2016/05/05

情熱大陸

馬の名はタイムズアロー
南関東船橋競馬川島正一厩舎所属の牡の8歳馬

アローは昨年の4月にこの場所へやって来た
元はJRAの名門松田博資厩舎で5勝を上げる活躍を見せたオープン馬であった

しかしアローは苦しんでいた
2013年夏を最後にオープンの壁に阻まれた形で勝ち星から遠ざかっていた
折しもそんな頃、名匠松田がまもなくの定年を迎える
アローをどうする?
陣営の下した決断は南関東地方競馬への移籍

都落ちだった

真島騎手を背に南関東移籍緒戦こそ力の違いを見せ2年ぶりの勝利を上げるもののその後は勝ちきれない競馬が続いた
悪癖だった
鞍上真島の指示に逆らう、抜け出すとソラを使う
勝てる競馬をいくつも落とした

アローの父タイムパラドックスは同じ松田博資厩舎に所属しJRA、地方のG1競走で5つもの勝ち星を上げたダートの強豪
一歩でも父に近づきたい
アローを囲む人々共通の願いだった

アローの調教に股がる西村は1000近い勝ち星を上げる現役の騎手
アローとはまるで人馬の境を越えた親友のようにお互いを認め合い信頼を築く上げていった
そんな友情めいた気持ちからなのか調教でのアローは少しずつ西村の指示を理解し、1頭になってもしっかりと伸びるようになっていった

そして迎えた報知グランプリカップ
主戦真島との息も今日はしっかりと合っていた
4コーナを先頭で回ると
直線も悪さを見せずしっかりとした足取りでゴールへ
待望の重賞初制覇だった

ここで権利を取ったアローの次の目標は
5月5日に行われるかしわ記念Jpn1
父が5度も手にした栄冠の舞台に決まった

レースまで2ヶ月半
間隔を開けた方が好走することが多いアローはこの間じっくりと乗り込みを続けることになった
最高の舞台に最高の状態で望むべく文字通り西村は寝食を忘れてたアローの面倒を見ていた

陣営の様子が慌ただしい
主戦真島が怪我をしたのだ
全治にはかなりの時間が必要になる
アローの鞍上が空白になった

誰にでも乗りこなせる馬ではない
陣営は悩んだ

そこで白羽の矢が立ったのが西村だった
日頃調教で乗り慣れている西村なら
しかし心配もあった
このところの西村の騎乗数は少ない
それがJpn1の舞台
大丈夫だろうか?
しかし選択肢は他にはなかった

この馬に精一杯の愛情を注いできた西村となら
陣営の迷いは消えた

ところが
4月13日熊本地方を中心に大規模な震災が襲う
家族が暮らす西村の故郷だった

こんな時に競馬に乗っていていいのだろうか
西村の眠れない日がつづいていた

5月4日のレース後
熊本への募金を求める騎手会のイベントで募金箱を手に呼び掛ける西村

「熊本に暮らす家族の力に少しでもなれるよう頑張ります」
かしわ記念を明日に控えての西村の力強い言葉だった

5月5日16時10分
かしわ記念のゲートが開く

そこにはゴール前先頭を走るアローと西村の姿があった

Horsephoto_1

 

| | コメント (4)

2010/10/24

あぁ、疲れた。。。

収穫は牛たんと
Pa240277_s

ジュエルの黒いゼッケンだけ
Pict0003
アイコを重ねること10回近い激戦の後にゲットrock

 
さて、肝心の競馬の方は、

マイベストは、3角からフワフワとして競馬をやめて16着惨敗wobbly

次は追い込み競馬を試してみるとの話

どうなることやら…

 
そして、ジュエルも今ひとつ力不足は否めぬ感じで7着

もう少しトモがパンとしてくると良いのですがねぇ

現状では牡馬相手のOPでは、少々厳しいようです

この後は、放牧を挟んで、小倉最終週のアンコールSへ向うとのこと

 
エスクルシーヴァ
10/24 9:44 美坂:54.5-40.0-26.3-13.3 (14.5 13.7 13.0 13.3)
11月始動にしては、勢いのある登坂upwardright

早くも13-13ですか…
これは、ひょっとすると本当にひょっとするかもしれませんねnote

 
ティアレ
10/24 助手 南W良:73.0-57.8-42.9-13.7 six 馬也
内サイレントメロディ(3牡1000)馬也に5F0.8秒先行、1F併せ併入
外ウインジュビリー(2牝未)馬也を5F1.1秒追走、1F併せ併入

格上牡馬に先行同入、格下牝馬には追走同入となかなかの出来

これなら来週期待しても良さそうですhappy01

| | コメント (0)

2010/01/31

体調不良。。。

朝から不調のため遠征は諦めましたweep

現地声援には行けないけれど、

sign01頑張っておくれよsign03

マイベストもねrock

| | コメント (0)

2009/11/07

BAD START

大宮から乗り込んだ新幹線
3列シートにおばはん4人組
しっかりとシートを反転して、座談会
向かいに座るスーツ姿の男性共々、迷惑千万!
1時間少々の道中が思いやられます。。。

| | コメント (3)

2008/01/06

プレミアムな1日

新幹線復路の指定席が取れそうにないので
空路、淀へ

蛍池までだと異常に高すぎると感じるモノレールも
終点の門真市まで540円であれば納得のお値段

京阪電車では競馬新聞を持ったおっちゃん達につづいて、
区間急行・急行と乗り継いで、
臨時停車の淀駅の競馬場から遠い方のホームへ到着

No.2ゲート改装中のため仮設入場門から入場すると
既に年賀タオルはないし、レープロはモノクロ

朝から中山では考えられない混雑ぶり
パドックの最前列をキープするのも一苦労 ・ ・;
連続開催の中山と違い、阪神からの開催代わりのせいか?

  
先ずは、御神籤代わりに1R・馬単1点千円勝負

をぉっ!いきなり出た。。。
複勝100円!
Pict0006_t_2 

さすがは記録コレクター武豊
いきなりJRAプラス10をブチ壊すとは…

 
てな状況下、2Rを軽くIPATで外したころでnaoさんと一旦合流
停止位置の関係で再度naoさんは対面に移動
その後、地元のぶてるさんが現れる

そして、いよいよ3R
Pict0006
コムハニー 414kg

そして、コムちゃん登場
Pict0008
勝負服柄の面子着用
Pict0009
厩務員さんの派手なジャンパーと面子が被って絵面がよくない!

Pict0013
う~む、やっぱり細いなぁ。。。

Pict0024 Pict0025

漸く捉えた円らな瞳
Pict0043

Pict0048

池添JK騎乗
Pict0064
Pict0066

初めての本馬場入場
Pict0074
ターフを横切って。。。
Pict0077
ダートコースへ^^ゞ

ゴール板を確認して、返し馬へ≡3
Pict0079 Pict0082

そして、11:05、ゲートが開く!

やや立ち遅れ気味のスタートも中団に付けてレースを進め
何かキリンか鳩のようなクビの高い走り

それでも4角並んで5番手で直線へ
1,2着の2頭が抜け出し、離れた3番手集団5頭

残り200で一瞬、池添JKの手が緩む(ように見えた)
昨年までならそれでOKも新ルール

馬券とは全く関係のないところ

“池添~っ!”

naoさんと一緒にゴールまで叫んでました。。。

今後、未勝利・500万下のレースでは
どんなに離された5,6着争いでもクラブ馬が絡んだ時には叫び声が
聞こえてくるのでしょうね(罪な改正ルールだわぁ)

レースを終えて戻ってきたコムちゃん
Pict0084
なんとか5着に届いたように見えますが写真判定
そして、また馬券とは関係のないところで、ドキドキ・・・・・

確定!
Pict0088
上がり37.9秒は1,2着馬につづくトップ3

そして、上がったクラブのレポート
1/5(土)京都3R・ダート1400m(牝)戦でデビュー、馬体重は414kgでした。スタートでやや出遅れましたが、二の脚を効かせて中団に押し上げました。勝負どころで外に出して前に取り付くと、直線も一番外を通ってジワジワと差を詰めましたが、最後は脚色が鈍ってしまい、勝ち馬と1.3秒差の5着でした。騎乗した池添騎手からは「道中は馬混みの中で砂を被って頭を上げていました。外に出してからはマシでしたが、やはり初めての競馬ということもあったと思います。走り方はダートのほうが合っていそうですし、そのうちチャンスが巡ってくるでしょう」とのコメントがありました。
おいおい…砂被って頭上げて走る馬が、
ダートの方があってそう ーー?
“そのうち巡ってくるでしょう”って占いじゃないんですからーー#

非力な牝馬、芝ベストは間違いないと思うのですがね…
次走は、開催最終日の芝1600(牝)が、いいのでは?

 
その後、一足先に淀を後にしたnaoさんと別れ
17時伊丹発に合わせて、9Rまで観戦
結果はさっっっっっぱりっxx

 
ここでのぶてるさんにも別れを告げて京阪電車に

電車の中で東西金杯の予想をしてIPAT投票

レースはワンセグで観るつもりが。。。
大阪エリアでは土曜競馬中継が、ないっ!

と、ジタバタしていて、ハタと気付いた
京都競馬場=京都エリア
番組検索してみればKBS京都で放送中

慌ててエリア選択をして5chに合わせた時には
中山金杯のゴール後
電波の悪いところで映し出されているのは
アドマイヤの勝負服とエアシェイディの声

その後放送は、今日のレース結果(東西の10Rまで)と
京都金杯の中継…エイシン違いでハズレ
結局、携帯サイトで中山金杯の結果を確認

!!!!!

にょほぉ~っ!
馬単・13-15:3,660円
三連単・13-15-3:72,880円

払戻金額:76.540円 v^^v

完全に旅費浮きました♪
そして、馬単:230円、三連単:4,620円分がJRAプレミアム

 
と、喜んで帰宅し、社台のサイトを閲覧すると
カッキーレポ更新
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は2月9日(土)東京の春菜賞(牝馬限定・芝1400m)へ内田博幸騎手での出走を予定しています。※同レースに出走するために中央競馬指定交流競走の馬主登録を行う場合、JRAに登録のない共有馬主様は、1名ごとに登録免許税(90,000円)の納付義務が生じますのであらかじめご了承下さい。登録免許税の支払い手続き、当日の観覧席、通行証等の申込みにつきましては、正式に選定された後に書面にてご連絡いたします。
あっ!コムちゃんの賞金も合わせて
全部JRA に巻き上げられるんだった^^ゞ

アハハ、世の中、上手くできている
いや、でき過ぎている^^;

 
 

追記:ひとつ忘れていました
1月6日 佐賀10Rにグリンさん登場!

B2にクラスが上がっての緒戦ですが、足踏みの続くメンバー
強敵は、皮肉なことに社台F産の3か?

少々気になるのは鞍上、
鮫島パパから佐賀緒戦の長田進JKに戻ったこと。。。

| | コメント (4)

2008/01/03

ひさしぶり

コムハニーの新馬戦が確定し、
行くべきか行かざるべきかと悩んでいたところで

第44回 報知オールスターカップSIII
単勝:1,330円、複勝:340円を各千円的中
配当合計16,700円で略片道旅券代獲得

帰りの旅費はコムさんに任せるとして…

ついうっかり、ANA サイトでポチッと^^ゞ

中4日で愛馬声援、馬主(出資者)冥利に尽きます^^

 
敵は、オールタイムベストとトーセンベルファムか?

2008年営業開始と同時に口取り申込み!

 
 
…しかし、口取り申込みって久しぶりだなぁ。。。

| | コメント (2)

2006/12/16

24日阪神Aシート外れ(__)

JRAカードって、本当何だか…
火曜日のキャンセル席にチャレンジしましょう
さて、たつさん・ヒロさん!
1月7日中山A指定4名様で予約入れました
人数多い方が当り易い、かも?
4人目?誰にしましょうか(^^ゞ

| | コメント (6)

2006/12/04

大きなったな阪神くん

どこかの専門紙に書いてあったように飛んでいったので^^ゞ
宝塚回りで仁川へ

最初に驚いたのが、大阪空港→蛍池間のモノレール
 大船モノレールも高いと思ってましたが、遥かにそれを上回る驚きのプライス◎◎!
その後の区間の値段は見ていませんが、丁度府中2400のスタート地点から向う正面中間辺りまでの距離で200円!!
内馬場にあたる部分には空港の駐車場にしっかりとガードされ徒歩ではとてもとても
もっとも、帰りはその蛍池で風に吹かれて乗り込んだ車両、それなりに乗り応えはありましたが…

で、丁度ホームに入ってきた阪急電車に揺られていると…
関西のイントネーションで駅名が聞き取りにくいなぁ、と思っていると
次が終着』だとか何とか?
えっ、何!? どこ???
雲雀丘花屋敷?
いったいここに何があるの? 何故ここが終点なの? 宝塚へはどうすれば行けるの?
『3号ホームに急行宝塚行きが来ます』とか何とか
えっ!? 3ごうほうむとか言った??? (確かに3番線とは言ってなかった)

やがて同じ小豆色の電車がホームへと滑り込み、その車両に揺られて漸く宝塚
あっ!あのオレンジ色の三角屋根宝塚大劇場か!
一度、歌劇♪を見てみたいものだなぁ…
梅田行きの電車に乗り換え、そんなことに思いをはせつつ仁川へと向う

改札を出て帰りの分の切符を買って競馬場へと続く地下通路へ
 淀駅も競馬場前に引越し中で、やがて上りホームも競馬場正面へ
 府中本町からも専用通路ができて(随分前)、府中までトボトボ歩く左手には大國魂神社が構える
 船橋法典からは当然地下道
 西船まで歩く道のりにかろうじて残るおけら街道…チンチロリン♪ 高級ベルト1000円から
 も今となっては世界遺産?

さて、阪神競馬場の地下道で最初に眼に飛び込んで来たのが
巨人師匠の肩に軽々手を掛ける
大きなった阪神師匠のポスター
これでもか!とばかりに貼り倒してありました…ベタやなぁ~

入場して早速、1万円札と
阪神11R単⑥、、馬単⑥→⑮、三連複⑥-⑮-⑱
Pict0001_6 Pict0004_2 
阪神6R単⑩
Pict0007_3
中山11R複⑦
Pict0009_1
中京11R複⑪
のマークカードを発券機に投入
(姫単以外のハズレ馬券は廃棄しました_ _|||)

そして、7Rのパドックへ
!馬はまだというのに既に凄い人人人…
いよいよゼッケン1を付けた馬が姿を現す頃にはパドックはおそらく並みの重賞なみの人だかり

登場しました!!
Pict0005_3Pict0012
阪神のパドックは構造的に欠陥が2つ
 ①スタンド側からは逆光
 ②パドック最前列がパドックより低く、ラチが邪魔
ということで、前から4,5段目辺りに構えての撮影

そして、いよいよ武豊JK騎乗
Pict0021_1
調教いまひとつとの情報があったので、穴狙いに逃げて出そうな単⑦を追加購入しましたが…
結果はご存知の通り、時計平凡も見事な勝ちっぷり、まだまだ奥がありそうです

しかし、タキオン×ウインドインハーヘアの仔で448kg
池江泰郎先生の上に神様は居るようですね…

……ここまで書いて疲れました(_ _|||)
まだ、立ち直れていないようです
05レポまでも、と思っていたのですが、今日はここまでm(_ _)m

| | コメント (0)

2006/10/27

明日は福島、次は京都!

3福3 3R 3歳未勝利 芝2000 <<<<<“3”が4つ並んでますけど…
5枠10番 ハイエストブラッド 鈴来直人 57.0
Pict0024_3
同期生のパシオン君を代役に明日のスクーリング
天空のパドック、福島競馬場

あれから、およそ16ヶ月…漸くその時がやって参りました
⑬⑭に③④辺りが前へ行って…って、みんな人気馬ばかり
平均よりやや速めのペースで進んで、3角辺りから追撃開始!!
4角⑬⑭の後を進む③④の外を回って、

ビューっと一閃、ツヨシの風!!

天邪鬼が取り柄(?)のツヨシっ仔、

関係者が半ば諦めた頃に『まさに予想外だ』

ということで、最近流行の『お一人様』で口取してきます!

 
さて、本日更新された1歳馬の写真を見ようとログインすると…!
キャッスル姫の更新日が2006/10/27に!!!

ま、まさかとおそるおそるレポートを開いてみると
この中間も脚元の状態を確認しながら、順調に調教を進めています。現在は坂路コース(750m)を2本、ハロン15~16秒ペースで駆け上がり、週1度ハロン14秒ペースの速め調教を取り入れています。ここにきて脚元の状態も安定しています。調子も上向いていることから、来週11/1(水)に栗東TCへの入厩を予定しています。現在の馬体重は438kgです。
あっぶねぇ~っ(まぁ、嬉しい話ですが…誰だいっ、『13-13位までは山元だ』って言ってたのは!)
よかったぁ、あの時余計なこと言わないで^^;

ということで、松博先生のこと、6回京都辺りを使ってくるのでしょう

そして、1歳馬3頭
[地]ランニングヒロインの05
サドーダンサーの05
ホーネットピアスの05

どの仔もこの仔も、来年の夏再来年の春を思うと身震いが!
立派に成長して(; ;)ウルウル

それにリングレットの05もいい感じだなぁ…

さて、そろそろたつさん幹事長に連絡して明日の手配をお願いしよう!

| | コメント (2)

2006/08/12

出足は上々・・・残り800まで

前夜11:30
突然の吉川先生宅からの電話
が、声が違う???
『Aです!』同じハイエストブラッド組みのAさんでした
どうやら、吉川先生家で呑んでいるようで
って、何時まで呑んでたの? まぁ、こっちも缶酎ハイ片手でしたが…

そして、翌朝にも、再びAさんからの電話
期待と興奮で朝は6時に目が覚めて、薄暮開催で1Rは10:40発走と暇をもてあましていたところに、ジャストタイミング!!
ひとしきり話した後、しっかりとAさんの分も夢を抱いて、札幌競馬場へ
桑園からはゆっくり歩いて馬場入場
先ずは、ハイエストブラッド単勝100円馬券5枚
自分の分1枚とAさんからの依頼分3枚、計4枚では縁起が良くないと一枚追加
(吉川先生に牧場訪問記と一緒に送るつもりです)
しかし、後から考えてみれば、4枚=しまい、は大切だったのかもしれません

Pict0001
ついにトータリゼーターに掲示されました
Pict0024
黒光りしたなかなかの好馬体、期待を抱かせます
Pict0066_1
津村J騎乗
そして、左上、複勝3着1390円はサドーダンサーの05の姉パルマローザ
記念にと勝った複勝1000円が大当たり
Pict0112_1
午後に伺った社台Fでも、びっくり大騒ぎでバタバタ
一度牧場に戻して別の馬を入厩させる予定が、優先出走権
携帯でやり取りしていた案内をしてくれた方に見せびらかすと
電話の相手から『馬券上手』と誉められてしまいました(恥)

明日は、デビュー前から一儲けさせてくれたサドーダンサーの05に御礼に行ってきます

さて、社台Fのランニングヒロインの05は一回り成長して、
タニノギムレットらしい馬体、ブライアンズタイム譲りの腹袋
いい感じで成長しているようです
Pict0085
そして、また、記念写真では...噛まれました
パシオンと同じところをその上から
Pict0090_1
噛まれた直後、彼女はカメラ目線
再び腹を狙って?
Pict0092
最後は再びしっかりカメラ目線でいいお顔
Pict0093

さて、残念な結果にすっかりと逃避してしまいましたが、
Pict0077
いい感じで返し馬に入って、
Pict0080
ご覧の通りの砂埃舞う4コーナー(右から2頭目)
そして、スタート(写真を見てみるとやや立ち遅れ?)
Pict0081
しかし、この後、4,5番手に付けて、いいリズムで向正へ
向かい風を受けてか、3角手前から津村Jの手が動き出すと、そのままずるずる後退
『しまい』を失くして、最後は追うこと無しに勝ち馬から3秒差のブービー入線
砂埃に嫌気が差したのでしょうか?
勝ち馬がもう一頭の初出走馬というのも皮肉なものですが、
次走頑張って・・・何とかなると思いますが、2札までには勝ち名乗りを上げて欲しいものです

さぁ、明日の早来FとNF空港で今回の札幌競馬・牧場巡りの旅第一弾も完了です
そして、何より明日、NF空港でフラムドパシオンの朗報を聴きたいものです

キャッスルトンは来週かな? 再来週かな?

|