« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年10月

2013/10/31

船橋三連日

何やってんだぁ西村ぁangry

やっと追いついた後の先頭打者投手へ四球てありえんし…

菅野がどこまで頑張れるかやなcatface

 

アンブルサイド、ダイゼン賞three
10月28日(月)船橋10R・ダイゼン賞(C1C2選抜牝馬)・距離1500m戦へ55kg御神本騎手で出走しました。馬体重はプラス4kgの480kgでした。パドックでは引き続き張りのある体を維持しており、好気配でした。レースではスタートで遅れて、中団7番手からの展開になりました。道中はやや掛かり気味でしたが、手応えは十分でした。3コーナー手前から外を回ってスパートを掛けて、一気に差を詰め、直線では勢い良く追い込んできましたが、ゴール前で競り負けてしまい0.2秒差の3着に敗れています。タイムは1分36秒9でした。御神本騎手からは「スタートで遅れて外を回りすぎてしまったのがゴール前で伸びを欠いた敗因なのですが、前走時よりも背腰が固く、疲れてきたように感じました。」と、前川厩務員からは「出遅れて強引な競馬になってしまいました。次はゲートで尻尾を持ってみます。」と、川島正行調教師からは「無理はしていないのですが、直前の調教が強すぎました。牝馬なので、軽くしないと。今後については馬の状態を見ながら、検討します。」とのコメントがありました。
スタート悪く中団後方から

それでも三角手前から前進

大外回って直線へ

一旦先頭も勝ち馬に粘られて…

 

ロジータ記念は、なしかな?

東京シンデレラマイル、間に合うかなぁ

 

イブニングラッシュ、一茶特別five
10月29日(火)船橋12R・一茶特別・B2(一)組・距離1600m戦へ笹川騎手55kgで出走しました。馬体重はプラス1kgの468kg、少し馬体の張りが落ちてきたように感じましたが、歩様はスムーズでマズマズの気配でした。レースでは好スタートから楽に先頭に立ち、ハナを切る展開になりました。12秒台後半のラップを刻み、後続馬を引きつけてマイペースの逃げに持ち込み、手応え十分のまま4コーナーを回りましたが、直線で2番手の馬にかわされると脚色が一杯になってしまいました。内ラチ沿いで笹川騎手に懸命に叩かれると、差し返すところも見せましたが、決めてを欠き0.4秒差の1分43秒2の5着に敗退しています。笹川騎手からは「返し馬の感じが良く、相手関係も楽だったので期待していました。スタートが決まってマイペースで逃げられ、自分の競馬ができたのですが、最後は一杯になってしまいました。」と、出川克己調教師からは「馬場の内側に砂が入って重くなっていたのと、人気薄の2番手の馬が勝負がかりだったようで、予想していた以上に競られてしまい、決して楽なペースではなかったです。それでも、この相手なら逃げ切らないといけないのですが。次の船橋も同じ条件の1600mを予定しています。」とのコメントがありました。
好発から最内枠を利してマイペースの逃げ

直線向いても手ごたえ

と思えたのですが、ずるずる後退

それでも0.4秒差に粘ったのは一歩前進か

 

ライブリーソウル、平和賞SIII10着
10月30日船橋11R・第59回平和賞(SⅢ)・距離1600m戦へ真島騎手で出走しました。馬体重はプラス7kgの465kgでした。船橋競馬場への入厩時より、体の張り艶が落ちたように見えましたが、パドックでは適度な気合い乗りで集中して歩いていてマズマズの気配でした。レースでは五分のスタートを切ってスーッと好位につけましたが、外から被され砂を被ると頭を上げて行きっぷりが悪くなり、ステッキを2発、3発入れながら1、2コーナーを回りました。向正面での反応も鈍く、終始手綱を動かして気合をつけながらの追走になりました。それでも直線入り口では、3番手まで上がってきましたが、そこから伸びを欠き10着に終わっています。タイムは勝ち馬から2.8秒差の1分45秒7でした。 真島騎手からは「小野調教師から、先行馬が揃っていたので、1番人気の張田騎手の馬を目標に抑えていくよう指示されていました。スタートから好位置を取れたところまでは良かったのですが、砂を被ると嫌がってしまい気合いをつけながらの追走でした。返し馬の時に鳴いていたように、まだ幼い面があり、競馬でもハミを取ったり抜いたりしながら走っていました。直線で伸びなかったのは、トモが緩くて走りがバラバラになったため、最後は流しました。適距離は1400~1600mで、3歳になってから変わってくる馬だと思います。」と、小野調教師からは「門別競馬場で調教していて、左回りがスムーズに走れなかったため、早めに船橋競馬場へ移動したのが失敗でした。1週間という調整期間が2歳馬にとっては厳しかったようです。抑えていく作戦も裏目に出てしまい、申し訳ありません。今後については、このまま出川克己厩舎へ転入します。」と、出川克己調教師からは「勝った馬より素質は数段上なのですが、調整の失敗で負けてしまったのでしょう。船橋競馬場へ来た当日から飼葉をバリバリ食べて、2日目までは絶好調だったのですが、その後環境に慣れてテンションが上がってしまい徐々に状態が落ちてしまいました。1週間という期間は古馬でも調整が難しいです。長距離輸送して使う場合は、3着の馬のように前日の夕方入厩がベストでしょう。必ず走ってくる馬なので、立て直します。」とのコメントがありました。
まずまずのスタートもすぐに怪しい状態

終始ちぐはぐな競馬

それでも直線入り口で一旦3番手に

最後は失速。。。

 

おなじみの出川克己厩舎へ転入です

ま、交通費も能検も免除だしね

 

小野先生、これまでありがとうございましたhappy01

| | コメント (0)

2013/10/19

1億円は伊達じゃ困る!

10月に入って初白星が上がったのでcoldsweats01


トゥザワールドcrown優勝
19日の京都競馬では五分のスタートから4、5番手を追走。直線は馬場の真ん中をスムーズに伸びて優勝。「まだ体が完成されていない分、捌きに硬さはあるのですが、気配は初戦よりずっと良くなっていました。返し馬で物見をしていたので、あまり早めに抜け出さないように注意しましたが、直線もどこが開くか待つ余裕がありましたし、勢いがついてからは前に出過ぎないように注意するぐらいでした。今日は調教のようなレースでしたし、力が違ったと思えるような内容でした。まずは2戦目で順当に勝つことができてホッとしています。ありがとうございました」(川田騎手)「ここはキッチリと結果を残しておきたかったので、まずはその狙い通りとなって嬉しいですね。着差以上に強い内容だったと思いますし、あの走りで結果を出せたことからもダメージは少ないはずです。今日は東京に臨場しているのでまずは馬を見てからですが、使ってさらに良くなるでしょうし、問題がなければ続戦させるかもしれません」(池江師)初戦こそ敗れましたが、今日は一度使って順当に良化した姿を見せてくれました。直線はいつ前を捕えようかという余裕たっぷりの内容に見えましたし、着差以上に強い競馬でしたから、次のレースがさらに楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
ここは当然の勝ち星

余裕残しで次なる一戦へ

京都2歳Sあたりでしょうか

このまま順調に来春の大舞台へpunch

 

アーデント、甲斐路Shorse
16日は軽めの調整を行いました。17日は美浦北Cコースで追い切りました(66秒4-51秒7-37秒4-12秒4)。「先週同様に追い切りは北のCコースで行いました。ここはダートコースですが実戦同様左回りでの調教が行えますし、適度な負荷も求められますからね。追い切り頭数が比較的少ないのも魅力的な点のひとつです。最短で今週の競馬を考えていたわけですからジャッジするためにもそれなりにしっかり動かすようにしました。全体で66秒ちょっとの終い12秒半。余力はあったようだし、動けます。まだいくらか口の硬さはありますが、広いコースでうまく対応してほしいと思っています。乗りやすい状態ではないだけに誰でもいいというわけにはいかないでしょうが、菊花賞の裏で上位がなかなか捕まえられない状況で後藤ジョッキーをおさえられていることはプラス要因でしょう。準オープンとなるとそう簡単ではないので強気なことは言えませんが、いい競馬を見せてほしいと思います」(加藤征師)20日の東京競馬(甲斐路S・芝1800m)に後藤騎手で出走いたします。
出遅れ、追撃、四角膨れて・・・

ちぐはぐな前走

今度こそrock

 

アンブルサイド、負けられぬpunch
10月28日船橋・ダイゼン賞(C1C2選抜牝馬)・距離1500m戦への出走を予定しており、この中間は10月15日(火)に内馬場で3Fから41.6秒の時計を馬なりでマークしています。前川厩務員からは「ショックウェーブ治療をして、背腰が大分楽になりました。前走以上の動きですので、3連勝を期待しています。」とのコメントがありました。
まだまだこのくらい程度のクラス、しかも牝馬限定戦

負けるわけにはいきませんsign03

 

ライブリーソウル、平和賞SIIIhorse
笠松の馬が回避したため、繰り上がりで10月30日船橋・平和賞(SⅢ)・距離1600m戦へ選出されました。このため来週10月23日(水)着で船橋競馬馬へ移動する予定です。鞍上は真島騎手に決まりました。
南関馬相手なら

勝って堂々南関転入へ

川島先生って感じじゃないから、克己先生とこかなsign02

| | コメント (0)

2013/10/04

フナッシー

このところとても頑張ってくれている我愛馬たち

どうやら月末船橋に大集合!

梨汁プシャー!

ヒャッハー(笑)


イブニングラッシュ

前走のレース後も馬体に異常なく、次走は10月28日(月)からの船橋開催での出走を予定しています。
アンブルサイド
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は10月28日(月)からの川崎開催での出走を予定しています。
ライブリーソウル
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は10月30日船橋・平和賞(SⅢ)・距離1600m戦への出走を目標に調教を進めていきます。

 

アンブルサイドの「川崎開催」は「船橋開催」の誤り

この開催にテイクを除く現役3頭が勢揃い

観に聴きたいけれど…難しい

 

あ、そろそろカッキー娘の名前考えないとcoldsweats01

| | コメント (0)

2013/10/01

所有愛馬近況

最近はFacebookばかりでサボっておりますが…

今年はなかなか順調

そんな原動力となっている地方オーナーズ所有馬の近況を


イブニングラッシュ
9月25日(水)船橋9R・ファビィサドル特別(JRA交流)・距離1800m戦へ57kg左海騎手で出走した。馬体重はマイナス1kgの466kgでした。パドックでは馬体の張り艶は良好も、まだ踏み込みが浅いように見えました。レースでは好スタートから、積極的に仕掛けてハナを切る展開になりました。道中はやや掛かり気味で前半3ハロンのラップが35.5秒のハイペースになり、3コーナー中ほどで手応えが無くなるとズルズル後退してしまいました。直線は馬なりで流したため、勝ち馬から4.2秒差の1分58秒5の13着に敗退しています。いつもは辛口の左海騎手からは「一度叩いて、状態は上がっています。トモ入りが良くなり走りもしっかりしてきたのですが、今日は展開が厳しかったです。3コーナーでの不利については、中央の騎手は何度言ってもきかないので仕方ないです。不利を受けた後は、次のことを考えて負担のかからないよう無理には追いませんでした。ただ1800mは少し長いように感じるので、1600mか1700mで内枠を引ければ勝ち負けの競馬になるでしょう。」と前向きなコメントがありました。出川克己調教師は「勝った馬は強かったのですが、2番手の馬に必要以上に競り込まれたうえに、3コーナーで急激に内へ斜行されてしまいました。コーナーを回る技術がないようで、抗議はしませんでした。次は浦和か船橋になるでしょう。」とコメントしています。
このところ何かと結果は出ませんが復調気配

次走では何とか形を残してほしいところrock

 

アンブルサイド
9月27日(金)船橋8R・薄特別・3歳・距離1600m戦へ御神本騎手54kgで出走をしました。馬体重はマイナス2kgの476kg、パドックでは落ち着いていて馬体の張り艶も申し分なく、パーフェクトな仕上がりでした。単勝は1.3倍の断然の1番人気。レースではスタートで隣の馬と接触した後、馬体を併せての競り合いとなりましたが、馬なりのまま先頭に立ちました。掛かり気味に飛ばして向正面に入ると、前半1000mの通過が60秒0と日本テレビ盃(JpnⅡ)より速いラップで2番手以下の馬を1秒以上引き離す、大逃げとなりました。2番手の馬が3コーナー手前で失速する殺人的なペースでしたが、手応え十分のまま4コーナーを回ると、直線では追いかけてきた馬を突き放しました。ゴール前では後方から追い込んできた馬に迫られたものの、半馬身凌いで見事に連勝を飾りました。勝ち時計は1分42秒9でした。御神本騎手からは「今日は今までとは雰囲気が違い、返し馬の時から落ち着いていたした。これなら大丈夫だと思っていたのですが、スタート直後に隣の馬にぶつけられ、その影響でハミを噛んで抑えが効かなくなりました。かなり速いペースで飛ばしたため最後は一杯になってしまいましたが、普通に走れば距離は問題ないと思います。」と、前川厩務員からは「普段世話をしている時も、何か気にいらないことがあると、プッツンしてしまう馬なので、あの接触は厳しかったです。それでも勝つので凄い馬です。レース後、息の乱れは全くありませんが、次は間隔をあけましょう。」と、川島調教師からは「前半と後半の3Fが、約8秒違う競馬は中々見られません。普通の馬なら殿り負けでしょう。距離などの問題ではなく、改めてこの馬の強さを確信しました。ウォーエンブレム産駒の大物ですので、無理せず大事に育てていきます。」のコメントがありました。
遅れてきた大物

毎月コンスタントに勝ち星を重ねて

次走ロジータ記念から暮れのシンデレラマイルかsign01

 

テイクユアチョイス
9月19日(木)大井11R・ゴールドジュニアー・距離1400m戦へ54kg真島騎手で出走しました。馬体重はプラス17kgの450kg、デビュー戦と同じような気合い乗りでしたが、腰回りに筋肉がついて歩きがしっかりした印象を受け、成長が感じられました。レースではスタートを決めると、馬なりのまま行きっぷり良く飛び出していいましたが、2番手に控えて向正面に入りました。比較的遅い流れの中、折り合いがついての追走となり、楽な手応えで4コーナーを回りました。直線では馬場の真ん中から伸びて、先頭に立ちましたが、ゴール前で最内から伸びてきた1番人気の馬に競り負け、クビ差で惜しくも2着に終わりました。真島騎手からは「ゲートの中で落ち着きがなかったのですが、スタートのタイミングは合って楽に先行することができました。正太郎の馬が行くと思っていたので、2番手は最初から決めていました。道中の折り合いはついていたのですが、最後伸び切れなかったのは久々の分でしょう。勝った馬は順調に競馬を使ってキャリアもあるので、能力的にはテイクの方が上です。距離は問題ないので、先々のことを考えて砂を被せる競馬も教えていきたいです。」と、蛯名調教師からは「背が伸びているので、馬体はもっと増えていい馬です。入厩時より体が減ってしまったのが誤算でした。普段から早い時間帯に調教している馬なので、初ナイターは問題なかったです。あそこまで行ったら勝ちたかったのですが、休み明けとキャリアを考えれば良く頑張ってくれました。距離もこなしてくれそうなので、次は川崎のローレル賞へ向けて調整していきます。」とのコメントがありました。
この後、右前脚の裏筋に腫れが出ていますが

幸いエコーでは問題なし

暮れのノットオーソリティとの対決、楽しみですpunch

 

ライブリーソウル
9月26日(木)門別11R・イノセントカップ・距離1200m戦へ55kg五十嵐冬樹騎手で出走しました。馬体重はプラス2kgの458kg、ここ数戦の張りのある馬体を維持しており、好気配でした。レースでは五分のスタートから押していき、4番手につけました。ニシケンモノノフが速いペースで飛ばす縦長の展開の中、道中は追走に苦労して5番手までポジションを下げました。3、4コーナーで内から追い上げて、直線では馬場の真ん中へ持ち出して追われると、3着争いに加わりましたが伸び切れず、レコード勝ちした馬から1.2秒差の1分12秒7の4着に終わりました。五十嵐騎手からは「競馬で揉まれたことがないためか、砂を被るとハミを取らなくなり、離されてしまいました。まだ気性的に幼い面があり、本気では走っていません。背中の感触はいいものがあるので、これから大きく変わってくる感じがあります。距離に関しては、短いほうがいいと思うのですが、芝も合いそうな馬です。」と、小野調教師からは「まだ心身ともに成長途上なのですが、競馬慣れしてきたためか、追い切り後からテンションが上がってしまい体重が増えてくれません。もう少しパワーがついてくれば、重賞でも勝ち負けができる馬です。今後については、オーナーサイドとの相談になりますが、選ばれれば10月30日船橋の平和賞(SⅢ・1600m)を使って南関東への転入を考えています。」とのコメントがありました。
堅実ですが鞍上の問題などもあって結果を残せないこの仔

南関転入となれば鞍上も期待できるはず

きっと変わってくれるでしょうrock

 

カクテルラウンジの12
馴致は丸馬場での駆け足まで終了し、現在は夜間放牧で心身ともにリフレッシュさせています。中間に砂のぼりで運動を休ませましたが、それ以外は問題なく順調にきています。やや敏感な面はありましたが、馴致はスムーズでした。8月末時点の測尺は、体高154cm、胸囲174cm、管囲20.0cm、馬体重405kgで、9月末現在の馬体重は418kgです。
ただただ、楽しみですnote

云わば孫娘ですからねぇheart01

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »