« 馬名応募 | トップページ | ルミちゃん、復帰戦! »

2010/11/28

14-14

調教時計ならまだしも

疲れました

 
「何も言えねぇ…」

 
昼休みを挟んで新馬戦2鞍は1勝1敗の五分

昼休みにはJC30回を記念して皇帝ルドルフ登場
Pb280334_t
御歳29歳、しっかりとした馬体にリズミカルな歩様
現役時代の姿が脳裡に蘇ります

そして、7R ベゴニア賞 エスクルシーヴァ 400 -14㎏
Pb280355_s
馬体減もフックラと気合も乗って良い感じ

そして、パドックも最終周回、時刻は、13:13
そろそろ、京都7Rの時間、と思っていたところに

緑白二本輪、白袖赤一本輪の勝負服姿

6レースに騎乗していたミルコぉ

Pb280364_s_2

そして、地下馬道へと進むエスクルミルコを見送ってモニターの前へ

既に京都7Rはゴール前、バトルくんの姿はどこにも無し

家に帰ってからレーシングビュアーを見るとスタート終始後方のまま

 
そして、エスクルの方もスタート立ち遅れて 【キャロットクラブ転載許諾】
28日の東京競馬ではスタートがゆっくりになり後方から。徐々にポジションを上げていくが差を詰めることはできず14着。「ヤンチャなところがあるようでゲートもスッときれいに出ていきませんでしたね。後手を踏んだことで流れに乗れなかったのは痛かったです。道中の感じは悪くなかったのですが、これからというときに思ったほど進んでいきませんでした。もしかすると少し疲れているのかもしれませんね」(デムーロ騎手)「体が減ってしまったのは誤算でした。牧場で体を回復させてからトレセンに戻し、ほんとうに速いところは実質一本だったのに減ったのですから追い切りを終えて本番までの間に馬房でイライラしてしまったようです。2戦目で3着に来たときと同じ体重ではあるのですが、ふっくらした状態で余裕をもたせながら競馬をしてきたので、急に減ったことで走りにも余裕がなくなってしまったのかもしれません。あと、展開も向きませんでしたね。この馬の持ち味は淀みのない流れのなかで活きますから前が残る展開では苦しいです。いいものを持っていますが、良くなるのはもっと先ですし、厳寒期は成長を促す期間にあてようと思います」(武藤師)前走の勢いそのままに今回の競馬へ向かいましたが、残念ながら良い結果を残すことはできませんでした。ただし、一度500万下クラスのレースを経験したことは今後に活きるはずです。今後は蓄積された疲労を取り、さらなる成長を促すためにオーバーホールに充てる予定です。来年にはひと回りもふた回りも成長した姿を見せてくれることを楽しみにしています。
こちらも周ってきただけで、終わってしまいました

 
2頭揃って、14着…言葉もありません

 
偶然、JCのパドックへ向うペピートさんにお逢いして

「楽しみですね」「いえいえ、ブエナは強いですよ」とご挨拶を交わして

 
賑やかなJCのパドック
Pb280370_s 

レースはシンゲンの先導で始まり、直線激しい追い比べ

最後は力強く、ブエナビスタが先頭でゴール

が、早々に点灯した審議の二文字

直線、ブエナが内に切れ込んで、ローキンの進路が狭くなったことは
ライブでも確認できていた…

長い長い審議…GIの舞台、慎重の上にも慎重を期した裁定

ターフの上で待つブエナの会員さんたち

 
馬主席でお逢いしたNF早来のNOさんとお話をしながら

何十分待ったことでしょう

やがて、「ブエナビスタ降着」のアナウンス

ガッカリしてターフを後にするブエナの会員さんたち

 
「何であんなに余裕があるのに斜行しちゃうんだろうねぇ」
「これで2回目、何かそういう気持ちにさせる馬なのかもしれないね」
とNO氏談

 
やがて、変ってローキンの会員さんたちがターフに姿を現す

今度は、勝ち馬がいない

そりゃぁ、そうでしょう
とっくに彼は厩舎に戻って、上がりの運動をしているか、
シャワーを浴びている頃
いずれにしても、東京競馬場の厩舎は遠いところ

 
とりあえず、表彰式を先に施行して時間を繋ぐも

そうこうしている内に最終レースの出走馬が早くも姿を現す

16:00を過ぎた頃、漸くJCの馬着にレイを着けたローキン登場

武豊JK、克己社長も集合して、記念撮影

 
テンヤワンヤの記念撮影を終えて
Pb280371_s
結局、最終レースは買い損ねました…それで、良かったのかもね

 
しかし、ローキン、良くあの態勢からピサを差し切ったものです

 
最終レースも終わって、帰り際
口取りを終えて戻ってきたペピートさんと偶然にも再会

「おめでとうございます変な形でしたけど…」
「どんな形でもいいんですよ
にこやかにその場を後にするペピートさんでした

改めまして、JC制覇おめでとうございます

 
そして、もうひとつ驚くべき偶然
何と府中本町へ向う人ごみの中、ラッキーさん母子と遭遇

 
う~ん、変なところで偶然を重ねて…
馬券が当らない訳だ

 
フェイルノート
11/28 助手 美CP良:73.9-58.7-43.8-13.8 馬也
再来週末の復帰戦に向けて、今日はポリトラックで

まずまずといったところでしょう

|

« 馬名応募 | トップページ | ルミちゃん、復帰戦! »

コメント

当日は立ち話でしたが、何度もお会いしましたね。
ブエナの差し脚は強烈でしたので、不利がなくても勝てなかったのでは・・・
4分6分じゃないかと思ったので、スッキリしない優勝でした。(まあ、文句言ったらブエナの会員さんに申し訳ありませんけど)
写真にワタクシが映ってますネ。^^
頂戴して家宝にいたします。

投稿: ペピート | 2010/11/30 00:06

ペピートさんこんばんは

あそこでお逢いしたのが「ローズキングダムを買え」との天恵だったのでしょうか…それを、聞いていながら

しかし、あの不利から立て直して、2位入線するのですから、ローキンくんの脚も武豊JKの腕も大したものです

咄嗟に撮った1枚ですが、ペピートさん、写ってましたか
どうぞご自由にお持ち帰りください
家宝になるかどうかは、甚だ疑問ですが

投稿: まあ | 2010/11/30 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬名応募 | トップページ | ルミちゃん、復帰戦! »