして(法定速度)、10:35競馬場着(タクシー乗り場まで力の限りダ~ッシュ=3)
ゴールと総合インフォメーション(口取り)には何とか間に合いそうなものの
マークカードと100円玉は握り締めて走りますが、記念の単勝100円馬券は微妙なところ、
念のため、札幌在住のMS君にお願いしておこうかな?

さて、どうしてこうも纏まりがないのか、前回のハイエスト⇒キャッスルの連闘から綺麗に折り返して
今度は、キャッスル⇒ハイエストの連闘となりそうです

キャッスル勝利記念、札幌連闘ツアー秋の陣
ハイエスト仲馬のAZさんとも固い約束を交わし、いざ出陣!?

|

2006/08/27

次走は2日か? 9日か?

次走2日の芝1200か、9日の芝1500を予定とのこと

確実に決めるためには、岩田Jも言っていたように、
少しでも長い1500の方がBetterだと思うのですが…

しかも!2日だとツアーとも重なっているし…
ANA53便10:35着⇒エアポートライナー10:49発→札幌11:25着⇒タクシー飛ばして、スタートぎりぎり
ゴールシーンを観て、口取りには間に合う、と思いますが

激しいです
飛行機が遅れないことを祈ります
座席が出来るだけ前の方であることを祈ります
そして、札幌から競馬場まで渋滞・赤信号が少ないことを祈ります

帰りは、再びタクシーで札幌駅⇒エアポートライナーで千歳駅⇒タクシーで社台F臼井厩舎あたりで合流か?

お昼を食べてる暇もない^^;

まぁ、9日だと飛行機代+宿泊費もかかりますしね

ハイエストの方は、ソエが出てるとかで、もうしばらく後になりそうですねぇ

|

2006/08/19

惜し~ぃ!!!!!2着

1回札幌3日目4R 2歳新馬 5枠7番 キャッスルトン
Pict0003

Pict0013_1
432kgとは思えない、好馬体
脚の長い8頭身美人です

Pict0080_1
岩田J騎乗

Pict0104_1
いよいよ馬場入場

Pict0117_1
キャンターに入って

次走は、そして、牝馬クラシックは…
大きな夢を与えてくれた一戦でした

好発も内に控えて包まれ気味
4角で外に出して、14頭中最速の35.0の末脚を使って追い込むも
3/4馬身差の2着

3着には2馬身1/2差の1.10.8

Pict0122_1
戦い終えて、引き上げてくるキャッスルトン
お疲れ様!

今日は武君に上手く乗られての残念な結果
そして、もう少し距離があれば…
というより、この距離でこれだけやれれば、
今後、マイルはもちろんクラシックディスタンスも問題なし!!
本当に一等星となったベガの後押しも受けて栄光へと!!!

さて、その後は、先週に引き続きそのベガの居たNF早来へ
気になるパシオンの状態を確かめに

Pict0136
すっごく元気
有り余っているようで、この表情

Pict0149
うっすらとアバラも浮き上がった好馬体
今すぐにでもレースに使えそうな姿は、さすがオープン馬

馬面人?
Pict0152

ってか、完全に肩の上で寛いでます、コヤツ
Pict0154
ずっしりと、肩にパシオンの重さ(と言っても首から上ですが)を感じました

Pict0155
最後は涼やかな流し目で…
というか、飽きっぽい性格のようで、そろそろ顔見世にも飽きたようで、『今回はおしまい』のサイン

まぁ、じっくり来るべきの春の日を待ちましょう!

Pict0172 パパ
Pict0159 パパパパ(食事中)

Pict0195 キャッスルパパ

|

2006/08/17

出陣キャッスルトン&情報更新フラムドパシオン

先ずは、キャッスルトン
8/19(土)札幌4R・新馬(芝1200m)戦に岩田騎手で出走・デビューが確定しています。このレースは14頭立てになりました。

で、当然、連闘で声援に行きます!!!
骨っぽい相手もいないようですし、何とかひとつ、期待しています!

そして、フラムドパシオン
先週末に患部のエコー検査を行い、前回と比べていくらかは回復しているのが確認できています。現時点で今回の治療法によってどれだけの成果があったか判断するのは難しいですが、良い方向に向かっているのは確かです。毎日のメニューは変わらず、舎飼と曳き運動だけで休ませて、ゆっくり次回の検査を待ちます。現在の馬体重は508kgです。

ということで、『悪くはない』ようです
まぁ、先ずは一安心
じっくりゆっくり焦らず慌てず…
気長に悠長に

大復活!!!!!

を待つことにします

でも、この眼で再び、逢いに行って、NF早来の方に直接状態を尋ねてきます

帰りにはパパとダンスにも逢ってこようかな(一緒に申し込んでおけばよかったですね)

|

2006/08/13

最終日

先ずは、昨日の馬券のお礼に早来Fへ
ナビに電話番号が登録されていませんでしたが、分かりやすい場所

Pict000105
この仔も一回り成長して、母父トニービンのいいところが出てきたとのコメント

Pict0011
そして、こ、この仔もお腹を狙って…軽く噛まれました
そんなに美味しそうなのだろうか?
大体、君たち草食動物でしょ!

さて、それはともかく、今年の1歳は全部当たり?!と思わせられた3日間
これが、幻想、妄想とならないことを祈ります

そして、最後に向かったのがNF空港・・・・・
事務所が社台F以上に分かりづらい
いつもツアーでバスが乗りつけるメイン道路とは随分と外れたところ
ノーザンホースパークの乗馬馬場の裏っ側といったあたり

まだ、直線18秒ののんびりペースのグリンちゃん
Pict0031
タヤスツヨシらしくお腹ぽっこり
ま、彼の仔のデビューの遅さには慣れてますから
じっくりゆっくりしっかりと育ててほしいものです

そして、フラムドパシオンのエコーの結果については、
競馬開催中とあって、獣医さん不在で、残念ながら情報を得られず

翌日、サンデーTCの事務所に電話してみましたが、ここでも分からず、
大阪事務所に確認してWEBに掲載との話でしたが、それもなされず
キャッスルトンの出走情報と併せて水曜日を待つことにします

|

2006/08/12

出足は上々・・・残り800まで

前夜11:30
突然の吉川先生宅からの電話
が、声が違う???
『Aです!』同じハイエストブラッド組みのAさんでした
どうやら、吉川先生家で呑んでいるようで
って、何時まで呑んでたの? まぁ、こっちも缶酎ハイ片手でしたが…

そして、翌朝にも、再びAさんからの電話
期待と興奮で朝は6時に目が覚めて、薄暮開催で1Rは10:40発走と暇をもてあましていたところに、ジャストタイミング!!
ひとしきり話した後、しっかりとAさんの分も夢を抱いて、札幌競馬場へ
桑園からはゆっくり歩いて馬場入場
先ずは、ハイエストブラッド単勝100円馬券5枚
自分の分1枚とAさんからの依頼分3枚、計4枚では縁起が良くないと一枚追加
(吉川先生に牧場訪問記と一緒に送るつもりです)
しかし、後から考えてみれば、4枚=しまい、は大切だったのかもしれません

Pict0001
ついにトータリゼーターに掲示されました
Pict0024
黒光りしたなかなかの好馬体、期待を抱かせます
Pict0066_1
津村J騎乗
そして、左上、複勝3着1390円はサドーダンサーの05の姉パルマローザ
記念にと勝った複勝1000円が大当たり
Pict0112_1
午後に伺った社台Fでも、びっくり大騒ぎでバタバタ
一度牧場に戻して別の馬を入厩させる予定が、優先出走権
携帯でやり取りしていた案内をしてくれた方に見せびらかすと
電話の相手から『馬券上手』と誉められてしまいました(恥)

明日は、デビュー前から一儲けさせてくれたサドーダンサーの05に御礼に行ってきます

さて、社台Fのランニングヒロインの05は一回り成長して、
タニノギムレットらしい馬体、ブライアンズタイム譲りの腹袋
いい感じで成長しているようです
Pict0085
そして、また、記念写真では...噛まれました
パシオンと同じところをその上から
Pict0090_1
噛まれた直後、彼女はカメラ目線
再び腹を狙って?
Pict0092
最後は再びしっかりカメラ目線でいいお顔
Pict0093

さて、残念な結果にすっかりと逃避してしまいましたが、
Pict0077
いい感じで返し馬に入って、
Pict0080
ご覧の通りの砂埃舞う4コーナー(右から2頭目)
そして、スタート(写真を見てみるとやや立ち遅れ?)
Pict0081
しかし、この後、4,5番手に付けて、いいリズムで向正へ
向かい風を受けてか、3角手前から津村Jの手が動き出すと、そのままずるずる後退
『しまい』を失くして、最後は追うこと無しに勝ち馬から3秒差のブービー入線
砂埃に嫌気が差したのでしょうか?
勝ち馬がもう一頭の初出走馬というのも皮肉なものですが、
次走頑張って・・・何とかなると思いますが、2札までには勝ち名乗りを上げて欲しいものです

さぁ、明日の早来FとNF空港で今回の札幌競馬・牧場巡りの旅第一弾も完了です
そして、何より明日、NF空港でフラムドパシオンの朗報を聴きたいものです

キャッスルトンは来週かな? 再来週かな?

|

2006/08/11

ノーザンファーム早来

ハイエストブラッドのデビュー戦を前に、
気になるフラムドパシオンの術後の経過を観に訊きにノーザンファーム早来へ行ってきました

順調そうな様子で先ずは何より、右前肢は見た目ほとんど普通の状態(馬体重518kg +30)
Pict0001_1
厩舎内の曳き運動だけでは、元気が有り余っているようで
左後肢に馬房でぶつけて擦り傷と腫れ

今日は、少々欲求不満のご様子の上に
外の芝刈り機の音ですっかりテンション高め
『暴れて怪我するなよぉっ』と言った状態となってしまいました
その後、厩舎裏に回り、少し落ち着いたところで、写真撮影
Pict0007
丁度これは、憂さ晴らしにとばかり、腹にガブリとやられた後の貴重なひとコマ
(Tシャツの丸く濡れているところがそこ)

明日術後最初のエコーを撮るとのことですが、
いい結果が出ることを信じて、同期生のハイエストブラッドに声援を送ります

この後、同じNF早来の牝馬厩舎へ向かい
愛娘ホーネットピアスの05にも逢ってきました
Pict0026
女の子らしくおとなしくカメラに向かってポーズ
何でもナリタトップロード産駒の中でも一番の父親似だとの話
体も一回り成長していい感じで、そろそろ鞍付けの練習に入るとか
成長が楽しみです

さて、明日はいよいよハイエストブラッドのデビュー戦
良血ということで、意外にも、牧場でも結構期待しているとのこと
宿泊先のホテルの部屋もも777号室と超ラッキーナンバー!!
地元生ラムジンギスカンとサッポロビールで前祝
日刊競馬でも△がちらほら&厩舎コメントのあと(注意)の表示

さぁ、上着着用、となるとうれしいのですが
好調藤田Jが当面の目標でしょうか?

そして、明日はその後、社台Fへ向かい、ランニングヒロインの05に逢いに行きます

そういえば、カーナビってこういうとき本当に便利ですね
無しには、札幌の街中をどうやって走ればいいものか、きっと迷子になっていたことでしょう

|

2006/08/05

とりあえず午後の部、申し込み完了!

今日サンデーTC事務所に電話して、牧場見学の申し込みをしました

先ずは、11日金曜日の15時、NF早来
フラムドパシオン & ホーネットピアスの05
そして、12日土曜日の15時、社台F
ランニングヒロインの05

さてさて、パシオンのその後の経過はどうなのでしょう?
WEBでは、舎外の立ち姿に変わっていましたが、順調、ということでしょうか?
78170_060803
逢うのが楽しみです

そして、問題は、ハイエストブラッドのデビュー戦
ダート1700というだけで、土日のいずれかが不明
クラブに聞いた話では、キャッスルトン、突然のデビューもあり得る、との話
(キャッスルトンも2度目の8/2にゲート試験無事クリア!!)

来週木曜日に再度クラブに確認して、
早来F:サドーダンサーの05とNF空港:グリントインダンスの訪問日程を決めることになりました

そうそう、レンタカーのレンタル時間も13日の15:30までに延長
ホテル⇔競馬場間以外は全てレンタカーでの移動になりました
カーナビを使ったことがないのですが、電話番号を入力すればいいらしいですね

まぁ~、久しぶりの北海道ドライブです

パシオンの経過良好を確認して、2つ口取りできれば最高です!

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »