« つづけ、つづけ! | トップページ | ここは名古屋か!? »

2011/09/01

風の盆

当地では、と云ってもかなり離れてはいるが、

越中小原、風の盆

厳かな胡弓の音色と温かい闇に包まれて

三日三晩舞い続けるという

本来は、稔りの稲を守るための風除けの風物詩

それが、台風の襲来に見舞われるとは何たる皮肉

それでも、人々の願いが通じればそれを避けることもできるでしょう

 
風の盆のあとは、馬の盆

日曜日3頭出しで3勝を目論見ますsign03

 
小倉12日6R 3歳未勝利 芝1200 確定sign01

エカルラート 53.0 ☆松山弘

     【キャロットクラブ転載許諾】
4日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に松山騎手で出走いたします。
ここでは断然力は上up

さらに1㎏もらって松山JKも三度目となればキッチリとrock

 
小倉12日10R 西日本スポーツ杯 芝1200 確定sign01

ジュエルオブナイル 55.5 和田竜

圧倒的な力の差を見せて、ここ2戦の鬱憤をスッキリ晴らして欲しいところ

テン乗りですが、和田JKなら安心してみていられるでしょうrock

 
新潟8日11R 新潟2歳S GIII 芝1600 確定sign01

ハッシュドトーン 54.0 石橋脩

口取りは申し込みましたmobilephone

当選すれば、片道3時間半かけて越後路へtrain

我が名付けし愛馬の勇姿をいざ観に行かんpunch

 
タイムズアロー、次走は優作sign01
来週9/10(土)阪神・鳥取特別は同馬で勝ち鞍がある、国分優騎手に騎乗依頼しました。
まだまだ、岩田JKは乗ってくれませんか…

それは、力を付けてからのお楽しみですね

ま、優作JKも500万下ではいい競馬を見せてくれました大丈夫でしょうgood

 
チタニウムヘッド @セグチRS(チバ)、チタンくんお引越しpouch
9月1日、今まで栗東・安田隆行厩舎にて出走していましたが、少しでも多くの出走機会を得るために、美浦・木村哲也厩舎へ移籍することになりました。近日中に移籍の手続きを取り、入厩への態勢が整い次第入厩する予定。8月31日現在の馬体重は526キロ。(9月1日更新)
1頭安田厩舎入厩予定馬を獲得したと思ったら

出走機会を求めて、チタンくん、美浦転厩recycle

う~ん、新人調教師、“都落ち”の感を否めません。。。

 
バトルスウィーパー、鞍上決定sign01
9月1日、再度田村調教師より連絡があり「追い切り後も、馬体、脚元などに異常はありません。6日の川崎のレースでは繁田憲一騎手を予定しています」とのことで、9月6日(火)公営川崎・サファイアスター賞(中央3歳以上500万円以下・混合・ダ1600m)に繁田憲一騎手で出走する。(9月1日更新)
地方・中央通じて、初繁田JKです

地方のステッキを受けてどんな走りを見せてくれるのかsign02

当然、久しぶりの勝ち星が望みですrock

 
アーデント @函館競馬場、中山へhorse 【キャロットクラブ転載許諾】
8月31日は函館ウッドチップコースで追い切りました(67秒3-52秒0-39秒1-13秒3)。1日は軽めの調整を行っています。「帰厩してしばらくは念のため様子を見ながら軽めに動かしていましたが、それほど気にならないので今週より追い切りを開始していますよ。水曜日の時計がだいたい5ハロン67秒くらいのところで、動きもお休み前と大きく変わらずいいですね。幸いにも今のところはソエの影響が歩様として出ていていないですし、しっかりケアをしつつレースへ向かっていきます。来週で函館競馬場が閉まってしまいますし、ダートしかない札幌では心もとないので、このあとは涼しくなってくる美浦へ戻します。あくまでも移動後の状態と調整の進み具合になるのですが、早ければ2週目の1800mを目指すことになるでしょう。その場合、鞍上は横山ジョッキーに先約の馬がいるということで蛯名ジョッキーです」(加藤征師)17日の中山競馬(2歳未勝利・芝1800m)に蛯名騎手で出走を予定しています。
典ちゃんがダメでもエビショーとは流石加藤征師good

多少小回りですが、そこは中央場所

今度はゆったりとのびのびとその力の全てを示してくれるでしょうnote

ふふ、またひとつ勝ち星が増えましたhappy01

 
さて、文末になりますが、

ヘタな考え休むに似たり

ここは、思い切って解禁日の本日キャロ1頭軸三連複をポチッとpc

最優先希望馬、当選するといいのですが

あとは、風の盆如く静かに祈るのみですpaper

|

« つづけ、つづけ! | トップページ | ここは名古屋か!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つづけ、つづけ! | トップページ | ここは名古屋か!? »