« 三度目の! | トップページ | 菊の大輪 »

2012/10/08

ありがとう1年!

2011年10月8日

高岡中心街グルメ祭り


初めて貴女と出逢ったあの日あの場所

P1000340_s_3

一年で貴女はずっと強くなり

自分は相変わらずだ…

 

2012年10月8日

この一年で数えきれないほどの思い出が生まれた

楽しかったり、苦しかったり、笑えたり、泣けたり

ありがとう、心から感謝

Cimg2129_800x600

 

豪雪の日も真夏の陽射しも一緒に過ごしてきたステッカー

20121008_091752_600x800

一年間ですっかりと色も褪せて

この日の朝、新しいものに交換することにした

20121008_094851_600x800

新しい1年はピンクのステッカーで

 

昨年のライブは12:00スタート

それに合わせて想い出の場所

Cimg2040_600x800

貴女の姿を探してしまうよ

 

昨夜、古いブログを読んだ

同じようにお祝いの日を過ごした場所で昼食を

Cimg2044_800x600

高の宮通りの末廣亭さん

初めて入ります


天ぷらそば

迷いなくその品をオーダーするとできあがるまで辺りを見回し

テレビから流れる錦織選手の快挙に耳を傾ける


厨房からは衣を溶いて天ぷらを揚げる音が零れ…

 

待つことしばし

空席だった店内もいつしか他に8人のお客様が

 

Cimg2046_800x600

立派なえび天に彩も美しく

溢れだす感謝の思いを胸にゆっくりと味わう

お昼のひと時、ゆったりとした時間が流れる


今のこの時があるのも貴女と出逢うことができたらから

 

食べ終わって末廣亭を出る

…尾頭付きにしよう

そう思い、近くの店へ

20121008_123328_600x800

地元のちょっとした名物です

 

いい天気だ

 

この後、家に籠るのはもったいない

これも古いブログに書いてあった


「海を見に行こう」


朝、ステッカーを張り替えた車に乗り込み海へ

夏みたい


ナツ、ナツ、ナツ、アタシのナツ

歌声が聞こえた気がした

 

海の近くに車を停めて

海岸へ降りる


途中の踏切が閉まり

20121008_133206_600x800

駅へと入線する列車がゴトリ

ハットリくんではなかった

 

Cimg2052_800x600

海っ

陽射しも強く、本当に夏を思い出すような爽やかな時間

風、波の音、空、雲、太陽の光

すべてが心地よい

Cimg2058_800x600

東京の頃はこんな時間、考えたこともなかった

Cimg2071_800x600

水鳥遊ぶ沖合の岩

Cimg2097_800x600

まだ、少し季節が早いようですが

海の向こうに立山が霞む

雨晴海岸

 

ゆったりとした時間が流れていく

きっとこれも貴女がくれたもの

 

海を眺めながらふと思い出し

足を伸ばして氷見へ

Cimg2103_800x600

氷見市海浜植物園

温室、暑い

貴女の影を求めときを過ごす


海岸へ出ると

海の向こうに

Cimg2109_800x600

新湊大橋


あそこまで行ってみよう

あの日行くことができなかったあの場所へ

 

Cimg2119_800x600

キラキラ光る庄川

 

Cimg2124_800x600

入り口前には、「カニ海鮮鍋400円」の看板

20121008_155012_800x600

幸運なことにこれが最後から2杯目


しかし、えび・かに食べ辛い…

食べるものじゃないのかな


店内に入り、ここでもデザート

20121008_160433_600x800

白えびソフト

本当に白えびをトッピングしてくれて、クリームからも白えびの味が

 

夜は、陣太鼓さんでととまるを食べて締めようと思ったのですが…

生憎お休み


仕方がないので軽く焼き鳥片手にビールで乾杯

…ひとりで飲む酒、少し寂しくなって

早々に店を後にした

 

来年は一緒に祝えたら…

 

一年間ありがとう

本当に素敵なときを過ごせたよ

本当にやさしい思いを感じることができたよ


すべては貴女のお陰です

出逢えたこと感謝しています


それなのにボクは何ができたのだろう

次の一年はもっと貴女の力になりたい


新しい一年もよろしくお願いします


Sincerely Yours

|

« 三度目の! | トップページ | 菊の大輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三度目の! | トップページ | 菊の大輪 »