« 社台地方OW・キャロット2歳馬馬名発表! | トップページ | 一足先に桜花賞 »

2009/03/19

今日、またひとつ歳を重ねました

キューバ戦快勝
これで決勝トーナメント進出決定
そして、次は明日韓国を撃破してスッキリ1位通過

 
モンキーマイア、異常なし
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は4月1日(水)~3日(金)の船橋開催での出走を予定しています。
異常なしはいいのですが、そろそろ白星を
出川克先生、ヨロシクお願いします

 
ショップインミラノ @社台F、4月上旬能力試験へ
3月17日(火)に門別競馬場へ移動してゲート練習を行い、3月18日(水)には桑村騎手が跨りゲートから5F・75.0-58.0-42.0秒の時計を馬なりでマークしています。今後は4月上旬の能力試験を目標に調整していく予定です。
馬名発表につづいて、今度は能試の予定が
先ずは、桜への第一歩ですね

 
ルミエールヴィーブ @社台F、4月上旬能力試験へ
3月18日(水)に門別競馬場へ移動してゲート練習を行い、3月19日(木)には中村調教厩務員(元騎手)が跨りゲートから5F・75.0-58.0-42.0秒の時計を馬なりでマークしています。今後は4月上旬の能力試験を目標に調整していく予定です。
こちらも4月上旬能試予定
調教時計が全く同じなのは単なる偶然か

 
キャッスルトン、1回福島で復帰戦
1回福島開催での復帰を予定しています。来週もしくは再来週に美浦TCに入厩を予定しています。
近々美浦入厩予定

今度はキッチリ勝って500万下脱出

 
プレサンティール @セグチRS、間もなく復帰
引き続き普通キャンター中心に、週に1回坂路で強目の調整を開始している。3月18日、担当者の話では「ペースを上げながらも順調に来ています。今のところ脚元に不安は見られませんので、このまま入厩まで進めて行けそうです」とのこと。(3月18日更新)
先ずは無事に復帰戦を迎えられることを祈って

 
マイベストソング @GW,こればかりは仕方ありません
15-15を乗り出したところでソエが出てしまったため、ショックウェーブ治療を行い、先週から乗り運動を再開している。3月18日、担当者の話では「乗り出した後も問題はありませんが、引き続き様子をみながら坂路1本を20-20程度で乗っています。まだしばらくは用心しながら進めていきたいと思っています」とのこと。ソエの具合を見ながら調整を進める。(3月18日更新)
じっくりとしっかりと進めて確かな状態で戻ってきて欲しい

 
ダンサーズブロンド、続戦方向
18日に再度連絡があり「輸送後も、飼い喰いの落ちもなく脚元も問題ありません。具合を見て引き続きダート戦への出走を検討しようと思います」とのことで、引き続き出走の予定。(3月18日更新)
状態には問題なし
あとは実力だけですな

 
エレガントステージ、来週出走か
18日に再度連絡があり「レース後も問題ありません。具合次第ではありますが、来週のレースへの出走も検討しています」とのことで、3月29日(日)中山・ダート1200に出走の可能性がある。(3月18日更新)
今度は、しっかり実力を発揮して上位進出へ

 
シャンパンキッス @セグチRS、漸く状態上向き
引き続き普通キャンター中心に、18-18の強目の調整も行われている。3月18日牧場担当者は「ペースを上げながら、馬の状態は上向いています。このまま入厩に向けて乗り込んでいきます」とのことで、帰厩に向けてさらにピッチを上げていく。(3月18日更新)
この仔の放牧も随分と長くなりますなぁ
ま、1/500ですからね…

 
ローシェンナ @梶村S、一旦放牧へ 【キャロットクラブ転載許諾】
「いい形で初戦を迎えることができたし、馬に戸惑いこそありましたが、上々の内容でデビュー戦を終えてくれたと思います。ただ、心配していた部分でもあるテンションがやや高くなってきている感じがありましたし、無理して押せ押せで使うことはこの馬には良くなさそうですね。芝でいい走りをしてくれたわけですから、できれば次も続けて芝のレースを使っていきたいと考えていますので、出走間隔も必要になります。トータルで考えた結果、在厩で調整していくよりは一旦ガス抜きをしてあげて、体に余裕を作ってから再度調整していった方がいい走りができるでしょう。おそらく福島開催後半あたりには出走できるようになると思いますので、近場の牧場で調整していきます。十分チャンスのある馬だし、次は更にいい走りができるようにしたいですね」(斎藤誠師)18日に梶村ステーブルへ放牧しました。出馬状況と馬のコンディションを見ながらになりますが、今のところ福島開催あたりに次走目標を設定しています。
“いい形の初戦”ですか、9着でねぇ
“上々の内容”というのにも疑問符がつきますねぇ

ま、いずれにしても続けては使えませんから
余裕を持って再調整というのもひとつの策でしょう

福島開催で花開かんことを

 
 
セカンドフラッシュ @マイティーS、漸く普通キャンター
周回でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週はキャンターに行っても軽めまでに留めていましたが、今週は更にワンランク上げて普通キャンターまで移行しています。先週もお話ししましたが、以前に比べると回復も早いし、それに伴い調教のペースアップもいつも以上に早くできていますね。雰囲気もいいし、少しずつ成長してきているのを実感できています。体も425キロとだいぶ戻ってきていますし、調教師もそう遠くなく帰厩させて再度競馬へ向かっていこうと考えているとのことでした。今後は移動を念頭に置きながらしっかりと乗り込んでいきたいと思います」(牧場担当者)
この期に及んで“少しずつ成長”ですか

あんまりのんびりとはしていられません
そう遠くなく帰厩させて”レースに挑んで欲しいものです

|

« 社台地方OW・キャロット2歳馬馬名発表! | トップページ | 一足先に桜花賞 »

コメント

ショップインミラノ・ルミエールヴィーブ、実はパッカーショニスト(マクリスの07)も全く同じ時計です。違いは騎手名のみ。他にもいそうですね。
コピペ検出ツールでも導入しますか。

投稿: KD | 2009/03/20 01:08

KDさん
確かに他にも同ラップの時計がありますねぇ
もしかすると、この機械のように正確な調整が社台グループの力なのかもしれませんねぇ。。。

投稿: まあ | 2009/03/20 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社台地方OW・キャロット2歳馬馬名発表! | トップページ | 一足先に桜花賞 »