« あと1週間! | トップページ | 忍耐 »

2007/12/25

全日本2歳優駿JpnI 回顧

遅くなりましたが12月19日に実施された
全日本2歳優駿JpnI
T_p1000002
どんよりとして寒い一日…ほとんどスタンドに篭りきり

しかしこの日の馬場は、内の砂が浅く少々力が下でも
1Rの逃げて2着の後は、2R~8Rまで全て逃げ切り
唯一、逃げ先行馬が崩れたのがJRA交流の9Rだけで
メインも既にご存知の通り
最終Rも先頭・番手の馬が3角併走からそのままゴールへ

う~ん、地元ヴァイタルシーズ用に造った馬場だったのでしょか?

携帯カメラのテストに降りたパドックで6Rを見て振り返ると
ビール片手に“せんせい”の姿
SNさんは、待機所の方でA調教主任と一緒にいるのだとか
T_p1000004
カメラテストで撮ったハイベットタイム
レースは終始後方のままで1周して終わり。。。
当日の馬場ではどうしようもなかったですね

 
T_p1000005
いよいよ、決戦の時
目立つところは、ディラクエの+13とランパンテ+10、タカラストーンの-7

 
ピックアップパドック

地元の雄・バイタルシーズ (7着)
T_p1000006
さすがにこのメンバーに入ると一層小柄に見える馬体も具合は良さそう

ホッカイドウ競馬代表・ディラクエ (2着)
T_p1000007
ややお腹周りが気になるものの+13も気にすることはなさそうな好馬体
気配も上々、残る心配は左回りだけ

前走逃げ切り勝ち1枠1番イイデケンシン[JRA] (優勝)
T_p1000008
気配とともにこの日の馬場では気になるものの
ヴァイタルシーズ・内博JKがハナを叩いていくと見て。。。

パドックでは、個人的に一番良く見えた・ディアヤマト[JRA] (4着)
T_p1000010
普段の馬場ならこの馬が本命もこの日では対抗評価まで

年間最多ジーワン勝利が懸かるアンカツ・レインボーペガサス (3着)
T_p1000011
-5kgの数字と相まって、巻き上がった腹が心配で消し。。。

兵庫JG2着・タカラストーン (8着)
T_p1000014_2
前走以上の成果は望めなさそうな雰囲気で抑えまで

ジョッキー整列…ん? 駿くん遅れてるよ!
T_p1000019

騎乗合図
T_p1000020
丁度1,3着馬がファインダーの中に
そして、コート姿の人陰に隠れているのはヴァイタルシーズ
う~ん、これが暗示だったのかなぁ

 
ヴァイタルシーズ&内博JK
T_p1000021
結局、馬券は、この日の馬場ならいけると判断
ヴァイタルシーズの逃げ脚に期待して2からの馬単・三連単に_ _ゞ

気合乗り十分も
T_p1000022
平和賞、マサノネバーマイン[ホッカイドウ]・山口竜の姿が脳裡を過ぎり
連下の抑えまで

的場文JK負傷欠場により急遽坂井英JKに乗り替り・ニックバニヤン
T_p1000023
三連勝当時の出来にはまだなく消し

柴山JK騎乗後の気配も上々・ディアヤマト
T_p1000024_2
やはり、この馬を三連単の2着付けとして馬券購入

 
 
 
そして、15:40
ゲートが開く。。。

右へ左へふらふら他馬に迷惑を掛けながらヴァイタルシーズがスタート
あっさりイイデケンシン・藤田JKがハナを奪う
T_p1000026
1周目ゴール番手前
先頭イイデケンシン、2番手ヴァイタルシーズ、3番手ディアヤマト
この時点でイイデケンシンの勝利は十中八九決まり

スタートのあおりをもろに受けたディラクエは後方2番手から

3角手前でディラクエが北海道2歳優駿のリプレイのようにまくって行く

一瞬逃げるイイデケンシンに並びかけるもこの日の馬場ではそこまで
T_p1000027
好位から差してきた1番人気レインボーペガサスをハナだけ凌いで2着
イイデケンシンは、最後もうひと伸びして1と1/2馬身先に歓喜のゴール

当日の馬場であれだけの競馬ができるディラクエの底力は大したもの
川崎・内田厩舎に転厩
来春のクラシック戦線が楽しみです

一方で、ハナを奪われるとあまりに脆いヴァイタルシーズ
その辺を何とかしないとこれ以上は見込めそうにありませんね

 
馬券の方は、2,9R、そして、最終ハッピーエンド特別を取ってプラス収支

さぁ、次は東京2歳優駿牝馬SI だっ!?
その前に、東京大賞典JpnI があるか^^

|

« あと1週間! | トップページ | 忍耐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと1週間! | トップページ | 忍耐 »