« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年5月

2016/05/29

東京優駿

第83回 東京優駿(日本ダービー)が終わりました

4頭出しの金子オーナー3度目のダービー制覇

格の違いというのでしょうか?

神憑り的な馬主様には何人も叶わないようです

里見オーナーのお気持ちお察しいたします

 

そして川田ダービージョッキーおめでとうございます!

たらればを言えば2年前にその言葉を贈りたかった

 

大きな夢見せてもらいました

ありがとうアジュールローズ!

直線半ばまで懸命にガンバっていました

5月19日という遅生まれの彼

まだまだこれからの馬だと思っています

 

来週から新しい1年の始まりです

今日のダービーの結果で

ディープ×フレンチの底力を確信することができました

父クロフネ×母父ディープのテイクオングレースの夢が広がります

Photo

 

そしてすぐにでもジュエルオブナイルの娘

ゴールドケープがデビュー戦を迎えることでしょう

 

来シーズンは牡牝のクラシックロードから楽しめそうです!

 

あぁ1年て早いなぁ

| | コメント (3)

2016/05/05

情熱大陸

馬の名はタイムズアロー
南関東船橋競馬川島正一厩舎所属の牡の8歳馬

アローは昨年の4月にこの場所へやって来た
元はJRAの名門松田博資厩舎で5勝を上げる活躍を見せたオープン馬であった

しかしアローは苦しんでいた
2013年夏を最後にオープンの壁に阻まれた形で勝ち星から遠ざかっていた
折しもそんな頃、名匠松田がまもなくの定年を迎える
アローをどうする?
陣営の下した決断は南関東地方競馬への移籍

都落ちだった

真島騎手を背に南関東移籍緒戦こそ力の違いを見せ2年ぶりの勝利を上げるもののその後は勝ちきれない競馬が続いた
悪癖だった
鞍上真島の指示に逆らう、抜け出すとソラを使う
勝てる競馬をいくつも落とした

アローの父タイムパラドックスは同じ松田博資厩舎に所属しJRA、地方のG1競走で5つもの勝ち星を上げたダートの強豪
一歩でも父に近づきたい
アローを囲む人々共通の願いだった

アローの調教に股がる西村は1000近い勝ち星を上げる現役の騎手
アローとはまるで人馬の境を越えた親友のようにお互いを認め合い信頼を築く上げていった
そんな友情めいた気持ちからなのか調教でのアローは少しずつ西村の指示を理解し、1頭になってもしっかりと伸びるようになっていった

そして迎えた報知グランプリカップ
主戦真島との息も今日はしっかりと合っていた
4コーナを先頭で回ると
直線も悪さを見せずしっかりとした足取りでゴールへ
待望の重賞初制覇だった

ここで権利を取ったアローの次の目標は
5月5日に行われるかしわ記念Jpn1
父が5度も手にした栄冠の舞台に決まった

レースまで2ヶ月半
間隔を開けた方が好走することが多いアローはこの間じっくりと乗り込みを続けることになった
最高の舞台に最高の状態で望むべく文字通り西村は寝食を忘れてたアローの面倒を見ていた

陣営の様子が慌ただしい
主戦真島が怪我をしたのだ
全治にはかなりの時間が必要になる
アローの鞍上が空白になった

誰にでも乗りこなせる馬ではない
陣営は悩んだ

そこで白羽の矢が立ったのが西村だった
日頃調教で乗り慣れている西村なら
しかし心配もあった
このところの西村の騎乗数は少ない
それがJpn1の舞台
大丈夫だろうか?
しかし選択肢は他にはなかった

この馬に精一杯の愛情を注いできた西村となら
陣営の迷いは消えた

ところが
4月13日熊本地方を中心に大規模な震災が襲う
家族が暮らす西村の故郷だった

こんな時に競馬に乗っていていいのだろうか
西村の眠れない日がつづいていた

5月4日のレース後
熊本への募金を求める騎手会のイベントで募金箱を手に呼び掛ける西村

「熊本に暮らす家族の力に少しでもなれるよう頑張ります」
かしわ記念を明日に控えての西村の力強い言葉だった

5月5日16時10分
かしわ記念のゲートが開く

そこにはゴール前先頭を走るアローと西村の姿があった

Horsephoto_1

 

| | コメント (4)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »