« SING A SONG | トップページ | 至福の時♪ »

2011/10/19

フライングゲット!

明日の夜のお食事は、準備万端

ひと足先に購入済み

安心して、放送本番を迎えられます

もっとも、明日のWしまこの間の時間が

一番の楽しみでもあったりするのですが

全国の皆さんは、明日の夜、22時こちらをお楽しみください

http://www.ustream.tv/channel/shima-kaori4leaves1_2

 
イブニングラッシュ
10月19日(水)門別11R・ヤングチャレンジカップ・距離1200m戦へ55kg井上騎手で出走しました。馬体重はプラス9kgの450kg、体重は増えていましたが、馬体に太目感はなく上々の仕上がり状態でした。混戦の中、単勝は押し出さるようにじりじりと票を集めて最終的には3.0倍の1番人気。レースでは好スタートを切るも、抑えて先行集団の直後の5番手を追走。道中は馬群の中で揉まれて頭を上げる場面もあり、いったん下がりかけましたが、直線で井上騎手に追われると、一完歩毎に伸びて勝ち馬に迫り、クビ、ハナ差の3着でゴールしています。時計は1分13秒5でした。井上騎手からは「今日は勝つことよりも、砂を被せて厳しい競馬を経験させることを覚えさせました。このため、スタートから無理に抑えて馬群の中へ入れました。道中、嫌な思いをしても、終い伸びてきたのは大きな収穫で、予想以上に反応が良かったです。平和賞へ向けてかなりの手応えをつかみました。楽しみです。」と、林調教師からは「盛岡で減った馬体はすぐに戻り、少し余裕があるくらいだったのですが、調教で強引に絞るよりもレースを使ったほうが馬に負担がかからないと判断しました。今後、重賞戦線で勝ち負けしていくには、先行して楽な競馬ばかりしていたのでは厳しいと思い、力を信じて我慢させる競馬に徹しました。負けはしましたが、馬群の中から伸びてきたレース内容には満足していますし、改めてこの馬のレースセンスの良さを確認できました。次は平和賞(11/16)を予定しています。」とのコメントがありました。
やはり今日は、南関重賞へ向けての厳しい試練

そして、惜しくも敗れましたが、それに応える上々の走り

鞍上、師の評価も手応え十分

さぁ、次は、平和賞

今日のレースを力にひとつ上の舞台で頑張って行こう

 
タイムズアロー、続戦
この中間もかわりなく順調で、テンションも少しずつですが落ち着きつつあります。また前走着順による優先出走権を有していることから(4週間有効です)、続戦することにしました。今週末くらいからペースアップしていく予定で、11/6(日)京都・ダート1800m戦あたりを目標にしていきます。
こちらは、ひとつずつ階段を登って、やがては父の様に

それでも、次走は勝ち切りたい一戦です

 
ジュエルオブナイル @GW、次週15-15再開へ
10月19日、担当者の話では「引き続き馬場コース2000mと坂路1本17-17ペースの調整を行っており、状態は変わりなくきています。小倉での出走を目指すことになりそうなので、来週くらいから15-15を再開し、強目をしっかり乗り込んで帰厩への態勢を整えていきます」とのこと。(10月19日更新)
そろそろ、戦列復帰を目指して

もちろん、次に走るときは必勝態勢

いつまでも1000万下でウロウロしてはいられません

 
ハッシュドトーン @GW、漸く回復
10月初めに3回目のショックウェーブ治療を行い、先週末に4回目の治療を行った。19日、担当者の話では「念のためここまで1週おきのショックウェーブ治療を継続しました。先週末の治療で大分落ち着きましたので、今週から馬場コース1000mを軽目で乗り出しました。今後も脚元の様子を見ながら進めていきます」とのこと。今後は脚元の具合を見ながらペースを上げていく。(10月19日更新)
さぁ、そろそろ来春を見据えてお稽古再開

桜の花は、もう冬を迎える準備です

 
レイヴ、NF天栄へ
10月19日、小笠調教師は「ゲート試験合格後、精神的な疲れが抜けきらないのと、全体的に少し力強さが欠けていますので、放牧に出して体力強化を図りたいと思います」とのことで明日、ノーザンファーム天栄に放牧へ。(10月19日更新)
やはりJRA のお受験は難題

そろそろ何とか改善して欲しいものです

 
ラヴァーズキッス @山元TC、もっとふっくらと 【キャロットクラブ転載許諾】
坂路でキャンター調整を行っています。「引き続き坂路でじっくりと動かしています。帰ってきてからの体はそれほど悪いわけではないけれど、いくらか減っていた部分があったのは確かなのでふっくらさせることを意識していますが、先週末の時点で474キロ。見た目はまずまずですが、これからピッチを上げることを考えるともう少しゆとりを作りたいですよね。キャンターをやる際は速い時計になりすぎないように注意しつつ乗り込んで状態の向上を図っていきます」(山元担当者)
次は、必勝態勢で臨む一戦ですからねぇ

慎重の上にも慎重を重ねて、十分に英気を養った上で

 
アーデント、いよいよ出走 【キャロットクラブ転載許諾】
17日は美浦坂路で追い切りました(53秒3-38秒6-25秒4-12秒3)。19日は軽めの調整を行いました。「予定どおりに来ています。先週の追い切りは多少ハードでしたがそのあとにガクッと来るようなことはありませんでしたし、順調ですね。今週は変則日程にともない水曜日が全休日明けになります。いちょうステークスは土曜日なのでさすがに追い切りからレースまでの期間が短いと経験の少ない若馬には酷かなという気がしましたので、最終追い切りは月曜日に終わらせました。最後は整えるように坂路で53の38半、終い12.3という時計。求めていた通りの時計で上がってきましたし、感じはいいですね。先週の負荷で心肺機能も高まったでしょうし、状態面で不安という不安を抱かずに臨めると思いますよ。未勝利勝ちからいきなりのオープン挑戦ですし、ここはどこまでやれるかですね。いい勝負をしてくれると思ってはいますが、期待通りの結果を出してくれると嬉しいですね。あとは、週末の天気の動向でしょうか」(加藤征師)22日の東京競馬(いちょうS・芝1600m)に横山典騎手で出走を予定しています。
ここをアッサリ勝つようであれば、グンと皐月の花が見えてきます

調子も上々、鞍上も三度典ちゃんと来れば鬼に金棒

負けられません

あっ、でもライブで観られない、許してね

 
アロヒラニ、入厩 【キャロットクラブ転載許諾】
19日に美浦トレセン・久保田貴士厩舎へ入厩しました。「本日入厩してきました。お兄ちゃんのラロメリアが結構元気のいい馬ですから、弟はどうかなと思っていましたが、検疫所から厩舎まで来るときも割と落ち着いていましたし、いい精神状態で入ってきてくれてちょっとホッとしています(笑)。体はひと回りほど大きいし、乗っている際も安定しそうですよね。明日から動かしていきますが、乗れるときがいつ来るか楽しみにしています。馬の格好を見ると所々負担がかかりやすそうな印象を受けなくもないので、そのあたりを注意しながらまずはゲート試験を目標に調整していきたいと思っています」(尾形助手)
いよいよ入厩、しかし、先にも綴った難題が待ち受けています

まぁ、その辺りはここまでじっくり乗り込んできたので

何とかなるとは思いますが、兎にも角にもお受験勉強です

|

« SING A SONG | トップページ | 至福の時♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SING A SONG | トップページ | 至福の時♪ »