« 今夜は… | トップページ | 連休明け… »

2012/05/06

悲喜交々、1週間

GW中サボっていた記事を更新

いろいろありましたが

最大のイベントは、

3日の東京湾C SIII (東京ダービーTR)です

久しぶりの船橋競馬場

愛馬に声援を送りに向かったのですが

結果は…

はい、1日には、胃カメラも飲みました

 
そして、その1日と3日には、奇しくも

富山でしまこちゃんのイベントが…

 
来年のGWは富山に留まろう

そう思った1週間でした

 
そして、5日も悲喜交々

惜しい2着に、バタバタしまこちゃん

少し、残念が残る一日でした

 
GWレース回顧

 
5/3 船橋4日 11R 東京湾CSIII 1700
P5031679_s 
晴天の射水市、爽やかな風の流れる歌声に後ろ髪を引かれながら

雨が残る中、久しぶりの船橋競馬場へ

関係者入り口から馬主席受付までの間の泥濘を気にして

当日は正門から入場、右手にパドック左手にスタンド、懐かしい風景

 
とりあえず、空いていた最前列に席を取りレース観戦

…どうも他のレースには興味が向かない

本番まで2時間

コロッケを片手にビールを一杯

 
10Rの馬場入りが終わると

少々早いものの霧雨が舞うパドックへと足を運ぶ

 
P5031682_s
10R 直前の刹那、メインレースの出馬表が映し出される

 
馬場の方ではファンファーレが鳴り響き、その時は少しずつ近づいて

 
次第にパドックの馬主・関係者コーナーに人々が集まり始める

記者さん以外は、ほとんどがスーツにネクタイ

ジーンズとTシャツ上にWITH SHIMAKOのウィンドブレーカー

…気にしない

 
やがて出走各馬がパドック入場

ポケットサイズのコンデジ、天気も悪くお馬さんの動きについていけない

P5031686_s
一番遠いところ、馬体・歩様とも上々の気配

P5031689_s
気持ちも集中していい感じ

P5031696_s
目の前で漸く捉えた1枚

間違いなくやってくれそう

騎乗前最終周回
P5031705_s
気合も乗ってさらにいい感じに

P5031709_s
コンビの稔JKも頼もしい

馬場入り直後の画像はブレブレ

P5031715_s
返し馬は、軽い足裁きでスタンド前をサーっと通過

 

雨はほぼ止み、うす曇の空に重賞競走のファンファーレが高らかに

 
ゲートが開く

予想通り、外からキョウエイロブストが果敢にハナを主張

イブニングラッシュは番手の競馬と思ったところへ

強引にディーオ、スカイインテンスの2頭が割り込む

 
結局、イブニングラッシュは内目4番手の競馬

 
3コーナー手前から仕掛けて上がるも

3~4角では、逆に先行勢に離される形

直線も伸びることができず、ずるずると後退

 
結局、9番手でゴール

 
勝ち馬は、スカイインテンス、そして、2着は、ディーオ

これまで何度も接戦を繰り返してきた2頭

そんなに差があるはずがない…不可解な敗戦

 
やはり、現状では、逃げ・番手からの競馬ではないと無理なのか

あるいは、不良馬場が影響したのか

結果としては、完全に力負けの一戦

 
東京ダービーの夢、潰えました

 
イブニングラッシュ
5月3日(祝木)船橋11R・第26回東京湾カップ(SⅢ)・距離1800m戦へ55kg吉田稔騎手で出走しました。馬体重はプラス3kgの449kg、前走時よりも馬体がスッキリして見えましたが、張り艶は良く上々の気配でした。単勝は5番人気。レースでは好スタートもハナを主張したキョウエイロブストを先にいかせると、外から他馬にもこられて4番手からの競馬になりました。道中は内目で脚をためていきましたが、3コーナーからペースが上がると離されてしまい、直線でも伸びを欠いて3.6秒差の1分51秒7の9着に敗退しています。吉田稔騎手からは「山崎騎手の馬が強引に行くのはわかっていたので、2番手の外で競馬をするつもりでしたが、1コーナー手前えで1、2着馬に前に入られて、リズムを崩してしまいました。結果論ですが、あそこで引かずに強引に2番手を死守するべきでした。申し訳ありません。泥をかぶる競馬は問題なかったので、展開次第では抑える競馬も試してみてもいいかもしれません。距離はこれくらいがいいと思います。」と、出川調教師からは「いつも戦っていた馬が1、2着の競馬で、外枠でスムーズな競馬ができていれば違った結果になっていたでしょう。馬の状態は上がってきていますので、今後は夏の黒潮盃を目標に賞金を加算していきます。」とのコメントがありました。
先ずは賞金加算、そして、格付け

8月のTCK・黒潮盃 SII へ

となると、6月の船橋開催は、当然必勝

このままでは終われない

 

ャードリー
5月5日(土)新潟3R・芝2000m(牝)に高倉騎手で出走し、馬体重は前走から+2の418kgでした。レースでは、五分のスタートを切ると押して先行していき、好位4番手につけて進めました。道中はスローペースで流れると、3コーナー手前から早めに外から後続が動いてくるのに合わせて、前との差を詰めていきました。直線は先に抜け出した勝ち馬と一騎打ちになりましたが、本馬も伸びてはいるもののなかなか交わすことができず、最後はクビ差の2着に惜敗しています。騎乗した高倉騎手は「ある程度のポジションを取りに行くことはできましたが、その分最後は甘くなってしまった印象です。直線は雨で緩くなった馬場にノメッている感じもあり、良馬場だったら差し切れていると思います。すいませんでした。」と頭を下げてコメントしています。また加藤師は、「内で包まれたくなかったので、前で競馬をするように指示していました。騎手は上手く導いてくれたと思うのですが、この馬場が最後は影響しましたね。優先権はありますが、輸送競馬の後になりますので、厩舎に戻ってからの馬の状態を見極めて、今後を決めていきましょう。残念です。」と肩を落として話していました。
楽な手応えで3~4角を上がり

直線向いた時の様子では楽に差し切り

と思ったのですが…

 
最後は逃げ馬と脚色が一緒に

クビ差及ばず2着惜敗

しかし、前残りの馬場とは言え、勝ち馬の鞍上…

悔しくてなりません

 
何とか体調を維持して、このまま続戦

次走必勝を願います

 
ラヴァーズキッス、14着 【キャロットクラブ転載許諾】
5日の新潟競馬ではスタート後に押してハナを奪う形に。道中のペースはそれほど速くなかったが、直線では粘りを見せられず14着。「枠が枠でしたし、積極的にと先生から言われていましたのでスタート後に押して行きました。その時に少し脚は使ったものの、その後は思ったよりもペースが落ち着いていました。この馬のリズムで運べていましたし、手応えもあったのですが、直線では急に止まってしまいました。気性面を考えて返し馬からじっくり下ろしていきましたし、道中もそんなことはなかったと思うのですが、最後で気持ちが切れてしまったのかもしれません。少しでもいい走りをさせてあげたかったのですが、申し訳ありません 」(高倉騎手)「昨日までの雨も今日の天気で馬場が乾いていたし、開幕週ということを考えても前々に付けないと勝負にならないなと見ていました。枠が違っていれば別の乗り方もあったでしょうが、今日の枠だと積極的に行くか、下げて外を回すかになってしまいます。もちろん他馬の動き次第で中団や好位に付けられる場合もあるけれど、内に包まれてそのままと言うこともあり得るし、自分の走り云々ではなく他馬により合わせる必要が出てきてしまいます。元々極端に切れる脚を持っているわけではないし、先ほども言った馬場のことを考えたら積極的に行って悪くない競馬をしてくれました。ただし、直線ではだらしな過ぎるかな。道中のペースはそれなりに落ち着いていましたし、全体の時計も未勝利を勝っている時よりかかっていますからね。前回の中京遠征の際は、競馬場に着いてからカイバを食べてくれずに体が寂しくなってしまいましたが、今回はこの馬なりにしっかり食べてプラス体重。もちろん数字だけでなく見た目にも前回より良かったのは確かです。それを考えても、もっとやれてもいいはずですし、状態と言うよりは何か気持ちの面があるのかな。今後についてはまずはレース後の状態を確認したいと思いますが、馬体の維持がポイントの馬であまり詰め込み過ぎるのは良くないですし、気持ちの面のリフレッシュも促したいと思います。また、芝のレースだと間隔も必要になってくるので一度放牧に出すことを考えています」(加藤征師)前走は馬体が減っていた影響が考えられましたが、今回はしっかりと馬体を戻していい状態で競馬に臨めました。馬場状態や枠を考慮して積極的な競馬を試みましたが、最後は気難しい面を出してしまったのか、伸びを欠いてしまいました。今後は心身のケアを行うために放牧に出してリフレッシュさせる予定ですが、本来の走りができればもっと上位争いできるはずですから、次走で巻き返したいところです。
前残りの馬場、逃げの手は間違いではありませんが…

本当に直線向いてからがだらしなさ過ぎます

その上、これで放牧と同じことの繰り返し

それで、戻ってくるのでしょうか…

加藤先生の下に置いて、何とか調整できないのでしょうか

 

話は大きく変わって、5日はFMとなみひねもすラヂオ

万葉線のうた』のPRにしまこちゃん出演

これまでにも何回かチャンスはあったのですが

この度、初めて声援に行って参りました
Pict0112_s

何か本当に久しぶりに見るしまこちゃん
Pict0012_s
今日も可愛いです

そして…
Pict0013_s
珍しく(←殴られるな、きっと)、おしとやかに手を添えて笑う

Pict0022_s
はい、これが本物です(←蹴られる)

数多く寄せられたお便りを読んでいただき

MCのナベッチさんと談笑
Pict0062_s

腕組みをして真剣に語るしまこちゃん
Pict0065_s

ここで弾き語り披露

先ずはギタコちゃんの調子を窺い
Pict0076_s

万葉線~ずっと未来へ~
Pict0083_s

今日は1番だけの披露でした…2番の歌詞も可愛らしいのにね

そして、『万葉線のうた』のCDおよび販売所を紹介
Pict0092_s

最後は、リクエスト多数の『レッツ!まんようせん♪』を流してもらい

エンディング

Pict0094_s
可愛い

 
この後、お部屋のリフォームのため、

しまこちゃんは、足早に帰宅

お疲れ様でしたぁ

 
やっぱりいつもそばで見とれていたいわぁ

 

つづいては、GW中の出来事含め愛馬たちの動静を順不同で

 
レイクサイドカップの10 @社台F、ダートでビシビシ
メイントラックの直線1000mのダートコース入りして1ヶ月が経過しましたが、かなりの負荷がかかっているにもかかわらず、休まずにこなしているのは頼もしい限りです。動きも着実に良化してきており、馬体重は480kgまでになりました。
体も大きくなって、このまま進めば…

牡馬を相手にしても遜色ない働きが期待できそう

目標は、夢の東京ダービーか

川島厩舎入り、期待の大器

秋までじっくりと鍛え上げます

 
スヴェリアート @OFリリーバレー、皮膚病っすか
この中間も徐々に調教を進め、屋内周回ダートコースのキャンター調教から、ハードな屋内坂路コース(1000m)に週2日入れ始めていたのですが、4月下旬に帯道のあたりに軽い皮膚病が出てしまったため無理せず一旦騎乗調教を控えています。鞍を付けず、ウォーキングマシン運動や、ロンギ場での調馬索運動をしっかり行っており、全身を使った基礎運動を復習する期間にもなりました。治療の効果もあって、症状は順調に回復してきましたので、来週より騎乗調教を再開する予定です。まだ体つきも幼さを残していますので、今後も馬体の成長を図りながらじっくり鍛えていきます。現在の馬体重442㎏です。
まぁ、それは皮膚の薄い良馬の証でもあります

いい休養期間に充てて、来週からしっかりと

この仔は、小柄なウォー産駒のようです

 
チタニウムヘッド、上々の1週前追い切り
5月13日(日)芝1600mに向けて調整中。5月2日、木村調教師は「本日、田中博康騎手を背にポリトラックコースで時計を出しました。手元の時計で、5ハロン66.5秒、終いが11.8秒でした。思っていた以上に反応も良く、追い切り後の歩様も問題はありません。ゲートに少し不安がありましたので、追い切り後にゲート練習を行いましたが、問題ありませんでした」とのことだった。(5月2日更新)
さて、本番ではどう出ますか

そろそろ、走ってくれないと…

頼んだよチタンくん

 
ジュエルオブナイル、1600万2戦
5月2日、荒川調教師は「本日も坂路での調教を行っています。良く動いていましたし、予定通り京都の来週12日(土)京都・彦根S(芝1200m)に向かいたいと思っています。鞍上は川田騎手に声をかけてあります」とのこと。このレースの後、順調なら中1週で26日(土)京都・朱雀S(ハンデ・芝1400m)と、京都で2戦する予定だ。(5月2日更新)
彦根S勝って、次はOPの安土城Sでしょ

弱気なことは書かないでほしいなぁ

川田JKなら、何とかしてくれるでしょう

 
バトルスウィーパー、帰厩
5月2日、ジョイナスFから帰厩。5月2日、田村調教師は「今日帰厩させます。明日から乗り始め、東京開催中での出走を目標に進めていきたいと思います」とのこと。(5月2日更新)
さぁ、いよいよバトルくん

踏み切ってジャ~ンプっ

はじまりはじまり

目指せ中山大障害 J-GI

 
メンブランツァ、新潟3週目へ
5月2日、矢野調教師は「明日帰厩させる予定です。2~3本やれば十分使えそうな状態ですので、新潟・3週目で使えればと思います」とのこと。(5月2日更新)
一言

使って、すぐお休み

とならないよう、お願いします

 
ハッシュドトーン @GW、17-17開始
5月2日、担当者の話では「左前のソエも1回目のショックウェーブ治療でほぼ症状は落ち着いていましたが、念のために2回目の治療を行った上で乗り進めています。先週より馬場入りし、昨日1日から坂路1本17-17のメニューを乗り出しました。脚元は問題ないのですが、毛艶がもう一つで体調面がまだ戻りきっていない感じなので、このまま乗り込んで良化を促したいと思います。飼い葉も食べていて馬体は回復傾向にありますので、様子を見ながら進めていきます」とのこと。(5月2日更新)
まぁ、ゆっくりと立て直して

充実の秋を迎えましょう

 
レイヴ、続戦へ
5月2日、小笠調教師は「レース後も、脚元、馬体に異常はありません。明日から乗り始め、5月20日(日)東京・ダ1600mに向けて調整していきます」とのこと。(5月2日更新)
あの馬体を見れば叩き良化は間違いなし

ここは軽く連勝で1000万下へ

目指すところ、先ずは武蔵野S

来年は、ドバイか

 
フェイルノート @NF天栄、腰ねぇ 【キャロットクラブ転載許諾】
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「トモの状態がもうひとつだったようでしたが、続けて使っていたこともあって今回こちらへ帰ってきました。厩舎からは首の張りが少しあるけれど歩様などに極端な違和感はないと聞いていたので、到着後もそのことを踏まえてチェックしたんです。実際トモの歩様は極端なハ行を起こしたりはしていませんでした。ただ、腰に疲れがあるのは確かなので、精神的なものも含めて、少しずつ動かしながらリフレッシュさせていけるようにしていきたいと思っています」(天栄担当者)
なかなか、体質改善とは行かない様ですねぇ

いつまでもこの辺りのクラスでウロウロ

困るんですけど…

 
アーデント @NFしがらき、ケアしつつ 【キャロットクラブ転載許諾】
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「まだトモや背腰にいくらか疲れが残っているようなので、低周波治療などでケアをしつつ、周回コースでじっくり乗り込んでいます。体が解れてくるのを待って、徐々にペースを上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)
うまくラジNIKEに合わせて調整

賞金加算して秋の大舞台へ

天皇賞(秋) GI が大目標でしょうか

 
アロヒラニ @NF空港、メニュー変わらず 【キャロットクラブ転載許諾】
ウォーキングマシンでの運動とトレッドミルでハロン20秒のキャンターを行っています。「まだ乗り運動の再開には至っていませんが、一歩一歩確実に負荷を強めることができていますし、順調ですね。いい流れの中で調教を進められているのは間違いがありませんし、状態を見ながら今後もしっかりと動かしていきたいと思います」(空港担当者)
それでも、ソロソロ乗り運動再開が望まれます

秋の飛躍へ何としても

 
アステリックス @NF天栄、筋肉がやや硬め 【キャロットクラブ転載許諾】
周回コースか坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の後半に北海道からこちらへ移動してきました。目立った疲れもなさそうでしたので、少し楽をさせたのちに動かし出していますよ。コースの日もあれば今日のように坂路も入っています。捌きはいい馬ですが、筋肉がやや硬め。これまでの様子から言えば少し力んで走りがちなところがあるからそういった面が見られやすいのかなという気はしますが、悪い馬ではないですね。具体的な予定は決まっていませんが、まずはこちらに慣らしながら動かしていって、入厩に備えていきます」(天栄担当者)
この仔で初めて目にする言葉ですねぇ

ただの輸送疲れではないでしょうか

それでも、『入厩』この文字、出てきましたねぇ

 
バリローチェ @NF早来、メニュー変わらず 【キャロットクラブ転載許諾】
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調教を行っています。育成前からバランスの取れた好馬体、柔らかい歩様など随所に素質の高さを窺わせていましたが、ここ最近は徐々にその素質に見合った走りができるようになってきた印象です。牧場としても期待している馬ですし、馬体にしっかりと芯が通った時にはどれほどの走りを見せてくれるのか、とても楽しみにしています。今後も日々の調教でじっくりと鍛えていきます。
この時期は、しっかりと芯から鍛えて

大輪の花を育てましょう

もちろん、目標は、2013年オークス

そのまま、アメリカンオークスかな

|

« 今夜は… | トップページ | 連休明け… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜は… | トップページ | 連休明け… »