« 花の家 | トップページ | 東京 »

2012/11/11

ほのぼのかふぇらいぶ19回目

それは体調のせいだろうか

あるいは体調はそれのせい


なんとなく気分がすぐれず

気乗りがしないでいた


なぜだかわからないけれど

こんなこと今までなかったのだけれど

 

Cimg4216_800x600

 

まるで夢から覚めかけているような

それでいてまだ眠い

とても不安な夜明けのように

 

頭の痛みで目を覚ました

ほんとうに突然の痛み

週初めの不調は回復したはずなのに

なぜか再び

 

それは兆しなのだろうか

定められたものなのだろうか

 

それでも今日はきっと大切な日

なんとかそれに備えて体調を整えようとしていた

朝のイベントを回避しても

そこには参加しようと思った

 

体調、おそらく精神的なものは回復しないまま時間だけが過ぎてゆく

 

車の中、寒さで震えが止まらない

いつもならこの上なく楽しいはずの時間が寂しい

雨がフロントグラスに打ち付ける

 

いつものメンバー

いつものスタッフ

そこには何も変わらない景色があった

景色だけは変わっていなかった

 

ライブが始まる、いつものように

すこし戸惑うように

 

どうしてか1曲1曲をいつもよりもずっと大切に聴いていた

時に表情を見詰め

時に音だけを見詰め

時にその姿を焼き付け

 

いくつもの思いが脳裏をよぎる

懐かしい記憶、想い出

 

ところどころ現を抜け出して

夢を見ていた

懐かしい日の夢を

 

そんなに遠くない日々なのに

なぜだかとても離れて感じる

 

 

東京

そこは自分の生まれた場所

けれど今はなぜか遠く感じる場所

 

近くにいても逢いに行かなければ逢えない

遠くにいても逢いに行けば逢うことができる

ほんとうに簡単なことなのに

今はとてもむずかしいことのようにも感じられる

 

微かに心離れて

その心が見えないからなのか

不安な気持ちが渦巻いて

もやもやとした胸の内

晴れない

 

それでもやっぱり逢いたくて逢いたくて逢いたくて

その気持ちは変わらないみたい

その思いだけはつづいているみたい

 

だけど求めるほどに離れていく心

 

いかろすのつばさ

 

太陽に近づきすぎてはいけないのだろうか

その手を伸ばして…

なぜか哀しい

 

信じていても

信じているからつらいのだろうか

求めてはいけないのだろうか

望んでは…

 

うまく笑えたかな

初めての1枚だったのに

 

2枚の写真

その真ん中にはもちろん

そして、その上にはどちらも同じ

そっと手を伸ばせば届く場所

 

1年と少しの時間

短くて長い

たくさんの想い出

想像すらしていなかった出来事

 

たくさんの笑顔

たくさんのやさした

たくさんの温もり

たくさんの歌声

たくさんのなかま

 

でも今はとても寂しい、切ない

 

門出の時

祝う言葉は

祝う笑顔は

まだわからない

まだ…

 

そっとその場を後にしていた

 

 

 

セットリスト~

1愛の実<Gt>

2君の風<Gt>

3A<Gt>

4サンズスマイル<Gt>

5幸せのかたち<Key>

6お揃いのパーカー(仮)<Key>

・ロックな新曲(すこしだけ)<Key>

 

しまこと一緒ゲーム

Aナツ<Key>

ハッピーバースデーしまこ(バースデーケーキ)

 

7金木犀の約束(仮)<Key>

8なかま<Gt>

9CAN~夢の扉~<Gt>

Enc.1人と夢とイキルこと<Gt>

Enc.2約束の指輪<Gt>

 

Cimg4223_800x600

 

ずっと愛おしい、ずっとずっと

|

« 花の家 | トップページ | 東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の家 | トップページ | 東京 »