« 2016年5月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年8月

2016/08/08

祝・通算100勝!!!

2016年8月7日 中京3R 3歳未勝利
 
モンストルコントの待望の初勝利は浜中俊JK記念の800勝とともに
我厩舎通算100勝と大きな節目の勝利となった
 
13962484_1086271558123426_234739294
 
はじまりの20の勝ち星
 
20

初めての勝利は2005年5月8日
愛馬初出走の日にして愛馬初観戦の日

フェイスフォワード牡(トゥルーフェイス by タヤスツヨシ)

P1010043
 
2年前の秋のツアーの時点で残口のあった仔

POGで初めてダービーをプレゼントしてくれたタヤスツヨシの仔

新馬戦もとうに終わった頃のデビュー
初めてスーツを着ての競馬場
太め残りの馬体が直線大外飛んできた!

初めての口取り
一口馬主としてはなんとも幸運なスタートだった

 

フラムドパシオン牡(カーリーパッション by クロフネ)

Pict0014

はじまりの5年間20の勝ち星の内、実に5つが彼の脚によるもの

そして何より2006年ドバイUAEダービー
INVASORを抑え、DISCREET CATの3着

今でこそ簡単に挑戦できるようになった海外遠征も当時は至難の業
当時の3着はラニの勝利よりも価値の高いものだと信じて疑わない

そして、屈腱炎による2年余りの休養を経ての復活
初期の名愛馬にしていまだ我愛馬最高傑作
否、クロフネの最高傑作と言っても過言ではない

後に同じ思いをトゥザワールドで繰り返すことになるが、
「海外遠征さえなけば」
重賞、いやGIのひとつやふたつ、そして彼の血脈を残すこともできたのに

 

カクテルラウンジ牝(ランニングヒロイン by タニノギムレット)

Pict0080

地方馬主となって初めての愛馬

小柄な馬体にやんちゃな気性
2008年まだあの未曽有の震災を予想することさえなかった頃

盛岡の地で表彰台に立たせてくれた

そしてJRAへの挑戦5回
結果こそ残せなかったものの臨時馬主として楽しい夢を見せてもらった

 

ジュエルオブナイル牝(レディオブチャド by デュランダル)

Pict0062s

2009年小倉2歳SでJRA重賞初制覇!
そして2010年初めてのクラシックの舞台桜花賞へ連れて行ってくれた

4歳夏のクラス替えでオープンから一旦1000万下に降級も
堅実な走りで翌年夏には再びオープン昇級のえらい仔
最後は重賞戦線でガンバってくれた

現愛馬ゴールドケープの母

 

100勝を振り返って

Photo

凡そ半分の46勝を占める社台サンデーG1(SG)に限ると
美浦の牡馬はデータが少なく除外するが圧倒的に牡馬優位
その上、牝馬18勝の内、8勝はアンブルサイド1頭によるもの

カクテルラウンジ、アンブルサイド、(ジュエルオブナイル)と
牝馬の印象が強いものの実は牡馬が実績上位という数字

今後も出資、共有するなら牡馬ということ
2016年社台サンデーの応募結果

1位のザズー牝が外れて2位ダンスファンタジア牡は結果オーライか
ならばG1の2歳テイクオングレース牡も正解となってほしいところだ

| | コメント (4)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年11月 »