« 幻のまさか! | トップページ | 走り初め »

2015/12/31

2015年回顧~愛馬編

トゥザワールド、テイクユアチョイスがクラシック戦線で活躍
積み上げた勝ち星も2013年に続く15勝!
有馬記念ジェンティルドンナの2着で2014年の締めくくり
夢に近づいたはずの1年だった・・・

 

明けて2015年
春の盾距離不向きのワールドは矛先を海外に向けて

母の忘れ物を取りに行くものだと思っていた
と同時に9年前の苦い思い出が蘇る・・

トゥザワールド海外挑戦は予想に反して豪州遠征
試走のThe BMWは大外ぶん回しの騎乗ながら2着と力のある所を見せるも
おそらくその影響あってか不得手のSoftでよもやのしんがり負け

そして、帰国後屈腱炎判明
悪い予感程的中するもの
過去の記憶からこの時点ですでに覚悟はできていた

 

同じ頃、タイムズアローが松博師の翌年2月の引退を踏まえ
活路を求めて南関・川島厩舎へ転厩
しかしながらチグハグな競馬が続きいまだ重賞に手が届かず

 

亡き川島正行先生の遺志を継ぎ順調に白星を重ねるアンブルサイド
好事魔多し
張田京騎手が調教師転身のため引退
再び手が戻るはずの御神本騎手は・・・アホでした

この頃から少しずつ歯車が狂い始めていた
夏を境に不可解な大敗が続く
そして、調教中に鼻出血発症
おそらくそれが凡走の原因だったのでしょう

そのまま繁殖となるため引退
重賞を勝たせるために6歳3月の定年が延長されるはずだったのに

 

ツアーをサボった年の愛馬たちはクラシックとは完全に無縁
スーパー未勝利でようやくレレオーネが勝ち上がり
ミチェラーダに至ってはいまだ未勝利
母のひとつ上の異父兄の産駒たちが旋風を巻き起こしているのにね

 

今年デビューの2歳は
アジュールローズこそダートの2戦目で勝ち上がるも
スフォルツェスコは新馬2着もここ3戦2桁着順続き
期待のモンストルコントは⑥⑥と奮わず
来年のクラシックも寂しい季節が予感されます

 

2015年全競走成績
【7-9-14-14-14-64】

出走回数こそ122走と過去最多を数えるものの
勝率は5部7厘と過去最低

 

フェイスフォワードの未勝利勝ちから始まった愛馬たちの歴史
想定外の成績に持ち越しとなった通算100勝目
何とか来年の早い時期に達成したいものですが・・

頼みの綱は、
漸く南関の水にも慣れてきたタイムズアロー
復活の兆しテイクユアチョイス
2戦目でしっかり勝ち上がりのアジュールローズ
どこかで禊が済むであろうミカが戻ってくるかな?

そして、夏以降デビューが予定される2歳馬に期待がかかります

愛娘ジュエルオブナイルの女の仔(父ワークフォース)
2014_201511
小倉2歳Sを勝利の後、5歳時には再びOPまで駆け登った母の仔
現時点の動きも上々、母の叶えられなかった夢へ向かって!

ザグレースの14(父クロフネ)
14_20151228_2
BMSディープとの血の結晶で世界の夢を!

ハープスターの14(父ステイゴールド)
14_20151224
偉大な姉に追いつけ追い越せ!

グレイトフィーヴァーの14(父ステイゴールド)
14_20151224_2
OPでいまひとつの兄アーデントの鬱憤を晴らす!

|

« 幻のまさか! | トップページ | 走り初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻のまさか! | トップページ | 走り初め »