« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/30

持つべきものは…

たつさんにプチおめでとうコール

私『最後いい脚でしたねぇ!3着入賞おめでとうございます!』
私『これで優先出走権もGETして、次走が楽しみですねぇ?』
た『でも、この馬虚弱体質だから…』
私『ローテーション的に言えば…!ハイエストと同じ日に福島でダ1150(牝)ていう絶好条件のレースがありますよ!』
た『ええぇ~っ!!!確かに本状開催は厳しいし…』
私『その前の週には適距離ないですし、日曜だと牡馬との混合戦』
た『でも、すぐに使えればいんですけどぉ、前科がありますから…』

今、サンデーのレポートを見てみると…
3着の余韻に浸っているその時には、書かれていなかった一文が!
と、調教師は「疲れが溜まりやすい体質の馬なのでこの後は放牧等、馬の状態を見て決めていきます」とコメントしています。
懸念していたことが現実になりそう!! アハハ、アハっ^^;
だから、いつも言葉には力があるって、言霊だって、言ってるのにぃ!

お嬢さん、やっぱり都会はお嫌いですか?
また、来年の夏お逢いしましょう!?
たつさん、泣かないでぇ~♪

なお、お陰様をもちまして、応援馬券複勝1000円が5100円にと、
おこぼれ頂戴いたしました!持つべきものは友(馬?)ですねぇ(祝)

| | コメント (3)

今朝のハイエスト

今日30日も2本坂路で追っています

2本目は、何と!?60秒台の時計で、しまい2Fが16.0-16.4と16秒台に突入
徐々に時計らしくなってきました

あと1ヶ月みっちり乗り込んで、

きっちりと決めて欲しいものです

 

ところで、コリンちゃん
単勝オッズ1桁の5番人気、複勝も3~4倍台と、あんまり儲かりそうにありません(笑)
たつさん!のぶてるさん!買い過ぎです!!

| | コメント (0)

ひとごとながら

毎週のように(ってか、毎週)、愛馬に声援を送りに北海道まで出掛けていると
それが日常のようになってしまい(月~金はちゃんと仕事してますよ)

少しでもお知り合いの方の馬が出走となると
たとえそれが自分の馬でなくとも気になってしまいます(中毒ですね、きっと)
全くの他人様の馬ディープインパクトの凱旋門賞より気になっています(←ちょっと微妙^^;)

さて、明日は、たつさん&のぶてるさんのコリンちゃんの出走日
たつさんは残念ながら自宅で近所のジージとGC観戦となるようですが、
のぶてるさんは、札幌→中京・口取りツアーへと旅立つとか

う~ん、やはり、札幌競馬のGC観戦って違和感があります
何か、思いがけずTVに映っちゃってる友人の姿を見ているような…

さて、こちらは私事でもあるハイエストブラッド
27日無事美浦入りし、早くも28日には坂路を2本元気に駆け上っています
時計はまだまだですが、輸送熱もなく、とりあえず順調そうで何よりです

| | コメント (0)

2006/09/27

決戦は土曜日♪

DREAMS COME TRUE

微かに彼の香りが漂います
どうやら無事、美浦へ入厩したようです

残すところおよそ1ヶ月、美浦坂路で生き残りを懸けて

ビシバシッ、

鍛え上げてやってください!

さて、私にとっては都合の良い土曜日出走(翌日寛いで、余韻に浸れる♪)
も、たつさんにとっては…うらめしやぁ~

ハイエストくんもコリンちゃんも、たつさんの旅程に配慮して、
日程調整してくれたのですが…いずれも土曜日
専業800屋のたつさんに於かれましては、対面叶わず
(店締めておいで、おいで~…今、私の中に何かが!)

今週も折角の三都物語を棄てる覚悟で予約した日曜札幌日帰り航空券 (全員で)航空券!
日曜日であれば放棄していたはずの10月ネコ牧場ツアー (全員で)牧場ツアー!

『お気の毒様』以外に思い当たる言葉がありません(^^) (←ひとの不幸を笑う)

「800屋の経営がどんなにきびしいか…話してくれた」お陰で
「せめて津軽海峡は渡りなさい」という願いは叶いました! (^^) (←止まらぬ笑い)
うひょひょうひょ、ひとの不幸は蜜の味、きっと今、悪魔が憑依しています (デビルマーン♪デビルマン♪)
そして、YK先生の絶好のネタとなることでしょう!
まさに、カモがネギ背負って歩いているようです、って、それが商売でしたね(^^) (←絶対悪魔)
よっ!レギュラー!800屋ぁっ!!
(せめて歌舞伎座気分で『成田屋ぁっ!』っぽく叫んでやってください)

代わりに、と言っては何ですが、10月28日福島競馬場では2人分の口取りをしてきます!

なお、勝ち馬写真お申し込みの際は、

ウイナーズサークル『ワイド』

お選びくださいm(^ ^)m

きっと、気分は個人馬主天使の微笑で映っていることでしょう(^^)v
あっ、ヒロさんもいらっしゃいますか?

でも、1200が、ちょっと心配
弾かれて1800に回ることにならないかなぁ~
本当はマイルがベストディスタンスだとは思いますが、それは上級条件でのお楽しみ♪

| | コメント (4)

2006/09/25

悲しいお知らせ^^;

まもなく、『ハイエストブラッド津軽海峡越え支援会』は、発展的解消となります
これまでのお引き立て誠にありがとうございました

また、これに伴い、めでたく『初代 引きこもりのたつさん』改め
『初代 裏開催のたつさん』襲名の運びと相成ります
YK先生に於かれましてはひとつネタが減りますが、何卒変わらぬご贔屓の程よろしく願い奉りまするぅ~♪
(って、先生、ブログどころかPC持ってないでしょに・・・手紙しておきます)

さて、そのハイエスト君、突如クラブのレポートが☆明るく☆なったと感じるのは気のせいでしょうか?

辰先生のコメント『まだ気の悪さを見せており、本気で走っていません』
たしかに、隊列調整のためにパドックの芝部分をショートカット
絶好のシャッターチャンスに、こんなことするヤツ--#です
Pict0005_1 ←お食事中の方は決してクリックしないで下さい
確かに、まだ本気モードではなかったのかもしれません

競○ブoクのジョッキーコメントでは、
『スタートはひと息でしたが、手応え良く追走できましたし、終いは伸びましたね。
芝の方が良さそうです。』
おおぉっ!出ました!ツヨシ産駒への『芝の方が良さそう』発言!!

番 位置 上3F タイム
14 最内 35.3 1.09.8 1-1-1
16 _内 35.5
15 _中 35.0
07 _中 35.2
01 _内 35.2
03 _ 35.1 1.10.4 ⑪-10-8 出遅れ1馬身不利
02 最内 35.7
05 最内 35.1
04 最内 35.8
06 _中 36.0
11 _中 35.0
10 大外 35.6
09 大外 35.4
12 _外 36.4
08 _内 36.4
13 _外 37.5

出遅れながら、上位入線馬ではただ1頭を通って、35.1の鋭い足

開幕1,2週目の福島の馬場

本気モードで好位から差し切り!!
Pict0002_1
景気付けに、私のPOG黄金期の馬券コピーを!
(すっかり汚れちまった^^;)
次々走(500万下)は、父の栄光の舞台が待ってるぞぉ!!! (←気が早い?)

| | コメント (0)

2006/09/24

見れば見るほど惜しい悔しい

今回の札幌出張(?)は、たつさんとご一緒(お抱えの航空会社が違うため、現地集合)
Pict0001_2
いよいよハイエスト君、芝レース初登場!

ところで、な、なんと、たつさん
芝は愚か、ダートでも、レースで生ハイエストを見るのは初めてとか(笑)
ほ~ら、これが生ハイエストだよ~んっ!(って、一緒に見てました)
Pict0034_2

いよいよ本馬場入場、ターフの感触はいかが?
Pict0049

さて、家に帰って、録画しておいたGCを見ました

何故かスタート直前の輪乗りでハイエスト君、意識してか?しないでか?
随分と長いこと何回もカメラの前を横切っていました

ダイノウカイ好発-ハイエスト立ち遅れ=4馬身

しかも、ダイノウカイは内々の馬場のいいところを通って楽々の逃げ切り
一方、ハイエストは直線内から外へ出して追い込んでの惜しい6着
録画で見ると、ハイエストのコースは改修した部分の丁度外側
(あぁ、この夏何度見たかこの光景…しばらく夢に魘されそうです><)

勝負の世界にタラレバはありませんが、
外へ出してあの位置を通っての上がり35.1秒は、他の競馬場であれば間違いなく2着
スターと立ち遅れがなければ、勝っていたところです

一筋の光明を見届け、たつさんは静かに眠りに着きました
(いえ、別に他の世界へいかれた訳ではありませんので、ご安心を^^)

ラストチャンス福島!
1200か? 1800か? はたまた2000か?
少々この馬も(ってか、うちの仔たちは皆^^;)出が悪いので、
ゆったりいける1800くらいがいいのかと
最後、まとめて差し切る姿が眼に浮かびます

| | コメント (0)

末脚キラリ☆彡

8月11日に始まった長い長い夏の旅路
ハキ○キハキハ
[0-2-1-0-0-3]
最後の最後まで札幌の馬場に泣かされました(>_<)
それでもキャッスル姫の能力は十二分に!確認できましたし(来春が楽しみ)、ハイエストも芝に変わって切れる脚を発揮してくれました
厳しい状況に変わりはありませんが、きっと福島で最後のアタックチャぁンス!を見事ものにしてくれるでしょう
ちなみに本日も羽田着が遅れ、バスの発車まで残り数分!上がり推定33秒の末脚を繰り出し、ギリギリセーフ(^3^)/
ハイエストくんの未来予想図を見ました(^.^)b

| | コメント (0)

ちょっと札幌まで

所要時間は東京から熱海へ行くのと変わりなし
ちょっくら気軽に慰安旅行、十分慣れた道です(;^_^A
11人気、気楽に逃げまくれぇっ!

| | コメント (0)

2006/09/22

社台ツアー 秋 ~その9~
最終章・みんなの困ったチャン

社台ツアー最後は恒例のNF空港Bステージ

みんなの困ったチャン達がお待ちかねです

『次は競馬場で逢おうね』
『まだ、ここにいるの?』
『来年こそはここにいないでね!』
『いつまでもここにいると横峯さんとこの娘さんになっちゃうよ#』
などなど、徐々に愛馬にかける声は過激になっていきます

幸いにも、今年ここで逢ったのは2歳の娘、まだ焦ることはなし
レベル1『次は競馬場で逢おうね』状態
Pict0253
えっ!? あたしのこと?
そう、貴女のことです、グリンちゃん

まぁ、ツヨシの仔だから、決して慌てはしません

よ~くっ、わかっています

今のところ(9/3現在)、18秒を2本ずつ、週何回かは18秒を3本
同期のキャッスル姫と比べ、随分のんびりペースです

Pict0256
あっ、ちょっとお肌が荒れちゃって・・・;

Pict0258
ハイ写真上手に撮ってね
何か耳が妙に長いような・・・

Pict0261
あぁ、お腹ねぇ、こればっかりはパパに言ってよぉ(何か最近この辺りで見かけないけど…)
と、明らかにタヤスツヨシの血を引いたポッコリとした腹袋

姿かたちは、牡牝の違いこそあれど、フェイスフォワードにそっくり
ノーマルツヨシ産駒とは違い、芝中距離での活躍が期待されます

そうそう、担当スタッフは、フェイスフォワードも担当されていた方
春のツアーでお逢いしたときにもフェイスFのことを残念そうに語っていたことを思い出しました
そして、その方ともフェイスFとよく似ていると意見が一致

恐らくデビューは2007年2,3回東京芝1800あたり
鞍上はフランス武者修行で腕を上げた正海騎手

楽しみはとっておくもの、気長~に待ちましょう!!

でも、その頃は、

中山GJ帝王賞牝馬クラシック

と西へ東へ地方へ多分大忙し!!
出走スケジュールに十分注意して調整してね!

いつか、この時間をのんびり♪ホースパークで過ごしてみたいものです♪

この後、ノーザンホースパークに戻り、GCにてメインレースを観戦
そして、あの媚薬の香りが漂い始めたのでした
『勝ったのはゴールドアグリぃっ!!』

長く楽しく名残惜しい2日間が終わりました

 しかし、この後、さらに何度となく北海道を訪れることになろうとは・・・

この項終わり (←どっかで見たよな)

| | コメント (0)

同類?

武豊騎手のインタービュー記事が○賣新聞に掲載されていました

「僕から競馬取ったら、ただの『おっさん』。競馬しかないですから」

なぁんだ、全く私と同じだぁ…(虚)

| | コメント (0)

取れちゃいました

キャンセル待ち(・_・||||
希望通り往復とも…
後は口取りの申し込みだけです(;^_^ゞ

| | コメント (1)

2006/09/21

飛び出す馬と変わらない馬

本日、めでたく(?)姫が居城へご帰館なされました
ゆっくりと連戦の疲れを癒して、来るべき栗東入厩の日をお迎えください
そして、次走は、ぐっとグラマラスな姿をお披露目願います

で、そのキャッスル姫のページ、新しい写真が追加されましたが、これがビックリ(@@)/

飛び出すお馬さん!!

情報ページのサムネイルはこんな感じ↓
Pict0019_t ←これをクリックすると!
あ~ら!ビックリ、こんな感じっ!!
(いずれの写真も個人で撮影したものでサンデーTC掲載の写真とは異なります)

しかもよ~く見てみると、ゼッケンの色が黒字に白抜き11番???
特別ゼッケン?
当日の出馬表を確認して判明、同日10R手稲山特別アルフォンシーヌの写真でした
(ハイ、一応クラブに速攻メールして、修正をお願いしました)



さて、一方でハイエストブラッド君
日曜出走予定、コメント通りに『思い切った騎乗で結果を残して欲しいところです』

しかし、そのハイエスト君の写真・・・7.27. NF空港とされた『札幌競馬場厩舎』前のまま(TTゞ
扱いが軽いことは重々承知も、せめてレースの写真、パドックでの一枚くらいに変えて欲しいものです
(これもさっきのクラブ宛メールについでに記載)

と、思っていたところで、ふと浮かび上がった答えが・・・

ハイエストブラッド入厩してない説!ジャーンッ♪

実は今まで見てきたのは、札幌外厩(?)を使っての調教
そして、今度の日曜日は初の芝での追い切り
さらにさらに、この中間、時計を出していないのはっ!

ホースパークで丸太を跨いでいるからっ!!

しっかもっぉ!

そのセンスの良さに

勝己社長も絶賛!!?

自ら騎乗して飛越の練習!!!?

おそらく、東京開催で美浦・藤辰厩舎へ入厩=入障!

来るべき暮れ、

花の中山大障害にスコープオン!

ということではないのでしょうか?(嗚呼誇大妄想?)

さて、今週芝での公開調教に、たつの旦那からお誘いを受けていますが・・・

8/12(土) 札幌3R 3歳未勝利 ハイエストブラッド(初出走) ⑪
8/19(土) 札幌4R 2歳新馬 キャッスルトン ②
~中一週~
9/02(土) 札幌1R 2歳未勝利 キャッスルトン ②
9/09(土) 札幌3R 3歳未勝利 ハイエストブラッド ⑦ BET@中山 ⇒ GC
9/16(土) 札幌2R 2歳未勝利 キャッスルトン ③
9/24(日) 5R 札幌3歳未勝利 ハイエストブラッド ?
太字は、札幌競馬場出勤日(9/02は社台ツアー鼻から抜け出し)

どうしようかなぁ・・・
と思いつつ、ANA往復便とも空席待ち、両便GETを前提に出動します(TT)
5/7・・・先週『今年の札幌は今日が最後』と社台スタッフさんに誓ったのにぃ(ウソつきぃっ!)

 本日は予定された内容を変更して番組をお送りしましたm(_ _)m

| | コメント (3)

カネヒキリ

厩舎の先輩が全く同じ右前屈腱炎で全治1年の診断
パシオンと同じ手術を執り行うのでしょうか?
私と同い年の角居先生、本厄の年が良すぎて後厄でつけが回って来てますかね?
一緒に来春を待ちましょう!

| | コメント (0)

2006/09/20

社台ツアー 秋 ~その8~
パパ&パパの息子とパパ&パパパパ

ヒップナンバー33
ノーザンソフィアの05 by タニノギムレット の牡馬
小柄ながら父似の馬体に引き寄せられる

『どうです、買いませんか?』
ん!? つい最近どこかで聞いたばかりの声と台詞…

パラパラと行程表をめくる(あ゛っ!追分Fの馬だ)
『キャ、キャッスルが、重賞勝ったら買います』(あっ、言っちゃった…)
しかし、15時47分、その思いは、本当へと膨らんでいく
  ゴールドアグリ by タニノギムレット 新潟2歳S制覇!!

30プリセージの05 牝 美・池○厩舎
33ノーザンソフィアの05 牡 美・○崎厩舎
-||||-の関東馬、どうしようかなぁ・・・?

と悩んでいるうちに、早お昼の時間
今年も特製お弁当と豚汁に茹で立て北あかり
歓迎昼食会の分も・・・・・喰いすぎたぁ(o^0^o)

そして、パンパンの腹のまま社台スタリオンステーションへ

Pict0070_1
早くもサンデーサイレンスの孫登場!!
(まだ、レンズの汚れに気づいていません^^)
そして、キャッスルパパの息子!
ザッツザプレンティ

そして、レンズを拭いて
いよいよお待ちかねキャッスルパパの登場
Pict0075_
Pict0080_2
Pict0084
Pict0089
立ち姿もばっちり決まって!ダンディです
ダンスインザダーク

Pict0110_
Pict0131
プリセージの05の父 スウェプトオーヴァーボード

変わらずノーブルで柔らかな身のこなし
Pict0142
澄んだ瞳
Pict0152_1
まだまだ元気、トウカイテイオー

パパ登場!!
Pict0165_
お向かい(NF早来)の息子の状態が気になるのか?
Pict0171
ってか、右前屈腱炎まで遺伝させなくとも^^DNA
Pict0173
真っ白になった馬体が神々しいほど美しい☆
Pict0176
しっかりとしたトモとうっすらと浮き上がるアバラ
オープン馬の体形は崩れないと言いますが、引退後も変わらぬ姿
こういう部分の遺伝はうれしいですね
Pict0182_1 
相変わらず深い踏み込み
Pict0192
立ち姿も美しい!
Pict0197
いい男!まだまだパシオン君も叶いません
Pict0207
カタログ写真のような立ち姿
クロフネ

とりは、クロフネパパ入場
Pict0209_
パパIN 息子OUT
Pict0210_sonout_dadin_1
Pict0218
たくましいぃ
Pict0222
Pict0233
カメラ目線
フレンチデピュティ

 次回最終回~NF空港Bステージに続く

| | コメント (0)

こ、今週ですか???

ハイエスト君、時計も出さずに今週出走体制

しかし、レポートのコメントは微妙ぉ…
『疲れもそれほどみられないため、』って、多少の疲れは見られるってことじゃないのぉ?

そして、前走レース後のコメント『前走から一気の距離短縮に戸惑ったのか、スタート直後から後方におかれてしまいました』も大いに気に掛かります

『先生はぁ、札幌芝1200を、

よぉ~っく、知っています』

路面改修により内枠絶対有利です

多少のことがあっても前へ行かれたら止まりません

出遅れは致命的です

キャッスル姫が3度走っても外からは届きません
ハイエストくんならなおのこと(_ _)

2札になってBコースの使用
内のいいところが狭まって、むしろ1札より逃げ先行内枠さらに有利!!

あるいは△大野君で出鞭をくれて(--)/~

是が非でも!!!!!

鼻を奪っての大逃走劇===33か!?





さぁ、ここは、ひとつ気持ちを切り変えて、中三週!!
ファイナルアンサー福島2日目芝1800に賭けようではありませんか!

あっ、別に、たつさんへの嫌がらせではありません^^;
菊花賞施行日の福島競馬場、あの

『菊の季節に桜が満開!』

サクラスターオーの時以来

そして、何より

我が王子フラムドパシオン、

デビュー勝ち(芝1700)!!

という縁起のいい舞台

一方、札幌はこれまで口取り5連敗含む6戦未勝利 |||||--|||||

そうそう、ここは、福島へ向けて芝コースを使っての調教代わり
YK先生と一緒にたつ屋のGCで見守りましょうよ!(自分勝手な)
実はANA航空券もわりとヤバイ^^ゞ

| | コメント (0)

2006/09/19

社台ツアー 秋 ~その7~早来ファーム

北海道の朝は早い!
何故こんな時間に目覚めることが出来るのだろうか? 朝5:30

桃苑で和朝食を完食し、ゆっくりとモーニングコーヒーをいただく
何故? こんな朝早くからメシが喰える? まだ、6時代!!
出発までまだ1時間あまり、ゆっくりとテレビのニュースを見ながら寛いだ時間

と、窓の外を見ると(遅いっ!!)、ドシャ降りの雨TTTTTTTTTTTTTT
バケツをひっくり返したとはこのことか?
やがて窓の下を覗き見ると緑色のバス一台また一台と車寄せに到着
『そろそろ出掛けるか』誰とへもなく呟き、部屋を後にする(ひとりでドアを閉めてぇ~♪)

いの一番に8号車に乗り込み、最後方左側のシートをゲット
(前日、そこに座っていた方ごめんなさい…で、でもここ、定位置なんですぅ)
やがてバスが動き始め、いつものように隊列を整える
苫小牧を抜け、千歳に入る頃には、雨も上がり、やがて陽の光が降り注ぐ(^^)b 晴れ男、健在!
この夏、4回、計7日間札幌・千歳で過ごしましたが、パーフェクトぉ!!
北国なのに暑いっ!!
が、関東と違ったこのさっぱりとした気候がいいですね^^!

やがて、今日最初の訪問地、早来F
ここでは愛馬サドーダンサーの05(パルマローザの弟くん)が待っています

遅いっ!
Pict0001_05
とでも、言いたげに迎えてくれたサドーダンサーの05君
寄り過ぎです

涼しげな横顔
Pict0005 
Pict0008_2
そして、ひと夏超えてたくましくなった馬体

Pict0019_1
きっと安値を見返してやるといった、鋭い、ま・な・ざ・し(?)、どちらかというと眠そうだぁ

さて、しばし、サドダン05とは離れて、2007募集予定の当歳馬のところへ
1番のお気に入りは
Pict0022_1 Pict0024_2
ライクリーティナの06 by フレンチデピュティ
当歳牝馬らしい愛らしさですが、
Pict0027_1
どうです、この見事なヒップライン☆
フレンチの仔に違いない!!

しかし、この仔以上に気になったのが、
Pict0047_06
サルヴァドールの06 by ワイルドラッシュ の牡馬 (レンズの汚れに気が付かずに、トモの部分が霞んでしまいました^^ゞ)
Pict0057
どうです、この凛々しい顔つき
黒(青?)鹿毛のダイサク、おまけに後肢2白
サンデー肌にワイルドラッシュ・・・ダートでブイブイ!!?

そして、本人は知る由もない貴重な血
ウォーちゃんの仔
Pict0029
まだ、あどけない姿のダディーズシューズの06 by ウォーエンブレム の牡馬
Pict0034_1
それでも、表情には感じさせる何かが!
と、思っていたら・・・
Pict0039
『お前なんかにゃ買えないよぉ』とばかりに、アッカンベーぇっ!
ひょっとして? レンズを舐めたのはお前さんかい??

そして、もう一頭気になったのがお馴染み
ゴールデンサッシュの06 by キングカメハメハ
Pict0042_3
おおぅっ!大王の娘、早くも風格が
Pict0043_2 Pict0045_2
遠く府中のターフを見つめる瞳と乙女の恥じらい(返す返すもレンズの汚れが残念です)
何か、改めて写真を見直していたら、もの凄く彼女が欲しくなってきました

う~ん、キンカメの仔、Kingmamboの孫
エルコンがその本領を発揮する前に三世代のみで逝ってしまったので、判断が難しいところです
エルコンの仔も微妙にこの頃走ってきているし…
だけど、初めて持ったのがエルコンの娘で、成績は、×だったし…
いずれにしても、お高いのでしょうね

まぁ、2007年募集までの愛馬たちの活躍次第でご予算も変わりますが、
今から考えても鬼に笑われてしまいます

最後に、
Pict0066_6
再び、サドーダンサーの05(ぼかし入り^^)に逢って、
来年、競馬場での再会を誓い、早来Fを後にしました
なお、既に彼は馴致のためNF空港へ移っています

その後、NF Yearing~めす・おす を経由して、
(NF Yearingは、持ち馬無しで、写真も無し)
NF空港Bステージへ

そして、またしてもそこには
私の心を乱す魔性とMしょう志さんが・・・|||||^^;

まだまだ、つづく

| | コメント (0)

2006/09/18

社台ツアー 秋 ~その6~世界のハシグチ

その6って、まだ続いてる
だって、まだ初日の一次会が終わっただけだしぃ

これからNGさん、KDさんお誘い合せの上、ハルニレにて開催の二次会へ出陣です
(NGさんはお色直しのため、少々遅れて出撃)

会場へ入ると既に、
橋口先生とYK先生中心に、(おそらく)ハーツクライ御一行様

KDさんは迷われていましたが、
積極的にYK先生の眼に入るテーブルに着席
するや否や、企み通り『○○ちゃん』とYK先生の呼ぶ声

こういう時だけは素直になって、
ソファーになっている、橋口先生の右隣に座る(YK先生はその向こう側)
ふと右手を見ると『青いハンカチ物語』の女子とゆかいな仲間(失礼^^)たち≒ハーツクライ連(多分)

橋口先生とハーツクライ連の間に割り込んでいいものだろうか、などとはずうずうしくも考えもせず
未だに迷う様子のKDさんを呼び寄せて、対面にお座りいただく

『さっきの話は、みんな知ってる話ばかりで、あまり面白くなかったでしょ』などと大層恐縮されたお言葉
いえいえ、とんでもございません
橋口厩舎の馬も持たず、こうして世界のハシグチと同席できるだけでも三国一の幸せものです

などと、お話しているうちにお酒も進もうというもの
件の女子は気配りもよろしく、皆さんの水割りの調達までしていただいて・・・
こういう行いの良さが、
ハーツクライという形で幸福を招くのでしょうね

(見習えるかなぁ・・・)

私『実は、先生んとこ馬、持ちたいんですけど、なかなか難しいんですよねぇ』
橋『そうなの?』
私『先生んとこの馬はみんな人気があって、実績のない私なんじゃ、とてもとても・・・』
橋『ふ~ん、そういうシステムなんだ』
などなどなど・・・

何でも遠慮する橋口先生をYK先生が口説き落として今回ご出席いただいたとのこと
全く驕ることなく、とても素敵なお人柄、これだからいい馬が育つのでしょうね!
2007募集時は、漸く丸4年間の実績が溜まります
何としても橋口厩舎にアタックチャぁンスっ!!
もちろん狙うは、ダンス牡馬!

その後、先生は明日の新潟開催のため、ハーツ連のサインに応じながら一足早く席を立たれていきました
(忘れてましたが、途中NGさんも登場されて、橋口先生の対面に座っていただきました)

その後も宴は続き、あちらこちらへと足を運んで最後は、移動攻撃のYKテーブルに辿り着く
例の『繋』話で場が盛り上がり、いつの間にやらお開きの23時
名残惜しそうに、三々五々部屋へ戻りました

翌日は8時出発というのに皆さん元気なものです

   をいをい、これでまたつづく、かよ--#

| | コメント (0)

祝!タヤスツヨシ産駒GⅠ(JPN)初勝利!!

第21回 ダービーグランプリ GⅠ(JPN) 盛岡競馬場で
マンオブパーサー by タヤスツヨシ が優勝!!!!!!!!

タヤスツヨシ産駒

国内統一GⅠ初制覇です!!!

ちょっと違いますが、ダービー馬がダービー馬から誕生しましたぁ!!!!!

聞こえているかぁ~~~、ハイエストぉ~~~!!
ビービートルネード、東京ダービーG1に続いての勝利!
ツヨシの時代が来たぞぉ~!乗り遅れるなぁ!!

観ていたかぁ~~~~っ、パシオ~ン!!!
戦友がGⅠ勝ったぞぉ!来春の大復活期待してるぞぉ!
Pict0098_1
Pict0115_1

馬券?
単勝1000円だけです
オウシュウクラウンに拘らず、パーサー1頭軸にしておけば、三連複万馬券だったのにぃ
ま、いいか!+5500円でした

木幡騎手もGⅠ初勝利だったそうですね
オメデト!

| | コメント (0)

放馬、外ラチを飛び越えて・・・

盛岡4コーナー引込み線からのスタート地点
最後に・・・大外枠の馬がゲート入り直前に落馬
軽々と内ラチを飛び越えて4コーナー外周から3コーナー方向へ楽しそうに走っていく♪

いやぁ、初めて見ました
こんな光景(◎◎)

キミ!名古屋でせこせこ走ってないで、早くJRAに来て、障害入りしなさい!!
きっと大障害も夢じゃない!! センスあるよ(笑)

現在、車で追いかけているようですが、どうなることやら・・・

えっえぇ~~~っ、また、びっくり(@@)
『検査の結果、異常なし』ということで出走!!!
危険防止のため外枠発走、ってのも意味ないか
しかも、『発走時刻が少々遅れます』って、もう十分に遅れています(現在16:18)

| | コメント (0)

パシオンの代わりに

テレビ中継で札幌競馬を見るのって不思議な感じがします(って、それが普通だろ!それが!)

ジャパンダートダービー交流GⅠ(JPN):フレンドシップ[角居厩舎/社台F産]が、見事代役を務め、角居先生と社台グループ(長兄に変わったけど)に栄冠をプレゼント

そして、本日、ダービーグランプリ交流GⅠ(JPN)での代役は、
ヒヤシンスSでパシオンの2着によ~く頑張った、マンオブパーサー[社台F産]
激戦の疲れも癒えて、前走1000万快勝!!
ここは、一発! 力を示してやって下さい

し、しかも、タヤスツヨシ産駒平地GⅠ(JPN)・・・いろいろあって表現が難しい・・・初勝利!!

来たぁーーーーーーーーーーーーーーーっ!的なタヤスツヨシの時代
この勢いに乗って(どさくさに紛れて)、ハイエストくんも未勝利脱出だぁっ!!

って、まだパーサーも勝ったわけではありませんが、現在14頭立て5番人気、
と言っても、ナイキアースワーク以外とはわずかな差

あっ、馬体重発表・・・478kg -12・・・・・・(--|||)
エルムS終わったら、120チャンネルにスイッチング!

ああ、ヒヤシンスSの時も476kg -16、輸送減りするけど大丈夫なタイプのよう
パドックでもいい感じの仕上がりに見えました(贔屓目)

馬券はオウシュウクラウン[盛岡]を相手に、
①サイレントエクセル牝、②バンブーエール、⑬?ナイキアースワーク(やや太め、マイラーか?)への
三連単と三連複を3点ずつとパーサーの単勝で

| | コメント (0)

2006/09/17

コンキンカン♪

YK先生、珍しく惜しい!(アハハ)
コンもキンも2005POG持ち馬
馬券買っとけば三連単楽勝だったのにぃ‥
あっ!買わなかったから来たのか(涙)

| | コメント (0)

日本の車窓から

昨日のショックを払拭するために、今日は千代田線の旅に出ました
車窓には公営ギャンブルのひとつ競輪場が浮かび上がります
ひとつひとつゆっくりと駅に止まりながら列車は進み、やがて地下鉄へと姿を変えていきます
目的地は、播磨屋ぁ!(^O^)!

セントライト?ローズ?うちとは無関係です(哀)

| | コメント (0)

2006/09/16

帰ってきました

そして、姫のレポートを読むと岩田ジョッキーの後に、松田助手の意味深・不気味な言葉が・・・
レース後の状態を確認して放牧を予定しています。
って、ま、まだ使う気かぁ~~~~~~~っ!!

ジョッキーは疲れは大丈夫と言っていたようですが、
レース後、引き上げてきた時も前2回と様子が違っていたし(少し暴れ気味)、
2歳の乙女、松田助手のコメントのようにきっと疲れてるはず
(追っかけしている自分も疲れている^^;)

そして、それよりも、追いかけても追いかけても1番になれないでいて
レースが嫌いになってしまうことが最も恐れていることです
負け癖ついたら取り返しがつかないぞぉ!!
心身ともに壊れてしまうぞぉ!!

最終週の1800?! まさか、もう1200はないよね
でも○博先生頑固なようだから・・・
逆に、みんなで『長いとこ、長いとこ』言わないでおこう協定を札幌競馬場にて締結しました

なお、今回の札幌競馬の旅は、ANAのお陰で写真無しです--#

   2006.9.17.追記
   昨夜、録画しておいたグリーンチャンネルでパドックを見ました
   Sさんの言っていた通り、トモに甘さというか、ぎこちなさが
   これまで2回の雰囲気とは明らかに違っていました
   あるいは、結果を知ってから観たからそう映ったのでしょうか?

| | コメント (2)

滞在時間6時間15分

北海道上陸史上最短!
新千歳も無線LANが繋がらないし‥
モブログだけが溜まっていくぅ
そんな状況なのでハイエストくんの調子はどう?
ついに本土上陸かぁ?

| | コメント (0)

嗚呼札幌●●●●●●

パシオン-ハイエスト-キャッスル-キャッスル-ハイエスト-キャッスル
ハイエスト2走目以外は口口取り出動
そういや今年、口取りゼロだわ(哀)

| | コメント (0)

しょう負馬券

レースは4頭立て
ここが勝負!
パドックでの馬の見極めが肝心と眺めていると、一頭の芦毛の輝く馬体!
1番人気社台R生産馬
そして、馬主エリアに照○社長の姿☆
相手は4番と見極め馬単1点1万勝負‥
大差4着入線
労多くして実り‥
せめて姫、疲労なく放牧が朗報か!?
まさか、もう使うなヨ!

| | コメント (0)

ぼく馬メール 空メール ひどい

◇ぼく馬ニュース
◎レース結果速報

キャッスルトン は
9月17日(日)札幌2R
サラ2歳未勝利[指定](混)

以下空白・・・何よこれっ!!

| | コメント (0)

BAD DAY

競馬場到着ギリギリ
パドックも見られず
社台Sさんの話では腰に疲れ
4角いい位置に付けて追い上げるも、最後ひと伸びが足らず3着
勝ち馬は緒戦問題にしなかった相手‥

| | コメント (0)

機材の準備がぁ〜っ!

って、いきなり出遅れ!
これも姫の身代わりと、思えば‥
ますか、レースには間に合うよな!

| | コメント (0)

羽田は電波がないっ!

これから出発!
今朝4時頃はニフの調子悪く、リコメントできず、羽田でと思っていたのですが‥(^^ゞ
取り敢えずモブログ!

| | コメント (0)

2006/09/15

□刊競馬 札幌版

八重洲口駅前スタンドを探して右往左往
全く無愛想なのが、○番の若造!完全に税○の無駄遣いです!
そこへ行くと以外やと言っては失礼ですが、
JR東日本の改札の方や商売敵になるキヲスクのおばちゃん、鉄道警備隊の皆さんの分からないながらも申し訳そうな応対に救われました

さて漸く見つけた新聞スタンド
想像通りの姿かたちに予想通りのおばちゃんの姿にほっとして
□刊 札幌版頂戴!やっとみつけたよぉ』と思わず口走ると
『わざわざ、ありがとう』の声、410円
きっと明日はいいことあるでしょう♪(←都合の良い解釈)

さて、デビュー戦5枠7番、2戦目1枠1番、そして、明日が3枠3番
7⇒1⇒3 と全部いい馬番ですねぇ!
しかも、今回は3枠3番3度目の正直と3並び!!!

何でも、紙上では、NF産の人参牝馬が対抗格となっていますが、どうでしょう?
恐らくの頭を休み明けのが叩いて鼻に行くハイペース
また、内に包まれてしまいそうですが・・・ちゃんとゲート出てね!!

さぁ、明日は羽田7時フライト
早寝しよ!

吉報を待て!!!(誰が?)

| | コメント (2)

2006/09/13

勝って放牧! 走らず上陸?

どうやら、というか予定通りキャッスル姫の次走が土曜日2Rとなったようです
いよいよ姫と記念撮影が叶いそうです♪

一方でハイエストは、いよいよ本土上陸・・・・・・・・

たつ○んには、待望の津軽海峡越えっ!(って、どこ伏字にしているんだよぉ^^)
いよいよ、八百屋のごりんちゃんとの直接対決が実現です!!
当歳に負けるなよぉ(ってゆうかぁ、猫と走るな猫と!)

いやぁ、しかし、文字通りの一発勝負になりそうです
どうせ最後となるかもしれないのなら(もの凄く悲観的)、
父の栄光の舞台、府中のターフを駆け抜けて欲しいものです!

| | コメント (3)

2006/09/12

社台ツアー 秋 ~その5~
空飛ぶ先生と舟漕ぐ先生

恒例のエレベーター渋滞を避けて先ずは、
□刊競馬新潟版と札幌版のセットに夜の水分と目覚めのお茶を購入

グランドホテルニュー王子に戻るとまだまだ行列
買ってきた新聞、YK先生のコラムを中心にザァーッと眼を通しながら順番待ち

あらあら著者はあっちの方でだべってるじゃないの…

漸くたどり着いた14階の部屋
汗ばんだ顔を洗って、競馬場と牧場で濡れたシャツを着替える
そうこうしているうちにあっという間に、そろそろ開宴のお時間

再びエレベーターへ乗り込むと、続々と会員さんたちが乗車(?)

並んでお迎えの社台スタッフの前を通り会場に入り、NGさんとKDさんの姿を探す
おぉ、シービーの定位置最後方のテーブル
改めて2着残念でしたのご挨拶しているとスタッフ席に着いたのは
何と春と同じく吉田Mさんご夫妻(ですよね?)
つまりは、キャッスル姫の生産者!
そこで、さらに残念話が盛り上がる

『勝っていれば、「このテーブルは俺の奢りだぁっ!」と形だけでも言うつもりだったのにぃ』
などと、くだらない冗談を言いつつ、さらに『責任払いで、今日はMさんの奢りね』、って最初から会費に入ってるっての!(ハイハイ--#)

そして、いよいよ、もはや吉例となった社台スタッフKさんの名調子で歓迎夕食会のはじまりはじまりぃ♪

照哉社長の開会のご挨拶に引き続き、会員さん代表のIT社長さんが乾杯の音頭
途中、勝己社長、晴哉社長も続けてご挨拶
さすがに父親の挨拶には心配そうにして俯きがちなMさん
『やっぱり、恥ずかしいものですか? 何だったら代わりにやったらどうです?』には、いやいやといった感じ

そして、今回のスペシャルゲストは、
新潟からレース後、ーツクラに乗って(当然ウソです^^;)飛んできたという橋口弘次郎調教師(は、本当)
で、何故か、一緒に舞台に登るはYK先生
お酒のためか、橋口先生のお話中にも関わらず、舟を漕ぎ始めそう
そしてそれを押さえる手が、今にもつるりと滑りそう(ご近隣の皆様方の統一した客観的ご意見です)

そして、司会のKさんの『楽しいときは過ぎるのは早いもので』(って、今回は言わなかったかな?)のお決まりの台詞で一次会はお開き

宴はハルニレへと続きます

   ヲイヲイ!これでこの章おしまいか?

| | コメント (0)

2006/09/11

訃報

ここのところ、ベガ、ラインクラフト
そして、今朝のエレクトロキューショニストと内外で名馬の突然の訃報を耳にしてきましたが、、、

今日、昼過ぎ吉永正人調教師がお亡くなりになったそうです

享年64歳、胃がん

競馬を意識して見始めた頃
初めて記憶に残した三冠馬
独特の追い方

淀の下りで仕掛けた菊花賞、杉本アナウンサーの声とともにその映像が甦ります

気が付けば、騎手の女房とは別れていたのですね

ご冥福をお祈りします

| | コメント (0)

社台ツアー 秋 ~その4~ピアスをピアス

Aステージからは、ほんの5分足らず
Bステージに到着です

そして、そこではお馬さんたち以外に、厄介な小動物(?)がお出迎え

バスを降りてすかさず向かう先は、
Pict0063_1
2006年 私的美少女ホーネットピアスの05、なんですが・・・
Pict0065
ご覧の通り、尻尾をブルンブルン@@@、手(?)足をバタバタ

何でも、前日までの雨が上がり、うら若き1歳乙女の血を啜りにやぶ蚊が大量発生

他の馬も蚊の大群の襲撃に一様に落ち着かない様子
どの仔もブルンブルンバタバタとさながら電気店の扇風機売り場の様相
可哀想なことに、お腹や胸がぶつぶつだらけの仔も何頭か

うちの娘の胸にも、
Pict0066_5
こうして潰してもらった蚊の体から滴る血(TT)
って、ホーネットピアスの仔が刺されてどうするのさぁ^^

Pict0068
あっ!ごめん、聞こえた?
その目線がホーネットだね

そうこうしている間にも、後ろから前からうっとおしい奴らが群がり、
Pict0070 Pict0072
ジタバタジタバタ

それでも、『ハイポーズ』で、カメラ目線でパパ似のしなやかな好馬体
Pict0085_1
立てば芍薬、歩く姿は百合の花!

Pict0096
踏み込み深くさすが菊花賞馬の娘!

  ツアーから帰ってみると、私の両脚に20ヶ所近く蚊に刺されたが…
  痒い~っ!!!!!
  数十年ぶりに、『き○かん、塗って、また、塗ってぇ♪』となりました

そして、苫小牧の日も暮れホテルにチェックイン
グランドホテルニュー王子で歓迎夕食会の始まりです
(王子は早実の方? 『山田君!座布団持ってちゃいなさい!!』)

| | コメント (0)

姫のナイトと満口近し

競○ブックによると、日曜日のエルムS含め、土日の特別登録に岩田ジョッキーの名を見つけて一安心

松博先生岩田騎手意地で、姫をウイナーズサークルへお招きしましょう!
って、私はただただ声援を送るだけしか出来ませんが…

黄色の帽子に黄色い面子、白い帽子に赤い面子
2歳牝馬界のファッションリーダーキャッスル姫
今度はどんなコーディネートで舞台に現れるのでしょう?

そして、[地]ランニングヒロインの05に『満口近し』マークが☆点灯☆しました!
これも、当然同父ゴールドアグリ効果でしょう
やっぱり自分の出資馬や持ち馬がいつまでも売れ残っているっていうのも寂しいもの
うれしいものです(^^)v

| | コメント (0)

2006/09/09

社台ツアー 秋 ~その3~
魔性の誘惑と白馬の王子

その後、4日掛かって追分F到着しました(笑)

毎度のことながら、春も秋も迷わせてくれるのが、追分Fのお馬さんたち
それもこれも、吉田③親子の情熱と牧場スタッフの愛情、そこから生み出される手入れの良さか

その中でも、残口あり馬で眼を引いた、というよりも魔性の誘惑に引き付けられたのが、
30 社台関東:プリセージの05 by スウェプトオーヴァーボード の娘さん
そのエンドスウィープ産駒を思わせる体形の良さと魅惑の芦毛に見とれていると、計ったように
『どうです、買いませんか?』と追分Fの若:吉田Mさんの声
私『今日、キャッスルトンが勝ってたら、即買い、だったのになぁ(笑)』
と、かわしながらも、社台スタッフさんに残口数を伺う・・・
残りはわずか、26(くらい)^^
 (もうしばらく、迷っていてもいいな・・・♪)

結局、他の馬はほとんど見ることなく、プリセージの05の周りをうろうろしてお時間

次は、うちの白馬の王子(正しくは、芦毛)の待つ、ノーザンF早来Aステージへと向かいます

Pict0040
うぅ~んっ? 何か、ここんところよく見るよ~な?
Pict0042_2
あ~ん、やっぱりお前、髭面坊主かぁ
(後方のお尻は相方の侍心)
Pict0043
ねぇねぇ、あの人、よっぽど暇らしいよ
これで、この夏3回目だよぉ、仕事ないのかなぁ?
雇ってあげればぁ
Pict0045
ふぅ~ん、そうなんだぁ
まぁ、折角だから、ポーズとってやるよ!いい写真撮りな!!

『ハイハイ、ありがとう(涙)』いつも男前だねぇ君は

さて、そのパシオン宅
Pict0048
つい、最近まで同居人が住んでいたそうです
Pict0052
別角度から、パシオン君の留守にフラッシュ撮影☆
ご覧の通り、天井にツバメの巣が2つ
何でも『厩舎にツバメが巣を作ると幸運が訪れる』と云われているそうです♪

きっと来春(角居師と私も厄明け)、大きな幸せが訪れるであろう!

しかし、可哀想なことにパシオン君、
ツバメ一家の居住中は、背中がツバメの糞だらけ、フン♪フン♪フン♪
だったそうなぁ
まぁ、ウンが付いたんだから、いいじゃない♪

で、最後にスタッフの方にお願いして、厩舎の窓(?)から顔を覗かせてもらいました
Pict0054
特別だぞぉ!

『次は競馬場で逢おうな!』
Pict0060
おうっ、任せとけいっ!!

この後、ダッシュでバスに戻りましたが、ちょっと空気が痛いような…
すみましぇんm(_ _)m
NF早来Aステージ出発が遅れたのだとしたら、私のせいです
お詫びと言っては何ですが、王子のレア写真の数々をご覧になってください

2006/9/10追記:
パシオン君の状態を気にされている皆様
今のところ経過は至って順調(彼の欲求不満以外は)
9月半ばの2回目のエコー検査次第では
いよいよWM(ウォーキングマシン)入りするとの話です

あぁ、やっとツアーレポートらしくなってきた
この後、NF早来Bステージ、歓迎夕食会へと続きます

| | コメント (0)

公式レポート

私たちの寂しい気持ちが通じたのか、
レース後のレポートに一部修正が入り、調教師コメントが追加されましたね

藤辰先生は札幌にいらしたということでしょうか?
そして、『もう一回札幌戦を予定』とのこと

たつさん!津軽海峡越えはまだ先のようです
まぁ、勝ち上がって堂々と(って程、偉そうなものではありませんが)美浦TC入りしてくれた方がいいですよね
STOP!福島入厩!

| | コメント (1)

姫!申し上げます!!

9月16日新千歳空港への往復航空券購入してしまいました^^!

つきましては、今度こそ、今度こそっ、抜かりなきようお願い奉ります

二度あることは三度ある三度目の正直!

!!!期待してますぞぉ!!!

では、16日ウイナーズサークルにてお目通り叶いますようにm(_ _)m

| | コメント (0)

上がり36.1秒、7着…

最初からとぼける面を見せて…
肩鞭入れて気合を入れて…

最後方から馬群を縫って、追い上げたときには勝ち馬から1.2秒差の7着

上がり時計の36.1秒は、1着1人スズカローズマリーと3着2人シュビルマンの35.9秒に次ぐ数字
些少は前進してくれたようです(?)
賞金も銜えて帰って来たことですし、まぁ、とりあえず良しとしましょうか

さぁ、次は本当に芝のレースを試して欲しいものです
今日は調教代わり!
芝1800なんて、最適条件だと思うのですが(個人的にも…)
次週連闘で使ってくれないかなぁ

今日の×は今のところいまひとつのようで・・・
この悪い流れを早く断ち切って欲しいものです

12:29追記:
レポート更新された
ジョッキーコメント無し
見てた通りの無難なレポート・・・・・・

| | コメント (0)

とぼけた顔して、ババンバーンッ!!

いやぁ、こっちで買うと札幌版もカラー刷りなんですねぇ

で、厩舎コメントは藤辰師自ら
『初戦はとぼける面を見せたからね。・・・』ととぼけたコメント^^

Pict0002
わぁっ!今オッズを見たら、な、何と22.7倍の8番人気!
皆さん買い込みましたねぇ
ざっと見積もって、たつさんとヒロさんで500万円くらい?
これじゃぁ、来週の旅費が足りません(^^;

ああっ、YK先生票が今投下された模様!
遂に17.4倍の6番人気ぃ~っ!!

か、勝っちゃうかも^^^^^^

話は全く無関係ですが、
本日拙宅(マンション)の消防設備点検11:30~
帰ってくるまですっかりと忘れてました(OO;;;

さぁて、スタートまであと30分あまりですね
期待しまして、見守りましょう!!

追伸:たつさんから、多分丁度中山で馬券を勝っている頃に着信があったようですが^^;
お仕事中でしょうから、レース後に、連絡します(吉報を待て!!)

| | コメント (0)

コレカラ中山ヘ行ッテキマス

ハイエストブラッド9:27現在ブービー人気
しかし、当初の200倍を越えるオッズから100倍を切る勢いで票を伸ばしています

今回は、記念馬券100円の他に
来週の旅費のため、単勝1000円と馬連11-9、11-3(←馬連ですが、あくまで拘ってます)のマークカードを持って、そろそろ開門に合せて出かけるところです

さぁ、皆さん!競馬場・WINS・グリーンチャンネルの前で、
精一杯、声援を送りましょう!!!!!
Pict0121
Pict0122_2
2005年秋ツアーにて

| | コメント (0)

2006/09/08

変ですねぇ???

3R8枠11番 五十嵐冬樹 56kg
出走確定しているのに、サンデーのレポートは9/7のまま
まぁ、扱いが低いのは仕方がないですが、それにしても…
うぉ~いっ、人間の方が早くも気合切れ?

が、捨てる神あれば(?)、拾う神あり(?)
日刊競馬(新潟版)本誌予想は、な、何と!
11ハイエストブラッド
と印が回ってきました
二重△の次の△3つの内のひとつですが…
少しだけ、本当に少しだけですが、灯火が見えています

あとは、明日の朝、10:50 グリーンチャンネルの前で見守りたいと思います
そして、札幌競馬場まで行かなかったことを後悔させてくれたら、いいなぁ

ところで、『競馬人情』によると、YK先生はW室蘭か静内で馬券をやるとか、
『ハイエストブラッド』買ってくれるんでしょうねぇ^^?
(ってか、お前も中山行って買って来いっ! 千円も買えば来週のレースを見に行けるぞぉ!!)

| | コメント (0)

えええぇ!まさかまさかぁ!

さぁ、さぁ、さぁ、さぁさぁさぁさぁ~
って、ちょっと歌舞伎調になりました、ぐぁ、

ハイエスト、今週土曜日ダート1000はともかく
(ってか、除外確実なら、何でわざわざ、調教代わりぃ???)

キャッスル姫も来週土曜日芝1200
!!!!!!!!!!!

って、ひ、姫っ、ご乱心召されるなぁ~っ!!
な、何ゆえ、何ゆえ、6日目芝1500まで辛抱ならぬものくわぁ~っ!(ここ吉右衛門調に)

あ~あ、来週土曜日は、また、札幌に行かなくてはならなくなってしまいました

って、誰が決めたか、懲りないヤツ
あ~、ハイエスト、さすがに無理です
今週土曜日とは・・・

YK先生ぇ~~~~っ!
北の大地でこの便りを見ていたら、たつさん&ヒロさん&私の代わりにハイエストブラッドへのご声援お願いしま~す!

| | コメント (1)

2006/09/06

臨時ニュース!

親王様お誕生おめでとうございます
やはり帝王切開で帝王がお生まれになりましたね
おそらく日本中が穏やかな笑顔に包まれたことでしょう
こころよりお慶び申し上げます

そして、これで雅子様も心安らかに回復され、プリンセススマイルが戻ることでしょう

それにしてもノーブルな血はここぞというときに違いますね
馬に例えては大変失礼なことですが、ベガが最後に娘を残して逝ったこと
吉田三兄弟がしっかりと跡取りを儲けていること(あっ、こちらは馬自体ではありませんね)

あぁ、それに比べてもう血を残すことさえ出来ない我がハイエストブラッド
本日のサンデーTCのレポートも
『なおフルゲート16頭のところ、出走表明馬は25頭おり、出走間隔による優先出走順で除外が確実な状況です。最初から気合をつけていきたいと考えています。』
って、とっ散らかっています
最初から気合をつけると出走件でももらえるのでしょうか(^^?

| | コメント (2)

2006/09/05

社台ツアー 秋 ~その2~青いハンカチ

あ゛~あ゛、やってもうた(><)
小まめな保存、初期状態は『下書き』をお薦めします(ってなこと、言われなくとも皆様方は既にご存知ですよね)
結構書き込んだのにぃ・・・しかし、失ったものは帰ってこないのでした

では、気を取り直して

@@@@@@

8号車へ向かい担当のKさんに挨拶
ここまでの車中でも伺いましたが、例年の秋ツアーと比べて参加者が随分と多く、
歓迎昼食会のメニューの売れ行き(?)も上々、『残口わずか』といった状況だとか
多分に漏れず、バスも全員が帰ってこないと空いてる席が分からない状態
仕方がないので、肩の荷をスタッフ席にひとまず置いて、荒谷厩舎の展示馬見学

周回が終わって、ふと眼をやるとノーザンF事務局てか、広報部長(≠アンドレ)のNさん発見
私『こんにちわぁ(昨年は、二次会での三時間にわたる独演会ありがとうございました)!』
N『いやぁ、どうも』
私『Nさん、社台の方にも来てるんですねぇ』
<中略>
私『ところで、今朝の函館での調教情報ってご存知ですか?』
N『函館?まだ聞いてないねぇ』
私『Nさん、ハイエストブラッドってご存知ですか?(恐る恐る)』
N『ハイエスト???』
 あ~あ、この空白がぁ、女子と話していて言葉が途切れるより怖いぃっ!
私『今朝の調教次第で、札幌に移動して来週使うらしいんですけどぉ・・・』
N『あっ、そうなの、でも、中央開催が始まるから、どの道、函館は閉店して、残る馬は札幌に来るはずよ』
私『そうなんですか、じゃぁ、ジョッキーも中央開催に移るから中山あたりで使ってくれたほうがいいでね』
N『う~ん、その分、メンバー手薄になるし、札幌の方がいいんじゃない、ま、だいじょぶよ』
・・・・・・すっかり、N節にはぐらかされてしまったような・・・津軽海峡はまだ遠い

   その日の夕刻、たつ(旧AZ)さんからは『ハイエスト追い切り0.9秒遅れ』の悲報

時間になったのでバスに乗り込み、空席を探し、シートに腰を降ろす
間もなく臼井厩舎へ到着し、降りるとすぐに『残念でしたね』の声とともにKDさんと再会
『(見たい馬もいないし)すぐに猿倉厩舎で残念会にしましょうか』と意見が一致
放牧地の芝生と調教コースのパークを踏みしめながら、
『お嬢様は、ゲートがお気に入りで、自分から出ようとしないらしいんですよねぇ、その分きっちり2馬身届かず』
愚痴愚痴と札幌競馬情報を語りながら、いつもの交差点を渡ると、遥か彼方からもそれと分かる名鉄観光のNさんの姿

猿倉厩舎には既に先客もいるようですが、今年は、椅子席あり
早速ビールと唐きびトマトを手に椅子に座って話をしていると、やがてNGさんも姿を現す

NGさんのここでのお目当てはアエローザ
『じゃぁ、私もお昼の分、唐きびをもう一本食べたら、隣のタイムパラドックスの後に観に行きますよ』
と言って、唐きびに齧り付き、ビールをもう一本やってから、やおら立ち上がるとYK先生の姿

Y『なぁんだ、TI(まあ)ちゃん、2着だってぇ!最初、勝ったって聞いたからさぁ、今日はTIちゃんにとって最高の日だなぁって思ってたのに、どうしたの?』
M(まあ)『いやぁ、お嬢様は、自分からゲートを出ようとしないんですって、箱入り娘にも困ったものですよ、それで2馬身出遅れて、その分届かず』

などと放しているうちに一人二人と集まり始め
Y『このTIちゃんは、札幌競馬場まで行って来たのに、2着でさぁ・・・』
などと雑談している輪の中で、ひとりの男子Aが青いハンカチを取り出し、汗を拭く
『やぁねぇ、すぐ真似してぇ』とその輪の中の某女子の声
輪の中の男子B『おれも青いハンカチだよ』と言って汗を拭く
すかさずYK先生も『あっ、俺もだ』と汗をぬぐう
『拭くんじゃないの、たたくのよ王子は』とまた件の女子(Thoroughbred誌でも著名な方です)
A『しかも、こう三つ折りで』
私『はは、俺もだ』
女子『やぁねぇ、オヤジはぁ、4人も揃って』と呆れ顔
M『第一ここは苫小牧ですよぉ』
全員『そう(だ)ねぇ!!!!!』

閑話休題(ってか、これもツアーのクラブの楽しみのひとつですよね、先生!)

結局、猿倉厩舎でも馬は見ず(←お前さん、何しに来てんだここに ←だからぁ、今言ったばかりでしょ)

ってなわけで(どんなわけ?)緑の一団は追分Fへ

さぁて、そろそろ北海道牧場見学ツアーの話をしようよ!(う~む、どっかの先生に似てきたかな)

| | コメント (0)

社台ツアー 秋 ~その1~札幌競馬場、ん?

ツアーの朝は早い(とは言っても、八百屋さんほどではありませんが…←詳しくは、Thoroughbred 9月号で)

7:00羽田2タミ集合
早速YK先生と出逢い、ご挨拶(その前によそ見してぶつかってしまった方、失礼しました)

先生と一緒に保安検査場へ
???一歩先に入った、先生が何やら鞄の中をごそごそと
空港係官(以下、係)『刃物持ってませんか?』
YK先生(以下、先)『あぁ、これね』
係『剃刀なんて、何に使うんですか? (先生の○部を見つめながら)もう、剃るものなんてもうないでしょうに』
先『いや、鉛筆を削るんです』
係『鉛筆削り?今時、鉛筆を剃刀で削るんですか?』
先『いけませんか?』
係『いえ、構いませんが・・・それでは、お預かりと言うことで』
先『いや、結構です、いらない!』
と言い放って空港ロビーへ(もちろん、やりとりの一部は事実に基づいたフィクションです^^;)

そのやり取りに夢中になってしまい、
チケットを確認しないまま、53番ゲートへ
やがて、2タミの第1コーナー(52番ゲート辺り)で、人だかりが少ないことに気づく二人

『あぁっ!先生!65番ゲートですよぉ!全く逆に来てしまいましたぁ(汗)』
『おいおい、逆かよ、Tちゃん(私のこと)!まぁ、散歩だ散歩!』
いやぁ、2週間前の53便は53番ゲートから出発で、分かり易いなぁ、と感心していたのに・・・

危なく『出走取り消し』になるところでした

これもまた、先生と同じ2階席へと上り、席に着こうとするとお隣に見覚えのある顔
KDさんが、窓側の席に座っていました

8:00 予定通りANA53便はテイクオフ!!
KDさんと話しているうちに、定刻より早く新千歳空港に到着

『負けたら帰ってくるなよぉ!』と戦時中を思い起こされるYK先生の声を背に、
そそくさと飛行機を降りて新千歳空港駅へと向かう(今年のツアーは例年とスケジュールが違うみたい)
そして、予定より一本早いエアポートライナー95号に乗車、一路札幌を目指す
これで、自身からは出遅れる心配はなし
札幌駅で新聞を買って、タクシーに乗り込む

あれぇ? 今年は歓迎昼食会やってないのかなぁ???(←お前、いったい何処へ行ったんだぁ?)

とまぁ、冗談はさておき、この時間ならまだ間に合うとパドックへと急ぐ、と丁度騎乗しての最後の周回
おや?今日は赤の勝負面子!?
Pict0003_1
改めて見てみると、ピッカピカの好馬体

Pict0011_2
馬場入り後もいい感じに気合が乗って(^^)b

Pict0016
ターフを歩む姿も美しい姫君

Pict0025
返し馬
ゆったりとキャンターに

・・・・・・それから、10時41分をちょっと過ぎた頃・・・・・・

こころなしか、岩田騎手も肩を落として
Pict0032

Pict0035_1
またも、追い上げて届かず、2馬身差の2着
1番枠で2馬身出遅れ、内に包まれ、競馬をしたのは、4角外に持ち出してからだけ
と、新馬戦とほとんど同じパターン
それでは、さすがにあれだけ楽に逃げさせてしまった馬を捕まえることは出来ません

スタンドでぼぉーっとしていると、やがてMS君@札幌からの電話
約束通り総合インフォメーション前で落ち合い、頼んでおいた単勝100円記念馬券を受け取る
本当は、『じゃ、これから口取り行ってくるねぇ♪』といいたかったのですが、
また、上着にシワを作っただけとなりました(哀)

その後、同様に一団と離れて、競馬場でお仕事のクラブのOさんに伺ったジョッキーコメントでは、
『ゲート入りやゲート内では全く問題ないのだが、自分からゲートを出て行こうとしない』
とのこと

う~む、箱入りの☆お姫様☆、どうやら天蓋つきのゲートがおきに召している♪ようで・・・困ったものです
まぁ、それにしても札幌の1200では、ちょっと条件が厳しすぎますね
次は、もう少し長いところで『確勝』といきましょう!

さて、午前中の3Rまで見届けて、煮込みライスとビールの昼食を取ってから、タクシーで札幌駅へ
エアポートライナー122号で千歳へと折り返す
駅前でタクシーに乗り込み『社台ファームまで!』
TI『そのくらい掛かりますか?』
運転手『30分ぐらい、ですかねぇ』
TI『そんなもんですか(すると、荒谷厩舎あたりで一団においつきそうだな)』
本当は、猿倉厩舎のおやつの時間に間に合えばよかったのですが・・・

☆岸上厩舎のランニングヒロインの05ちゃん、すっぽかしてごめんなさいm(_ _)m☆
☆決して、貴女に期待していないというわけではありませんからね!☆
☆パパは早くも重賞勝ち馬を輩出、期待して大井で待ってますからねぇ!!☆

で、8千円弱で社台F事務所に到着
ご好意に甘えて中田・荒谷厩舎方向へと運んでもらう
TI『へぇ、中田・荒谷厩舎ってこっちだったんですね(これで社台Fの厩舎の配置が大方把握できました)
そして、まもなく前方に緑の一団
社台Fの方『これから荒谷厩舎へ向かうところみたいですね』
車は、やがて照哉社長号に取り付く
私『ありがとうございましたぁ』
お礼を言って、先ずは8号車へ向かう

~長くなったので、続きはまた、後ほど
ってか、全然『社台ツアー』レポートになっていない(汗)

| | コメント (3)

2006/09/01

パラディン・・・

お兄ちゃんが重度の屈腱炎ということで、引退が決まったそうです
 会員の皆様方の残念なお気持ちお察しします

一方で、関係者の皆様に対して、とても身勝手で失礼なことですが、
弟フラムドパシオンの身代わりとなって馬場を後にしたと都合のいいこと考えています

古から、『父や母がいなくなった仔は走る』などと実しやかに言われ、
実際に、最近ではサンデー亡き後、ディープが無敗の三冠馬に

そういったことでは、パシオンには、(矛盾した言い方ですが、)早く、しかし、着実に完治して
再びその姿を大観衆の前に見せて、大復活を遂げること
それだけが、たった一つのお兄ちゃんのためにしてやれることではないのでしょう
   ・・・そんなことでパラディンの会員さんは喜びはしないのでしょうが

今週末のツアーでは、そこのところ本人によ~く言って聴かせてきます
Pict0147
馬房で暴れないように!食べ過ぎないように!厩舎の外でハシャギ過ぎないように!

改めて、パラディンの引退、残念なことです

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »