2016/11/24

同時3頭入障!!!

頸椎ヘルニアで右肩から指先が痛みを伴った痺れで苦しんでおります

原因は前屈みでのPC作業なので、

当然右手でのタイピング、スマホの操作で症状が悪化します

今日は病院で痛み止めと電気マッサージを受けてきました

このままもう少しリハビリを続け、それでも回復しないようであれば

考えなければならないようです・・・

「親父にも切られたことないのにっ」

 

今も左手1本でこのブログを打っています

痺れと痛みが落ち着けば、明日からはこんな感じでお仕事でしょうか?

捗りそうにありません

逆姿勢なのでいろんなところが痛くなりそうです

その前に左手が攣ってしまいそう・・・

 

さて、週末の競馬が確定しました

Photo

5東京7 4R 障害未勝利 ダ3000

ヘルツフロイント 60 石神深一

Photo_2

 

リスヴェリアート、アロヒラニに続いて現役3頭目!

Photo_3

Op

通算でもハイエストブラッドを含む4頭目の障害入り!

同時に3頭もの障害馬を抱えるのはきっと空前にして絶後だと思います

鞍上の石神JKはアロと同じ

いずれ対戦するときに鞍上はどちらを選んでくれることになるのか?

まぁ、その前に大舞台にはオジュウチョウサンが控えているのですがね

 

障害戦をこんなに真剣になって観るのは初めてのこと

嗚呼花の、そして、暮れの大障害、飛んで欲しいな

| | コメント (4)

2016/08/08

祝・通算100勝!!!

2016年8月7日 中京3R 3歳未勝利
 
モンストルコントの待望の初勝利は浜中俊JK記念の800勝とともに
我厩舎通算100勝と大きな節目の勝利となった
 
13962484_1086271558123426_234739294
 
はじまりの20の勝ち星
 
20

初めての勝利は2005年5月8日
愛馬初出走の日にして愛馬初観戦の日

フェイスフォワード牡(トゥルーフェイス by タヤスツヨシ)

P1010043
 
2年前の秋のツアーの時点で残口のあった仔

POGで初めてダービーをプレゼントしてくれたタヤスツヨシの仔

新馬戦もとうに終わった頃のデビュー
初めてスーツを着ての競馬場
太め残りの馬体が直線大外飛んできた!

初めての口取り
一口馬主としてはなんとも幸運なスタートだった

 

フラムドパシオン牡(カーリーパッション by クロフネ)

Pict0014

はじまりの5年間20の勝ち星の内、実に5つが彼の脚によるもの

そして何より2006年ドバイUAEダービー
INVASORを抑え、DISCREET CATの3着

今でこそ簡単に挑戦できるようになった海外遠征も当時は至難の業
当時の3着はラニの勝利よりも価値の高いものだと信じて疑わない

そして、屈腱炎による2年余りの休養を経ての復活
初期の名愛馬にしていまだ我愛馬最高傑作
否、クロフネの最高傑作と言っても過言ではない

後に同じ思いをトゥザワールドで繰り返すことになるが、
「海外遠征さえなけば」
重賞、いやGIのひとつやふたつ、そして彼の血脈を残すこともできたのに

 

カクテルラウンジ牝(ランニングヒロイン by タニノギムレット)

Pict0080

地方馬主となって初めての愛馬

小柄な馬体にやんちゃな気性
2008年まだあの未曽有の震災を予想することさえなかった頃

盛岡の地で表彰台に立たせてくれた

そしてJRAへの挑戦5回
結果こそ残せなかったものの臨時馬主として楽しい夢を見せてもらった

 

ジュエルオブナイル牝(レディオブチャド by デュランダル)

Pict0062s

2009年小倉2歳SでJRA重賞初制覇!
そして2010年初めてのクラシックの舞台桜花賞へ連れて行ってくれた

4歳夏のクラス替えでオープンから一旦1000万下に降級も
堅実な走りで翌年夏には再びオープン昇級のえらい仔
最後は重賞戦線でガンバってくれた

現愛馬ゴールドケープの母

 

100勝を振り返って

Photo

凡そ半分の46勝を占める社台サンデーG1(SG)に限ると
美浦の牡馬はデータが少なく除外するが圧倒的に牡馬優位
その上、牝馬18勝の内、8勝はアンブルサイド1頭によるもの

カクテルラウンジ、アンブルサイド、(ジュエルオブナイル)と
牝馬の印象が強いものの実は牡馬が実績上位という数字

今後も出資、共有するなら牡馬ということ
2016年社台サンデーの応募結果

1位のザズー牝が外れて2位ダンスファンタジア牡は結果オーライか
ならばG1の2歳テイクオングレース牡も正解となってほしいところだ

| | コメント (4)

2016/05/29

東京優駿

第83回 東京優駿(日本ダービー)が終わりました

4頭出しの金子オーナー3度目のダービー制覇

格の違いというのでしょうか?

神憑り的な馬主様には何人も叶わないようです

里見オーナーのお気持ちお察しいたします

 

そして川田ダービージョッキーおめでとうございます!

たらればを言えば2年前にその言葉を贈りたかった

 

大きな夢見せてもらいました

ありがとうアジュールローズ!

直線半ばまで懸命にガンバっていました

5月19日という遅生まれの彼

まだまだこれからの馬だと思っています

 

来週から新しい1年の始まりです

今日のダービーの結果で

ディープ×フレンチの底力を確信することができました

父クロフネ×母父ディープのテイクオングレースの夢が広がります

Photo

 

そしてすぐにでもジュエルオブナイルの娘

ゴールドケープがデビュー戦を迎えることでしょう

 

来シーズンは牡牝のクラシックロードから楽しめそうです!

 

あぁ1年て早いなぁ

| | コメント (3)

2016/05/05

情熱大陸

馬の名はタイムズアロー
南関東船橋競馬川島正一厩舎所属の牡の8歳馬

アローは昨年の4月にこの場所へやって来た
元はJRAの名門松田博資厩舎で5勝を上げる活躍を見せたオープン馬であった

しかしアローは苦しんでいた
2013年夏を最後にオープンの壁に阻まれた形で勝ち星から遠ざかっていた
折しもそんな頃、名匠松田がまもなくの定年を迎える
アローをどうする?
陣営の下した決断は南関東地方競馬への移籍

都落ちだった

真島騎手を背に南関東移籍緒戦こそ力の違いを見せ2年ぶりの勝利を上げるもののその後は勝ちきれない競馬が続いた
悪癖だった
鞍上真島の指示に逆らう、抜け出すとソラを使う
勝てる競馬をいくつも落とした

アローの父タイムパラドックスは同じ松田博資厩舎に所属しJRA、地方のG1競走で5つもの勝ち星を上げたダートの強豪
一歩でも父に近づきたい
アローを囲む人々共通の願いだった

アローの調教に股がる西村は1000近い勝ち星を上げる現役の騎手
アローとはまるで人馬の境を越えた親友のようにお互いを認め合い信頼を築く上げていった
そんな友情めいた気持ちからなのか調教でのアローは少しずつ西村の指示を理解し、1頭になってもしっかりと伸びるようになっていった

そして迎えた報知グランプリカップ
主戦真島との息も今日はしっかりと合っていた
4コーナを先頭で回ると
直線も悪さを見せずしっかりとした足取りでゴールへ
待望の重賞初制覇だった

ここで権利を取ったアローの次の目標は
5月5日に行われるかしわ記念Jpn1
父が5度も手にした栄冠の舞台に決まった

レースまで2ヶ月半
間隔を開けた方が好走することが多いアローはこの間じっくりと乗り込みを続けることになった
最高の舞台に最高の状態で望むべく文字通り西村は寝食を忘れてたアローの面倒を見ていた

陣営の様子が慌ただしい
主戦真島が怪我をしたのだ
全治にはかなりの時間が必要になる
アローの鞍上が空白になった

誰にでも乗りこなせる馬ではない
陣営は悩んだ

そこで白羽の矢が立ったのが西村だった
日頃調教で乗り慣れている西村なら
しかし心配もあった
このところの西村の騎乗数は少ない
それがJpn1の舞台
大丈夫だろうか?
しかし選択肢は他にはなかった

この馬に精一杯の愛情を注いできた西村となら
陣営の迷いは消えた

ところが
4月13日熊本地方を中心に大規模な震災が襲う
家族が暮らす西村の故郷だった

こんな時に競馬に乗っていていいのだろうか
西村の眠れない日がつづいていた

5月4日のレース後
熊本への募金を求める騎手会のイベントで募金箱を手に呼び掛ける西村

「熊本に暮らす家族の力に少しでもなれるよう頑張ります」
かしわ記念を明日に控えての西村の力強い言葉だった

5月5日16時10分
かしわ記念のゲートが開く

そこにはゴール前先頭を走るアローと西村の姿があった

Horsephoto_1

 

| | コメント (4)

2016/02/28

馬名決定と引退と

久しぶりに馬名応募した今年も採用はありませんでしたcatface

 

いち早く発表となったのはキャロットクラブ

今年も英仏はもとより独伊西希からラテン語ハワイ語ポルトガル語

果てはパーリ語(て何だ?)と国際色豊か

 

グレイトフィーヴァーの14⇒ルエヴェルロール

Cimg5099_s

仏語で「ゴールドラッシュ」の意なのだそうだ

父ステイゴールド×母名からゴールドラッシュの連想はありましたが、

何でフランス語なの?って疑問は拭い去れません(笑)

 

ヒストリックスターの14⇒アスティル

20160212_140953_s

ギリシャ語で「新星」という意味だそうです

こと座ネタはさすがに尽きたと思っていたら、ね

 

ジュエルオブナイルの2014⇒ゴールドケープ

Cimg4995_s_2

アフリカに生息する蜘蛛の糸で紡いだ金色のケープ・・・

こんなのだそうです

20120127061145

宝石からの連想で応募したのですが、アフリカでした

 

そうそう、この仔早くも脱北!山元TC入りしたそうです!!

母同様に夏競馬からのデビューとなるのでしょうかnote

 

ザグレースの14⇒テイクオングレイス

Cimg5104_s

「将雅さを獲得する」今一つ意味が分かりませんがcoldsweats01

父クロフネと母父ディープのイメージを伝えてほしかったと・・

 

 

さて、来る馬あれば去る馬あり

Horsephoto_2_2

愛馬カクテルラウンジの2番仔

オーナーズに初登場の孫娘でした

 

この仔との出逢いは・・・・・

2013年夏、例年のツアーに訳あって参加することができず

カタログとDVDの上だけで愛馬の娘と言うことで共有を決めた

 

そして、デビュー前に一度は見ておきたいと出かける

これも恒例の冬の北海道ツアー

ところがそんな年に限っての悪天候

札幌からの便が富山空港に着陸することができず

 

一度も実際にその姿を見ることなくデビューの日を迎えた

御神本JKを背に1番人気に支持されるも5着

その後も歯痒い競馬が続き休養へ

年が明けて緒戦は0.2秒差の3着と健闘するも

その後再び鳴かず飛ばず

結局15戦して3着が3回のみ

オーナーズ共有馬初の未勝利引退

 

メイショウサムソン

カクテルラウンジ-タニノギムレット

            ランニングヒロイン-サンデーサイレンス

                         ダイナアクトレス-ノーザンテースト

                                     モデルスポート

社台グループを代表する名牝に

大種牡馬ノーザンテーストとサンデーサイレンス

さらにダービー馬2頭の配合

母の兄には今を時めく種牡馬となったJC馬スクリーンヒーロー

血統って本当に難しいものですね

 

おつかれさまでした

| | コメント (0)

2016/02/17

初勝利!

五部のスタートからやや気合を付けて番手へ

そのまま逃げ馬の外に馬体を併せるように周回

終始余裕の手応えで直線へ

一杯に追う逃げ馬を余所にいつでも抜け出せる手応え

同厩の1人も思ったほど伸びず

気合をつけた程度で粘る逃げ馬を退け

外から来た2人も封じて先頭ゴール!

20160217_c__

タイムズアロー待望の初重賞制覇が我厩舎2016年初勝利!!

「家貧しゅうして孝子出ず」

これで何とか税金が納められそうですcoldsweats01

 

馬券も美味しくいただきましたよnote

C

では、アローくんに乾杯といきますかbeer

| | コメント (2)

2016/01/06

走り初め

麗らかな新年の日々のことを書き始めてはみたものの

あまりにも取り留めもなく一日二日では書き終わりそうにもないので

校了は週末三連休に任せることにして

 

 

JRA金杯より1日早く我が愛馬始動!

 

正月開催川崎4日目7R C2 ダ1600

6枠10番 ライブリーソウル 56 服部茂史

20160104_

頭打ちの状況を打破すべく

休養を挟んで昨年末から新天地山下厩舎へ

転厩緒戦は鞍上服部茂史騎手の手腕も相まって0.2秒差4着と好走

新年のここは勝ち負けと陣営の意気込み

番手追走から直線並びかけ抜け出そうとするも

勝馬は譲らず、ゴール前外から追い込んだ馬にも差され

0.1秒差3着惜敗

 

 

JRA開幕の5日は京都で2頭

 

1R 未勝利 ダ1800

6枠10番 モンストルコント 56 菱田裕二

先行して競り合う人気2頭からは大きく離されるも

3着とは0.1秒差の5着と次走優先出走権確保

初めての掲示板と次走への期待が膨らむ

 

10R 万葉S 芝3000

8枠11番 シャンパーニュ 52 小崎稜也

1000万下の身で挑戦も昨年は準OPの身で2着と好走のこのレース

今年もと期待を抱くも大外枠では思うように行けず

2週目3角手前まくりをかけるもそこまで

直線前も止まらずしんがり負け

 

 

新年1週目③⑤⑪と微妙な感じのスタート

さて今週末の競馬は?

| | コメント (2)

2015/12/31

2015年回顧~愛馬編

トゥザワールド、テイクユアチョイスがクラシック戦線で活躍
積み上げた勝ち星も2013年に続く15勝!
有馬記念ジェンティルドンナの2着で2014年の締めくくり
夢に近づいたはずの1年だった・・・

 

明けて2015年
春の盾距離不向きのワールドは矛先を海外に向けて

母の忘れ物を取りに行くものだと思っていた
と同時に9年前の苦い思い出が蘇る・・

トゥザワールド海外挑戦は予想に反して豪州遠征
試走のThe BMWは大外ぶん回しの騎乗ながら2着と力のある所を見せるも
おそらくその影響あってか不得手のSoftでよもやのしんがり負け

そして、帰国後屈腱炎判明
悪い予感程的中するもの
過去の記憶からこの時点ですでに覚悟はできていた

 

同じ頃、タイムズアローが松博師の翌年2月の引退を踏まえ
活路を求めて南関・川島厩舎へ転厩
しかしながらチグハグな競馬が続きいまだ重賞に手が届かず

 

亡き川島正行先生の遺志を継ぎ順調に白星を重ねるアンブルサイド
好事魔多し
張田京騎手が調教師転身のため引退
再び手が戻るはずの御神本騎手は・・・アホでした

この頃から少しずつ歯車が狂い始めていた
夏を境に不可解な大敗が続く
そして、調教中に鼻出血発症
おそらくそれが凡走の原因だったのでしょう

そのまま繁殖となるため引退
重賞を勝たせるために6歳3月の定年が延長されるはずだったのに

 

ツアーをサボった年の愛馬たちはクラシックとは完全に無縁
スーパー未勝利でようやくレレオーネが勝ち上がり
ミチェラーダに至ってはいまだ未勝利
母のひとつ上の異父兄の産駒たちが旋風を巻き起こしているのにね

 

今年デビューの2歳は
アジュールローズこそダートの2戦目で勝ち上がるも
スフォルツェスコは新馬2着もここ3戦2桁着順続き
期待のモンストルコントは⑥⑥と奮わず
来年のクラシックも寂しい季節が予感されます

 

2015年全競走成績
【7-9-14-14-14-64】

出走回数こそ122走と過去最多を数えるものの
勝率は5部7厘と過去最低

 

フェイスフォワードの未勝利勝ちから始まった愛馬たちの歴史
想定外の成績に持ち越しとなった通算100勝目
何とか来年の早い時期に達成したいものですが・・

頼みの綱は、
漸く南関の水にも慣れてきたタイムズアロー
復活の兆しテイクユアチョイス
2戦目でしっかり勝ち上がりのアジュールローズ
どこかで禊が済むであろうミカが戻ってくるかな?

そして、夏以降デビューが予定される2歳馬に期待がかかります

愛娘ジュエルオブナイルの女の仔(父ワークフォース)
2014_201511
小倉2歳Sを勝利の後、5歳時には再びOPまで駆け登った母の仔
現時点の動きも上々、母の叶えられなかった夢へ向かって!

ザグレースの14(父クロフネ)
14_20151228_2
BMSディープとの血の結晶で世界の夢を!

ハープスターの14(父ステイゴールド)
14_20151224
偉大な姉に追いつけ追い越せ!

グレイトフィーヴァーの14(父ステイゴールド)
14_20151224_2
OPでいまひとつの兄アーデントの鬱憤を晴らす!

| | コメント (0)

2015/12/19

幻のまさか!

火曜日にお腹が痛くなったので正露丸を飲みましょうということに

競馬は来週なので問題はありませんとのお医者様の診断

この正露丸が実に効いてすこぶる元気溌剌

追い切りに跨った鞍上の進言で急遽今週の競馬へ

 

・・・あのぉ火曜日、規制薬物投与してますけど、、、

 

 

 

慌てた陣営は出走取消の手続きへ

 

まさかの障害未勝利2頭出しの事態は回避となりましたとさ

 

長いことやってますが、こんな事態はいずれも初体験です

 

Cimg4776

明日の出走予定[19日2時]

阪神2R 未勝利 モンストルコント 55 浜中俊 3人

 ・間隔からしばを使えずにここへ

  ドバイWC制覇の父の仔なら問題はないはず!

中京4R 障害未勝利 アロヒラニ 60 石神深一 1人

 ・入障後成績の上がらない相手に平地1600万の身

  初障害と言え1番人気もなずける関係

阪神11R リゲルS アーデント 57 小牧太 9人

 ・昨年の同レース、豊マジックで快勝、再び!

| | コメント (2)

2015/11/23

空の色

ここのところダラダラごろごろと過ごす休日ばかりがつづき

却って翌週に疲れが残っていた

 

「そうだライブ行こう!」

 

思い立って、土日祝と出走する愛馬へ声援を送りに東京へ

祝・北陸新幹線開業!

 

土曜の昼頃のいい時間帯は三連休とあって満席

少し早いが新高岡停車のかがやきに乗って大宮乗り換え府中本町へ

ケイブルグラムどころか午前中の新馬戦にも間に合うことに!

 

超久しぶりの東京競馬場に到着すると

明日の予行演習とばかりに総合インフォメーション横の手荷物預かり所へ

その後レースには目もくれず腹ごしらえ

 

結局この日買った馬券はセルバンテス応援の単複だけ

レース自体もほとんど観ることなく競馬場内をうろうろ

実は多分初めて競馬博物館へ

折しも有馬記念展と“ミスター競馬”野平祐二展開催中

何もかもが懐かしく物思いに耽ってしまいました

 

さてセルバンテスは直線なかなか進路が開かず

良く追い込んでくるも4着と馬券圏外

惜しいというよりも歯痒い競馬が続いていますが

夏から使い詰めで馬体も大きく減らしていたのでひと休みでしょうか

 

新大久保でのデートライブのため早々に競馬場を後に

 

本当に久しぶりに生で聴くあっちゃんこと小野亜里沙ちゃん

どうやら一昨年のナビカフェ忘年会以来

相変わらずなステージとまた大きく成長した演奏

 

グラピでのDaysは元気な中にもしっとりとした感じで

その音にじっと耳を傾けていたかったのですが、

やはりいつものように手拍子が入ってしまいました

 

キーボードのステージではスノードロップに涙溢れるも

照れ隠しなのかいつものようにお道化てわらびもちへ

 

計50分+繋ぎの即興BGM

たっぷりと堪能させてもらいました

 

さ、明日の口取りに向けて早くチェックインして寝よ

昨夜、遠足前夜の小学生の如く一睡もできなかったしね

 

翌朝

6:30開場のホテルの朝食会場は7時になる前に国際色豊かに満席

競馬場にも開場前に着いてしまった

学生時代に席取りのために開門奪取した頃を思い出すなぁ

 

指定席を確保するとほとんど誰もいないパドックで待機

 

9:20頃1R出走各馬が登場

のびのびとした馬体

ゆったりとして力強い歩様

何よりも肩のでが柔らかく

頭1つも2つも抜けた存在

この後何もなければとむしろ不安にさえなっていた

 

レースではスタート二の足ともいまひとつ

それでも徐々に前進

4角外を回すと早め進出

直線大きく抜け出し、そのまま突き放すかと思うも

_2_20151122_2

残り100辺りから怪しくなり後続の追撃を受ける

それでも頭だけ凌ぎ切って先頭ゴール

 

2歳未勝利で1.3倍の断然人気もおかしいけれど

あまりの横綱相撲もやり過ぎじゃないかと思っていたのですが

どうやら他の騎手のステッキが当たり早仕掛けになったとのこと

 

兎にも角にも来春へ向けての第一歩

 

この日は優勝時記念撮影にも当選し、これも久しぶりの口取りへ

集合場所の総合インフォメーションへ足早に向かい

数々の「おめでとうございます」の祝福を受ける

 

そして、

2008年6月富嶽賞

フラムドパシオン復活のあの日以来

東京競馬場のウイナーズサークルに向かう坂道

あの日と同じ灰色の空から零れる薄日

栄光へとつづくあの坂道は何度登っても

胸トキメクもの

 

この日の鞍上は北村宏司騎手

フラムドパシオン衝撃の走りと同じ

喜びの中にちょっとセンチメンタルを覚えていました

 

口取りを終えいくつもの想いを抱えながら

祝杯を上げにスタンド5階のレストランへ

全面禁煙がうれしい

ここは鰻にビールでアジュールローズに乾杯

そっとフラムドパシオンに献杯

 

休肝日後のビールが格別美味い!

 

 

夜は鈴木あいちゃんのワンマンへ

初めて訪れるシビックホール小ホール

後楽園駅の出口を間違えウロウロ

漸くシビックホールに辿り着くも

小ホールが分からずここでもプチ迷子

 

演奏はすでに始まっていて

ドアの外にもあいちゃんの声とピアノの音が響き渡っている

 

しばらく会場の後ろで立ち見をして

明るくなったところで適当な空席を見つけ着座

偶然そこは気仙沼八葉水産清水社長ご夫妻ご一行のお隣

 

一部最後の「花は咲く」

ステージ後方のスクリーンに震災前後の気仙沼の様子が映し出され

思わずジーンと涙が滲み始めると

隣からは静かに涙をすする音が

その音に堪えきれなくなり落涙

演奏が終わって横を見るとその向うの清水社長ご夫妻も涙を拭って

同じようにあいちゃんと気仙沼へ来てくれたAtsuko.ちゃんも涙したとか

 

二日つづけてライブで涙するとは思わなかった

 

後半はバンドスタイルで

ここでアンコールの「笑顔の花」で涙が滲みそうになって

やはり隣から涙の音がして

ヤバい、と思ったところへ

三井さんのめちゃカッコいいエレキが響く

助かりました

 

その「下町ロケット」を見ながらもう一泊

今朝のんびりと高岡に戻ると

東京の雲とは対照的にこの時期珍しい青い空が迎えてくれました

| | コメント (0)

より以前の記事一覧