« 君の名は | トップページ | 決断やいかに? »

2007/12/04

あの日、そしてこれから

初めての大舞台
少しばかりの願望と元気な姿を求めてTCKへ

前日売10番人気が車中5番人気へと

モノレールを降りて様々な想いを巡らせ正門から入場
 ペンケースはもらえなかった^^ゞ

初めてのL-WING 4F席へとエスカレーターを登る

入り口でハンドスタンプと一緒に三角クジを貰い席に着く
Pict0001
ほほう、なかなかの景色
しかし、コースは顔面直下、4コーナーもやや見にくい

思いながらクジを開くと“当たり”の三文字

先ずはカクテルラウンジ重賞出走記念馬券単勝1000円をマーク
 重賞ということで1000円としてみたものの…
勝ってしまったら、払戻せずにはいられないオッズにもう1枚単勝100円
そして、期待を込めて複勝1000円と馬単人気上位5頭への馬単100円ずつ

運試しに発売レースの馬券を買って、
トイレへ行く途中にウイングレディに“当たりクジ”を渡すと
賞品は、“4F指定席引換券(08年3月末まで有効)”
…東京大賞典の日にでもチャレンジしてみるか!?

いくつレースを見届けただろうか

テストを兼ねてワールドエミネンスのパドックに降り、SNさんと言葉を交わして再び4F席へ戻る
う~ん、やっぱり10Rのパドックが終わったら馬券を買ってパドックに降りたほうが良さそうだ

Pict0003
まもなくハイセイコー記念のパドック、カッキー登場!
 しかし、昼間開催でアフター5スター賞というのも…
お陰でJBCスプリント馬フジノウェーブが出走、何と言ったらいいのか^^;

Pict0005
え゛っ! マイナス5kg・・・・・

15kgはどこへ消えたのか?
輸送減り? ターフモードから大井モードへの切替過程?

Pict0008 Pict0009
カッキー登場
気合、踏み込みとも問題ないものの若干緩めのつくり。。。

そして、幾分の成長かだいぶ落ち着きが出てきた模様
Pict0011
Pict0013
ちゃんと正面からのショットにも応えてくれます^^?

油断していると見せるやんちゃぶり
Pict0015

そして、またすまし顔
Pict0016
ま、相変わらずの2人曳きですけど。。。

こうしてみるといい感じにも思えるのですが…
Pict0018

これまではこんなに近影にピントが合うことはありませんでした^^゛
Pict0019

それでもトモの筋肉にはいいものがあります
Pict0023

やっぱり気配だけはいい感じ…しかし腹袋の寂しさは否めない
Pict0030

いままで撮ることができなかった画像
Pict0031 Pict0032

へっ、単勝27倍ね
Pict0049
記念馬券に100円買っておいてよかった f^^

他馬の状態をみると
ヴァイタルシーズはさすがに一番の出来
ニックバニヤンは間隔が空いたためか少し緩めのつくり
ジェイドファストも今ひとつ
コラボスフィーダも休み明けの感は否めない状態

同郷ポーカーアリスはなかなかの出来映え
思い返せばパワフルダンディーにはつばめ特別とは一変した落ち着きが

しかし、既に購入済みの馬券は
馬単6から3,8,9,11,16の5点と当然の6の単複

騎乗合図
Pict0054

初コンビ
Pict0056 Pict0058
Pict0060
1周回って、ほどよい気合

馬場入り
Pict0062

返し馬へ
Pict0067
Pict0068_7 ビュンッ と ≡3

そして数分後ゲートが開く!
Pict0069

その後の展開は前に書いた通り

闘い終えて。。。 (ここから暫くカメラのモード切替を忘れて…^^ゞ)
Pict0070
Pict0071 Pict0072
6位入線枠へ誘導

厩舎に戻り、先ずは水を一杯
Pict0076
Nec_0065_3 Nec_0066_2 Nec_0067_2
こういう時、機能の低い携帯の方が上手いこと撮れる^^?

Pict0077
負けたことの悔しさからか、いつもならおとなしいシャワータイムも大暴れ

獣医さんの洗眼も拒否 ^^;

とりあえずクーリングダウンのため厩舎の外へ
Pict0078 Pict0079
それでも興奮冷めやらず・・・・・

馬着を付けて夕闇迫る大井競馬場厩舎村へ、パカポコと
Pict0080

ん!? モノレール?
Pict0084

Pict0088
そろそろ光量が…

この後、村上先生とお話して、
『次走で1,2着して、来年JRA へ…』と仰るので
『次走は1着でッ!』と強くお願いしておきました^^

カッキー!大晦日頼んだよ!!

村上先生&勇くん、スタッフ皆さん

よろしくお願いします^^b

昨夜掲載されたTCKサイトのレースレポートによると今野JKは
牝馬だけどいい根性もしてる”ともコメントしてくれているようです

 
 
折角前哨戦を見て出走予定馬も発表されたことですので
第58回 全日本2歳優駿競走 JpnI の展望を

JRA 勢では、兵庫JG 1,2着のディアヤマト・タカラストーン
他地区では、ディラクエ
南関勢では、コラボスフィーダの巻き返しを期待も予定無しで
ヴァイタルシーズ・ジェイドファスト・ニックバニヤンの3頭

計6頭の中から勝ち馬がでることは間違いなし(自信度95%)

ディアヤマトを基準に取ると北海道2歳優駿の結果から
ディラクエ・ディアヤマト・ジェイドファストの順

ここに兵庫JGとハイセイコー記念の結果を踏まえると

12/4現在(自信度80%)
◎ディラクエ (山口竜JK・左回り、平和賞の二の舞に注意)
○ディアヤマト (安定感ある軸馬、ディラクエに何かあれば)
▲ジェイドファスト (ここ目標に仕上げに抜かりなし)
×ヴァイタルシーズ (ハナを切って、揉まれなければ)
△ニックバニヤン (復調しても着までか)
△タカラストーン (前走ディアヤマトに完敗)

|

« 君の名は | トップページ | 決断やいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君の名は | トップページ | 決断やいかに? »