2019/09/23

2019ドラフトまとめ

キャロの発表で新しい愛馬たちの面々が確定しました!

 

Sh_101_20190923102801 社台サラブレッドクラブ 1頭40口

ジュエルオブナイルの18(父キングカメハメハ BMSデュランダル) 牝 [栗・荒川] 社台F生産

 これまで母を含めてグリーンFからの募集でしたが、父キンカメということでお値段グリーン価格オーバーとなり本家社台TCからの募集
 残り少ない貴重なキングカメハメハ産駒ですが、一番上の姉はともかくノヴェリストの兄、タートルボウルの姉といいところなく未だに残口ありの状況
 懲りない自分はそれでも母ジュエルの底力、天に召された父キンカメの後押しを受けて、母と牡父の血を繋ぐものになると信じています

 

Sh_101_20190923102801 社台地方オーナーズ 1頭20口

プルーフオブラヴの18(父アイルハヴアナザー BMSサンデーサイレンス) 牡 [北海道or大井] 新冠橋本牧場NF委託生産

 1位指名のハッピーウェーブの18が外れ、どちらを1位にするか迷った2位指名のこの仔で確定
 奇しくもフリュート、レトログラード、本馬と地方オーナーズ勝負服3色が揃ったことになります
 その3歳と2歳がもそもそとしているのでこの仔にはスッキリと行ってもらいたいなぁと期待して止みません

 

Photo_20190923104401 グリーンファーム 1頭200口

ゼマティスの2018(父エイシンフラッシュ BMSゼンノロブロイ) 牡 [栗・杉山] NF生産

 今更感たっぷりですが、初エイシンフラッシュ産駒です
 これまでにNF生産馬は、ダンサーズブロンド牝3勝、チタニウムヘッド牡1勝、レイヴ牡2勝、ハートビートダンス未勝利と微妙な成績ですが、そこはまあなんとかと願うだけ
 母父ロブロイとこちらも微妙ですが、母系はアコースティクスからソニンクへと繋がる血統なので、ディアドラとかロジユニヴァースとまでは言いませんが何か出ませんでしょうか

トゥルーストーリーの2018(父ハービンジャー BMSキンシャサノキセキ) 牝 [栗・宮本] 前田F生産

 同じ宮本厩舎の母には最後菜七子ちゃんが乗っていたのでこの仔にも乗ってもらえませんか
 ジュエルオブナイル以来の1口5万円の出資馬ということで気楽な気持ちで多少の期待をもって見守っていきたいと思います
 5月生まれとの相性にも期待

ノーブルリーズンの2018(アジアエクスプレス BMSネオユニヴァース) 牝 [美・高柳] NF生産

 この仔もNF生産馬でダンサーズブロンドと同じ募集価格1口5万円です
 ブロンはちゃんは2歳の夏から5歳の冬まで27戦走って2900万円も稼いでくれた頑張り屋さんでした
 そしてノーザンダンサー系の父に母父ネオといえば、母馬に出資していたにも関わらずTCサンデーで1口35万円という低価格の募集を見送ってしまったアエロリットと同じ
 NO MORE AEROLITHE

 

Photo_20190923104402 キャロットクラブ 1頭400口

【最優先】
ヒカルアモーレの18(父キズナ BMSクロフネ)牡 [美・萩原] 白老F生産

 ×2の権利を取るか、あるいは、それを上回る魅力ある仔がいるのか検討を重ねた結果、
 今をときめくキズナ産駒の芦毛に目が止まり、しかも母は元愛馬アーデントの姉で父クロフネということもあって応募
Photo_20190923135801
産駒の走りに目じりの緩むキズナ父さん

【母馬優先】
エルカラートの18(父ハービンジャー BMSハーツクライ) 牡 [美・林] NF生産

 キャロットで元愛馬の仔に応募したのは初めてのこと
 これもNO MORE AEROLITHE
 ハーツクライ肌に今まさに脂がのっている父ハービンジャーとくれば弥が上にもドバイ・ヨーロッパの夢を妄想
Photo_20190923140701
ロンシャンを見つめるハービン父さん

【一般枠】
ヴァイスゴルトの18(父エピファネイヤ BMSダンスインザダーク) 牡  【美・勢司】 白老F生産

 先に応募の一般枠2頭が抽選対象となり次点としていたこの仔を急遽追加
 白老F縁のゴールデンサッシュ系の母に期待の新種牡馬の血がどう作用するか
Photo_20190923141301
寝藁のアクセサリーがチャーミングなエピファ父さん

睨んだ通りツィンクルヴェール18と(外)ダンスウィズキトゥンの18は落選でした

| | コメント (0)

2019/09/05

厄払い

地方・牡3
現在は周回コースでハロン16~17秒ペースのキャンター2400mというメニューをベースに、週2日は坂路コースでハロン15秒ペースのキャンターを2本乗られています。プールでの調教は終了して、そのぶんペースアップを図っています。現在の馬体重は519kgと増えていますが、体つきとしては引き締まってきた印象です。9月末の大井開催での復帰を目標に、このまま乗り込みを進めていきます。

地方・牡2
8月14日(水)から馬場入りを再開しており、直線坂路コースでハロン17~20秒のキャンターを1本、8月22日(木)には3Fから15-15の速めの調教を行いました。歩様も問題なく、徐々に体力がついて脚元も固まりつつあります。現在の馬体重は478kgです。

美浦・牝4
調教を進めていたところ、この中間で右トモに軽い筋肉痛のような症状を見せました。歩様にもぎこちなさが感じられたため、一旦ウォーキングマシンでの運動にとどめて、ショックウェーブによるケアを施しました。しだいに良化がうかがえたことから、フラットワークでの運動を経て、現在は坂路コースをハロン20秒ペースで1本駆け上がるという軽めのメニューを消化しています。今後は状態を確認しながら、問題なければ進度を上げる予定です。最新の目方は494kgでした。

美浦・牡3
引き続き右前肢へ治療を行いながら、回復状態を確認していますが、休ませている分浮腫みの症状は治まってきているものの、触診では少し嫌がる素振りも見せます。もう少し厩舎で経過を見ていく予定ですが、騎乗調教は控えていますので、来週中にいったん放牧に出して立て直す可能性が高くなってきました。

栗東・牝2
レース後は若干右前脚のソエを気にしています。明日9月5日(木)に札幌競馬場を出発して栗東TCへ帰厩し、その後9月7日(土)にグリーンウッドトレーニングへ放牧に出す予定です。しっかりとソエのケアを行いながら、秋の京都開催での出走を目指していきます。

栗東・牝2
到着後はウォーキングマシンの運動に留めて楽をさせていました。今週から周回コースで軽めキャンターで乗り出しています。現在の馬体重は459kgと、まだ回復途上です。当面は状態がよくなってくるのを待ちます。

 

1頭は競馬を使ってのケアですからいいとして他の5頭は・・・

そろそろ戻っていただかないと家計が火の車、自転車のチェーンは切れかかっています

| | コメント (0)

2019/06/27

本格的新年度開幕!

ダミアン旋風とともに宝塚記念も終わり

いよいよ本格的に次のダービーを目指すシーズンがやって参りました

我厩舎はというと、2016産駒のスロースターターぶりとは一転

先日一足先にPhoto_20190628012901 ジェネティクスが新馬勝ちを飾り

今週から3週にわたり5頭が続々スタンバイ

 

【確定】

6/29 福島4R 3歳未勝利 芝1800 Photo_20190627225301 マメールロア 51 ▲大塚海渡

6/29 福島6R 新馬 ダ1150 Photo_20190627225301 サザンレインボー 54 丸山元気

6/30 中京5R 新馬 芝1600 Photo_20190627225401 グレースオブナイル 54 松若風馬

 

(出走予定)

7/6 函館 新馬 ダ1000 Sh_101 ラフリッグフェル 亀田温心

7/6 中京 3歳未勝利 芝2000 Photo_20190627225301 ビスタストリカ 西村淳也

7/7 福島 新馬 芝2000 Photo_20190627225502 ゴールデンレシオ 和田竜二

7/7 福島 織姫賞 芝1800 Photo_20190627225301 ルエヴェルロール 和田竜二

7/7 中京 新馬 芝1400 Photo_20190627225501 ヴェニュセマース 川田将雅

 

40口(5/200口)組がバシッと決めてくれると喜びます

一方3歳未勝利組はそろそろ決めないともう後がありません

 

さて、本日社台グループの最終応募結果が公表されました

ファンドは、愛馬の娘ジュエルオブナイルの18(父キングカメハメハ)で確定

Img_0018_380

一方で地方オーナーズは指名3頭とも完売ということで確定ランプは灯らず

明日の結果報告を待ちたいと思います

 

| | コメント (0)

2018/07/22

JRA出資馬競走成績

| | コメント (0)

2018/07/01

7月になりました

2018年も半分を終えた頃、ようやく転機が訪れたのか

望み通りのドラフト結果に続き昨年10月以来となる勝ち星*

20180630_

リスヴェリアートにとっても昨年の同じ中京障害OP以来の5勝目

次第にレースぶりにも安定感を増してこの日は最後の脚も確かなものに

ひと息入れて秋には初の重賞制覇からオジュウへの挑戦

 

2018年社台グループ新愛馬が確定

1位:スターズアンドクラウズの17(Siyouni)牡【サンデー/角居】

Img_7213

 サンデーRはアドマイヤミヤビの母レディスキッパー以来10年ぶり

 2021年2月厩舎を解散するという角居師

 未だ果たしていない桜制覇でのクラシックコンプリート

 そしてフラムドパシオンの「夢のつづき」を見たいと思います

 

2位:アンブルサイドの17(ゴールドアリュール)牝【社台/寺島】

Img_7201

 南関で8勝を上げた愛馬アンブルサイドの長女

 まさかの中央ファンド募集

 血統的に気性面で不安があるものの

 母のポテンシャルの高さと父の血で結果を

 当面の目標は浦和桜花賞?

 

地方1位:ドルチェメンテの17(タイムパラドックス)牡【北海道or船橋】

Img_7194

 販売価格面で躊躇していたのですが、、、

 S南さんの強い推薦と実馬を鑑て俄然意欲が増して

 そして父タイムパラドックスと言えば

 先日10歳51戦して引退となった愛馬タイムズアロー

 その意志を引き継いでおそらく同じ厩舎で頂点を目指します

 

2005年7月3日 福島5R 新馬 芝1700m

1枠1番 フラムドパシオン 54 後藤浩輝 【角居】 優勝

 

*キャロットクラブ所属1/400口馬除く

| | コメント (0)

2018/02/04

立春

昨日無事確定申告を完了しました

2018

今年もまたうれし恥ずかし還付申告です

断捨離が進み精鋭ぞろい(のはず)となったお馬さんたち

いろいろ込々で風速値ですが初めて年間収支プラス

それでも還付となったのは断捨離による終了損失の計上によるもの

今年は追加納税が必要になるくらい走ってほしいですね

 

という願いも果敢なく先週で今年のクラシックは終わりました

期待のパルルことパルクデラモール

この娘は最近流行りの切れないディープ産駒のようです

そして、募集価格1億2千万のシンハラージャ

俊介氏も言っていた打率の低い種牡馬のヒットじゃない方のようです

 

ということで、今週は、

7日 報知グランプリC タイムズアロー

8日 フレンドリーレイン特別 ライブリーソウル

10日 帆柱山特別 ゴールドケープ

11日 1000万下 モンストルコント

12日 春麗ジャンプS リスヴェリアート

と連日出走予定ですが、

来年のクラシックを夢見て

競馬場ならぬ彼らの生まれ故郷へ向かいます

 

ハートビートワルツの16[グリーンファーム]
16_3
先日追加でポチりましたw

馬を見て良ければ追加出資するつもりです

 

ツクバエトワールの16[社台地方オーナーズ]
16
2017大井リーディングTRの下で大きな期待

クロフネ産駒の夢再び

 

ザグレースの16[社台サラブレッドクラブ]
16_2
兄の無念を晴らすために

 

ジュエルオブナイルの16[グリーンファーム]
2016_4
一緒に姉へ声援を送ります

夢は皐月賞か天皇賞(秋)

 

ジンギスカン食べて、

さっぽろ雪まつりと今年は小樽の雪あかりも見て

未来の優駿と戯れて

北の大地から愛馬たちへ声援を送る予定です

 

春が来たというのに今朝窓を開けると

27657104_1601155029968407_262304577

嗚呼早くホッカイドウ行きたい

| | コメント (0)

2017/09/16

2017年ドラフト完了

昨日グリーンFからのお手紙とキャロットからのお知らせが届きました

 

夏、ヘルツフロイント、シャンパーニュ、アスティル、セルバンテス、そして、テイクオングレースと引退が相次ぎ一気に寂しくなった少数精鋭となった我厩舎に新たな愛馬7頭が誕生しました(ついでにあの1万口で2歳1頭と当歳1頭も追加)

 

社台地方オーナーズ

ここ1年で3頭が引退、ライブリーソウル牡6歳1頭という事態に3年ぶりに共有

16
ツクバエトワールの16(クロフネ✖BMSディープインパクト)牡

配合と毛色は先に引退したテイクオンと同じ、ライブリー以来5年ぶりの牡馬

遅生まれとあってやや小ぶりの体も3か月で+73と大きく成長

南関では2016、2017大井リーディングの藤田輝信厩舎予定と楽しみ

 

社台サンデーG1サラブレッドクラブ

1位指名(グルヴェイグ)は今年も玉砕で2位指名馬が当選

16_2
ザグレースの16(キングカメハメハ✖BMSディープインパクト)牡

こちらは先に引退したテイクオンの弟、赤襷から縦縞に変わりました

キンカメ産駒ながら柔らかな脚捌き

同じ大竹厩舎で兄の果たせなかった夢へ

 

グリーンファーム

ジュエルの長男登場ということで迷うことなく⑤口の申し込み

2016
ジュエルオブナイルの2016(ノヴェリスト✖BMSデュランダル)牡

姉ゴールドケープへの⑤口出資実績が効いて満額出資

母、姉より長めのつくりは2000mくらいまでなら対応できそう

誕生日も一緒、この仔との23日の初対面が楽しみです

 

キャロットクラブ

最優先希望

16_3
アヴェンチュラの16(ハービンジャー✖BMSジャングルポケット)牡

前年最優先落選の利で母馬優先を潜り抜けての当選

サンデーで外れた父ハービンジャーの角居厩舎で同じ価格

上記2頭の強力なライバルとなりそう

 

一般枠

16_4
フレンチバレリーナの16(オルフェーヴル✖BMSフレンチデピュティ)牝

16_5
イストワールの16(ルーラーシップ✖BMSサンデーサイレンス)牝

16_6
アドマイヤレッドの16(ヨハネスブルグ✖BMSストラヴィンスキー)牝

これら3頭は将来の母馬優先の布石になる、かな?

肝心なアステリックスのように本家へ返還の例もありますし、、、

 

おまけ□DMMバヌーシー

2015
ニンフⅡの2016(Mastercraftsman✖BMS Galileo)牡2

2017
ディヴィナプレシオーサの2017(ディープインパクト✖BMS Crocker Road)牡0

 

ご一緒の方いらっしゃいましたらお声がけください

| | コメント (3)

2016/05/05

情熱大陸

馬の名はタイムズアロー
南関東船橋競馬川島正一厩舎所属の牡の8歳馬

アローは昨年の4月にこの場所へやって来た
元はJRAの名門松田博資厩舎で5勝を上げる活躍を見せたオープン馬であった

しかしアローは苦しんでいた
2013年夏を最後にオープンの壁に阻まれた形で勝ち星から遠ざかっていた
折しもそんな頃、名匠松田がまもなくの定年を迎える
アローをどうする?
陣営の下した決断は南関東地方競馬への移籍

都落ちだった

真島騎手を背に南関東移籍緒戦こそ力の違いを見せ2年ぶりの勝利を上げるもののその後は勝ちきれない競馬が続いた
悪癖だった
鞍上真島の指示に逆らう、抜け出すとソラを使う
勝てる競馬をいくつも落とした

アローの父タイムパラドックスは同じ松田博資厩舎に所属しJRA、地方のG1競走で5つもの勝ち星を上げたダートの強豪
一歩でも父に近づきたい
アローを囲む人々共通の願いだった

アローの調教に股がる西村は1000近い勝ち星を上げる現役の騎手
アローとはまるで人馬の境を越えた親友のようにお互いを認め合い信頼を築く上げていった
そんな友情めいた気持ちからなのか調教でのアローは少しずつ西村の指示を理解し、1頭になってもしっかりと伸びるようになっていった

そして迎えた報知グランプリカップ
主戦真島との息も今日はしっかりと合っていた
4コーナを先頭で回ると
直線も悪さを見せずしっかりとした足取りでゴールへ
待望の重賞初制覇だった

ここで権利を取ったアローの次の目標は
5月5日に行われるかしわ記念Jpn1
父が5度も手にした栄冠の舞台に決まった

レースまで2ヶ月半
間隔を開けた方が好走することが多いアローはこの間じっくりと乗り込みを続けることになった
最高の舞台に最高の状態で望むべく文字通り西村は寝食を忘れてたアローの面倒を見ていた

陣営の様子が慌ただしい
主戦真島が怪我をしたのだ
全治にはかなりの時間が必要になる
アローの鞍上が空白になった

誰にでも乗りこなせる馬ではない
陣営は悩んだ

そこで白羽の矢が立ったのが西村だった
日頃調教で乗り慣れている西村なら
しかし心配もあった
このところの西村の騎乗数は少ない
それがJpn1の舞台
大丈夫だろうか?
しかし選択肢は他にはなかった

この馬に精一杯の愛情を注いできた西村となら
陣営の迷いは消えた

ところが
4月13日熊本地方を中心に大規模な震災が襲う
家族が暮らす西村の故郷だった

こんな時に競馬に乗っていていいのだろうか
西村の眠れない日がつづいていた

5月4日のレース後
熊本への募金を求める騎手会のイベントで募金箱を手に呼び掛ける西村

「熊本に暮らす家族の力に少しでもなれるよう頑張ります」
かしわ記念を明日に控えての西村の力強い言葉だった

5月5日16時10分
かしわ記念のゲートが開く

そこにはゴール前先頭を走るアローと西村の姿があった

Horsephoto_1

 

| | コメント (4)

2015/10/10

おつかれさま

彼女との出逢いは4年前の6月

世間的には未曽有の震災が人々の心に残した爪痕が生々しい頃
個人的には父の四十九日が過ぎたばかりの頃

そんな時でもそんな時だからこそお馬さん求めてホッカイドウへ

果てしない青い空と緑の大地
ぽかりぽかりと浮かぶ白い雲
漆黒の輝き

美しくそれでいて力強い姿
その頃からですか、惚れっぽくなったのは(笑)
 
その日から1年余り2012年8月船橋競馬場へ入厩するも
左前脚の裏筋が腫れてしまい大事を取って山元TCへ
明けて2013年1月再度船橋入厩となるも
今度は右前脚の裏筋に腫れを発症し今度はセグチRS千葉へ放牧
まだまだ我慢の日々が続く

その年のGWが始まった頃3度目の入厩
6月4日の能験を経て6月21日待望のデビュー!

こんなところに社台の馬が出るなんて反則などと言われるも
今野騎手を背に出走

噂されていた通りの大人げない結果
_20130621   
3.2秒差の大楽勝!!!
 
続く2戦目サンダーソニア賞は
この年を限りに騎手を引退、調教師へと転身する佐藤祐太騎手(当時)へプレゼント

満を持して観戦へと赴いた第3戦ひまわり賞
出遅れ、かかって2着敗戦
世の中思うようには行かないものです

ここから手綱を御神本訓史騎手に任せることに
4戦目5戦目と白星を飾るものの少しずつ歯車がずれ始めていた

2014年になると御神本騎手でも御しきれず張田騎手にスイッチ
不幸なことに調教での失敗により休養を余儀なく
 
 
2014年9月7日
これまで重賞制覇を信じ、管理していただいてきた川島正行先生が急逝
 
 
亡き先生へ手向けるようにその後4戦3勝2着1回の好成績も
好事魔多し、張田騎手が病気休養
次走再び御神本騎手に手が戻り勝利するものの
休養明けの張田騎手が調教師へ転身のため騎手引退
何とか色を好むで御神本騎手は免許停止に
矢野騎手に替わった3戦はまったく精彩を欠いた競馬

思えばそれは兆候だったのかもしれない

7日の調教で復活の気配を示すも鼻出血発症
検査の結果、それは肺からのもので覚悟はできていた


2015年10月9日
引退、繁殖入りの報告


デビュー直後には、秋のシンデレラマイルを夢見
翌年はきらっとスプリントを夢見
さらに重賞を勝つまではと寿定年延長を匂わせ

夢は叶いませんでした
故川島先生の願いは届きませんでした

それでも、その夢はその願いは彼女の産駒がきっと


わずか2年と少しの競走生活でしたが
その気性も相まって波乱万丈

しかし、これからが牝馬としてもっともっと大切なお仕事

近い将来キミの子供を持つことができますように
そしてキミの子供と一緒にキミとの夢が叶いますように


ひとまず
おつかれさまでした


アンブルサイド 牝5
母レイクサイドカップ×父ウォーエンブレム
通算19戦8勝

| | コメント (0)

2008/04/21

特別登録△^^△

関東に転厩してから頻繁な更新
あるいはそれは鹿戸雄一先生のお陰か
今週4月27日(日)福島・桑折特別(芝2000m牝馬限定)に登録しています。このレースにはフルゲート16頭に対して22頭の登録があります。鞍上は三浦騎手の予定です。
出走間隔から除外の心配はなし

B誌によれば△×2と無印4つは、まあ、そんなもの
が、しかし、騎手名“○ ○”とは

 
昨年よりおよそ1ヶ月も早く競走馬登録のお知らせが届きました
サイト上では、何の動きも感じられなかったのですが…

印鑑証明書を取って、共有念書を書いて、馬名(案)応募
ほっかいどう、デビュー…な、こと、ないか

 
請求書の発送が23日(水)に変更になっていましたが…
明日22日(火)は、クラブの休日
全くのケアレスミスですね

 
そして、ダイワスカーレットの戦線離脱
今後の活躍も見物だったのですが…

炎の十番勝負でもビクトリアM・宝塚と指名していたので
絶望的な事態になってしまいました

| | コメント (0)